「クリン・ロハ」のマカベオ/テンプラニージョ。
2011年 09月 08日 (木) 10:24 | 編集
昨日はお休みで、天気も快晴で秋風吹いてて気持ちいいし、どこか遊びに行こうかあるいは久々に服でも買いに行こうか…なんて思ってたんですけどね。

でも結局どこへも行かずに家でだらだら過ごしてしまいましたw


どうも最近、前にも増して休みの日に出不精になってる気がします。

一つは都会が遠い…これが大きいんですよね。

東京に住んでいた時は僕、中心の方の結構便利な地区に住んでたんですよ。バスに5分も乗ればそこは銀座みたいな。なので例えば休日の日中、ふらっと銀座行ってセレクトショップ覗いて30分かそこらぶらぶらして帰ってくるとか出来たんですけどね。

でも今住んでるのはなにしろ愛知のド田舎。名古屋まで出るのに1時間。つまり往復2時間。

そうなるとさすがに気軽に出て行って30分か1時間ぶらっとして帰る…とのもなかなか出来ないんですよね。どうせ行くのならあれもこれもと全部詰め込んで半日かそこら遊んでこないと勿体ないんじゃないか、と。

そうするともう面倒になって行く気自体が失せて…ww


これじゃダメだなぁ。もっと活動的にならないと。とは思うものの…うーん。


と、そんなところで昨夜飲んだワインの感想でも。

スペイン「クリン・ロハ」のワイン。近所の酒屋で999円でした。


まずは白。

Crin Roja Macabeo 2010
(クリン・ロハ・マカベオ)

WINE_20110907_01

WINE_20110907_02

品種はマカベオ。別名ビウラとも呼ばれる品種ですね。スペインのワインではしばしば見かけますが他の国ではほとんど見ない気がします。

と言うかスペインのワインって割と品種が独特なんですよね。


まずは抜栓。このワイン、栓がきちんとした本物のコルク栓です。このところスクリューキャップが続いていたのでソムリエナイフ使って開けられるワインは嬉しいですね。

と言うかこの値段で本物のコルク栓って最近珍しいんじゃって気もします。

抜いた栓をかぐとアルコール感の高い、なんともいえない良い香り。


グラスに注ぐと色はレモンイエロー。ソーヴィニヨンブランから緑みを取った様なあるいはリースリングの様な、クリアで綺麗な色合いです。

香りは柑橘系が中心。グレープフルーツの酸味と苦みの効いた爽やかなアロマがふうわりと漂います。スッキリドライなワインかな?と思わせる香りですね。


口に含むと、意外にも酸は穏やか。骨格のきちんとした酸ではあるけれど、でも香りで感じた印象ほどに酸はキツくなく、甘さも舌の上にきちんと感じます。

柑橘系の味わいに、ほんのりと桃やパイナップルのニュアンスもあります。非常にフレッシュでフルーティな白。


飲み進めるとごくわずかに、アンズやパパイヤなんかの風味も出て来ます。全体として爽やかでスッキリした味わいではあるのだけれど、非常にトロピカルな印象を受けます。実に色とりどりの果実感。

この豊富な果実感が実に嬉しい、美味しいワインでした。


赤はテンプラニージョ。

Crin Roja Tempranillo 2009
(クリン・ロハ・テンプラニージョ)

WINE_20110907_03

WINE_20110907_04

テンプラニーリョとも呼ばれるこの品種。やっぱりスペインのワイン以外ではあまり見かけない品種ですよね。


こちらも栓はコルク栓。は良いのだけど、ワインの瓶に金網が被せてあってこれが邪魔でなかなか開けにくい…w一体なんなんですかねこの金網。スペインワインだとたまに付いていますけど。

抜いた栓を嗅ぐと、赤い果実とアルコールとの混ざった匂いがします。

グラスに注ぐと色は濃い。黒ずんだ赤紫。グラスの底が見えるか見えないかギリギリな位にしっかりと色づいています。

香りはなかなか良い感じ。プラムやラムレーズン、それにデーツの甘いニュアンスもほんのりと感じられます。

グラスの中で回してやると、アルコール感と、それにタンニンの雰囲気が少し顔を出してきます。


口に含むとタンニンがしっかり効いてます。渋みは突出しているワケではないのですが、まるでオガクズの様な独特の風味があります。

と言ってもそれは勿論悪い意味ではなく、例えばスギやヒノキなんかの香り高い木の削りくずと言った感じでしょうか。

あとはとにかく凝縮された果実味。この果実の詰まった感はなかなかに凄い。プラムやブラックチェリーなどのフルーツの味を豊富に感じます。

ボディはミディアムなんだけれど、味わいが濃厚でボディ感以上に飲みごたえがあります。

飲み進めるとブランデーの様な香りも出て来て良いですね。


個人的にスペインのワインって結構アタリハズレがある様な気がして買うのが若干怖かったりもするのですがw今回のは2本とも当たりでした。この位の価格でそこそこ美味しいワインに出会えるとイイですよね。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...