2011年9月・琵琶湖と「けいおん!」の旅(11)
2011年 10月 05日 (水) 17:17 | 編集
- 琵琶湖北側のクルーズ・竹生島へ -

9月23日(金)。いよいよ今回の旅も今日で終わりです。そして最終日になってようやく…ようやく綺麗に空が晴れてくれました。さあ、最後を思いきり遊んで有終の美を飾ってしめたいものです。

朝起きてホテルで朝食を済ませ、まずは荷物を預けに一旦長浜駅へ。

201109biwako_125

ところで昨日降りた時には全く気付かなかったのですが、この長浜駅が実はかなりユニークな駅。


201109biwako_126

駅名標がステンドグラスだったりします。


201109biwako_127

更にエスカレータ上部にはこんな立派なステンドグラスの作品が。これは駅自体も一つのスポットとしてじっくり観て回る価値があるかもしれません。



さて、長浜駅のコインロッカーへ荷物を預け、いざ長浜観光へと出発します。まずは港の方へと向かいます。ここで船に乗って竹生島へと行くのです。


201109biwako_128

竹生島へ向かうのはこんな船。昨日乗ったミシガンみたいな巨大船ではないけれど、でもそこそこに大きな船です。

乗りこむと、エンジンの音とそれに軽油の匂いが凄い。そう言えばミシガンはこの感じ無かったなぁ。この音と匂い、いかにも船に乗ったなぁと言う気分が味わえて僕は結構好きだったりします。ちょっと気動車っぽくもあるしね。


さて、僕の乗った船は9時ちょうどに長浜港を出発しました。

201109biwako_129

入江から出て…沖へ出るとどんどん、ぐんぐんと船は加速して行きます。


201109biwako_130

同じ琵琶湖でもやっぱり、昨日ミシガンに乗って観た「南湖」とはまるで雰囲気が違います。北側は南に較べるともっとずっとのどか。そして水が綺麗。水の色が深い緑色をしているのが分かります。勿論、濁った緑ではなく綺麗なグリーン。


ただ…ただ…ね。


すっごく寒いの!!


2F後方のデッキ部分の席に座ったんですけどね、もう沖へ出るとびゅんびゅん風が吹き付けて来て寒いのなんのって…。

昨日のミシガンは全然寒いと言う感じは無かったのになぁ…まあ、長浜は滋賀県とはいえ北部。どちらかと言えば北陸地方に片足突っ込んでる位の場所ですから、大津よりは断然に気温も低いのでしょう。

船が走りだしてすぐはデッキ部分に結構な人がいたのだけれど、沖へ進むにつれて徐々に皆さんリタイア…どんどんデッキに人がいなくなりますwまあ、僕は最後まで我慢してデッキに貼りついてましたけど。


さて、長浜を出て30分ほどで目的地・竹生島へと到着です。

201109biwako_131

船上から眺める竹生島。信仰の島と言われるだけあって荘厳な雰囲気が漂います。


竹生島で降り、戻りの船が出る10時50分までの1時間20分は自由時間。竹生島を皆、思い思いに散策できると言うワケです。


201109biwako_132

島へ足を踏み入れて、土産物屋が並ぶ道を抜けるとすぐにこの大鳥居。ここをくぐるところから竹生島信仰の旅が始まります。


201109biwako_133

201109biwako_134

201109biwako_135

竹生島の、人が容易に入って歩ける範囲はそんなに広くは無いのだけれど、でもその中に幾つものお堂なんかが建っています。

ちなみにこれらの建物、竹生島神社ともう一つ、宝厳寺のものとがあります。確かこの写真は三つとも宝厳寺だった様な…うーん忘れた(汗


こちらは湖に突き出た鳥居。

201109biwako_136

これ、かわらけ投げと言って願いを書いた焼き物(小さな皿みたいなの)を鳥居めがけて上から投げるんですね。僕もやってみましたが…鳥居までなんて全然届きません。いや、ムリだろあれ…。


こうしてあれこれ観て回ってると1時間位はあっと言う間に過ぎてしまいます。小さな島ながらなかなかに見ごたえがあります、竹生島。

ただ…寺社は島の上の方にあって、そこまで辿り着くのに階段とか結構キツイです。なかなかに歩き疲れます…って今回の旅、なんだかんだで結構歩いてるなぁw


201109biwako_137

高台から竹生島の港を見下ろして…。


さあ、竹生島は一通り観て回ったけれど、でも今日と言う一日はまだ始まったばかり。今度は長浜の街をあれこれと観光しちゃいますよ!!


2011年9月・琵琶湖と「けいおん!」の旅(12)へ→


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...