「まんがタイムきららMAX'12年1月号」感想。
2011年 11月 23日 (水) 00:17 | 編集
ちょっと遅くなりましたが、19日発売のきららMAX感想行ってみましょう。


kirara_max_201201a


・表紙
表紙は今月は「ひろなex.」。グリーン系の色合いで爽やかテイスト。だけどよくよく見ると雪の結晶がそこらに散りばめてあったりで、非常に季節感のある表紙に仕上がっていますね。

きらら系の表紙は他の漫画雑誌と較べて非常にデザイン的に良いなぁと思います。特に季節感の演出と言う面において。


・裏表紙
裏表紙は「きららミラクvol.5」の宣伝。

kirara_max_201201b

と言うワケで「ミラク」表紙と同じく「ソラニ」なんだけれどでも絵柄違い。あれ…むしろこっちの絵柄を「きららミラクvol.5」に使った方が良かったんじゃ…。

うん、こっちの方が萌えとか可愛いだけじゃなくて、そこにそこはかとないエロがプラスされていて表紙買いを誘因出来る気がします。


・読者プレゼント
「きんモザ」「うさぎ」のコラボTシャツの柄が明らかになりましたね。くそぅ…可愛いなぁ可愛いじゃないかよこれ。アリスもココアもどっちも凄く可愛い。こんな可愛いコが二人も…ああっちょっと欲しいよこのTシャツ!!

まあ、実際当たったとしても絶対に着れないけどw


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとかあれこれ。


・ひろなex.
表紙に続いて巻頭カラーもこの作品。今更だけれどひろなのお兄ちゃんってとんでもないリア充ですよね。妹の友人の中学生女子が起こしに来てくれるとかマジありえない。爆発するが良ろし。


・ホイップノート
なんだ…なんなんだこの多幸感は!!

今月は久々にるいせ×ちーちゃんの話でしたが、二人のやりとりがなんか物凄い幸せに溢れてて読んでてほっこりしちゃいましたわ。ちーちゃんの為に頑張って料理するるいせと、失敗しちゃったるいせを慰めるちーちゃんと。

お互いがお互いのことを本当に大切に大事に思っているのが凄く伝わってきてホント良い回だったなぁ、と。この二人は百合じゃないね。うん、あえて言うよ百合じゃあない。

kirara_max_201201_wn

この幸せそうな表情。百合を超えたピュアな友情だよねこれは。
まあおっぱい揉んだりもしてるけどでもそれでも百合じゃないと言おう。


・くすりのマジョラム
市兄はラムさんのことが好きなんだな。ラスト一コマのセリフが決定的。更に「市兄は猫派」「ユキさんは猫と真逆の性格」「ラムとユキは姉妹なのに真逆」これだけの確定条件揃ってますしね。

しかし仮に市兄がラムさんと付き合ったとしたら、年齢的には問題ないハズなのに見た目的には犯罪の匂いしかしてこないと言う結果に…w


・きんいろモザイク
休みの一日を描いたお話で、いつもの仲良し5人がそれぞれ別々の休日を過ごしながらも最後はバッタリ合流と言う流れが非常に秀逸だったと思います。

別々のシーンではそれぞれの性格が非常にくっきり描き出され、また陽子の弟妹も初登場したりととても興味深い展開。また、基本的に5人一緒にいることがほとんどなだけに、別々の話と言うのは新鮮味もありました。

でもその一方、やっぱり皆一緒じゃないとなんだか寂しいな、物足りないな…と、そんな風に思ってしまったのも事実。だけど最後に合流することでそこもきちんと補完してくれて…。

そのサービス精神の凄さ。いやはや素晴らしいです。

別々のシーンではネコを追いかけ回すうちに道に迷っちゃったカレンちゃんが可愛過ぎ。

kirara_max_201201_kinmoza

ネコになりたい。

あとカレンちゃん、遊園地とか動物園とかなんで一人で行こうと考えてたんだよ。ぜひ僕と一緒に行きましょう行って下さいお願いしま(ry

それと陽子に電話する綾ちゃんがテンパリ過ぎてて…wこのコはどう考えても陽子のことが好き。それも多分百合的なイミで。しかし彼女にとって「妹」と言われたのは嬉しかったのかショックだったのか…謎。


・落花流水
今回は日工大付属の皆さんのお話。最近こっちにスポット当たる話がちょくちょくありますね。そして落語の「禁酒番屋」のお話。

ってこれ、女子高生でやってるからおしっこハァハァとかなりますけど(なるな!!w)、でも実際は商人のおっさんが侍のおっさんに飲ませちゃうお話とか多分筋金入りの腐女子でもムリw


・カレーの王女さま
カレーパン仮面はテレビの中なのに警察さんに捕まっちゃったってことなんでしょうか…フィクションなのに、フィクションなのにww

しかしこれ、毎回「実在する」カレーアイテムが頻繁に登場しますよね。読んでれば何気にカレー博士になれる漫画…かもしれない。


・こずみっしょん!
黒瀬サンの謎キャラ度が更に高まった気がします。お祓い的なことが出来るのかこのコは…。しかし部長のことを「この子にはあまり不思議なものは見せたくない」このセリフが今後どう繋がるのかな。何気に何かの伏線の予感がします。


・○本の住人
小さい頃ののりこ可愛いなぁ。あやうくロリに目覚めてしまいそう。なんだかんだでのりこはお兄ちゃんっ子ですよね。まあお兄ちゃんはアレな人ではあるけれど妹思いではありますし。

しかし…相変わらずのちーちゃんのフリーダムっぷりが凄い。白うんこで吹いたわw


・ご注文はうさぎですか?

kirara_max_201201_usagi

カラーで水着回キタ━━(゚∀゚)━━!!

目の保養!! 目の保養!!

しかし、リゼさんがおっぱい大きいのは分かってましたけど、実は千夜ちゃんのおっぱいも相当なものだったんですね。こんな二人のおっぱいに挟まれながらお風呂入るとかティッピーうらやましすぎるぜクソッ!!
でもチノちゃんは自分のちっぱいを再認識することになっちゃって可哀相だw

あとココアちゃんのリゼさん物真似が上手過ぎる件。リゼさん本人は否定してるけど、でもこれそのまんまだからw


・ラッキーストライク!
ストーリー的に起伏のある回がこのところ続いてましたけど、今回はちょっとお休み回って感じですね。でもこの薀蓄の多さは相変わらずに凄いものがあります。

今回はボウリングのボールにまつわるあれこれ。正直ボールなんて重さ以外は何使っても一緒だと思ってたんですが、全然そうじゃなかったんですね。オイル吸収するとか中にコアがあるとか全く知らなかったわ…。

ホントこの作品は勉強になる。しかも、きちんと漫画として面白く魅せてくれるのがいいですよね。正直MAX読者でボウリングそんなに好きって人はいないでしょうけど、それでも人気作として続いているのはひとえに漫画として上手いから。そう思います。


・ふわふわ科学
冬の風物詩・鍋と科学とをそう結び付けて来たか!! 鉄鍋の錆と酸化。そして鍋を食べることで起こる体内燃焼。全て酸素と結びついて起こる現象。ううむ…上手いなぁ。

しかしレイナちゃん、幾らなんでも具材持ち込み過ぎだろうwさすが令嬢。つーかこれは本当に何鍋なんですかね。霜降りの牛肉とカニとかホント主役級ばっかだ。

あと日本酒持ち込んでるルリコ先生に萌え。何気にきららの美人教師ってお酒好きな人が多いですよね。僕も一緒に飲みたい。


・コスプレの神!
確かにニーソって元々は二次元限定ぽかったですよね。いつの間にリアルに進出してたんだろう。そして「コスプレで歩いているのかと思った」これ凄い納得。

でもやっぱりニーソは二次元に限りますよね。つーか三次で絶対領域とかありえん。


・放課後せんせーしょん!
ユカリ先輩の扱いが何気に酷い件…w

あと、すごろくの世界とは言えスナオちゃん子だくさんとか色々連想させられていけないと思います。て言うか僕もスナオちゃんと子作りしたい(最低


・ヒメとトノ
大好きで応援してきたこの作品も今月とうとう最終回となってしまいました。

しかしラスト…まさかそう来るとはね!!

ちょっとだけ将来のお話。結婚して子供まで出来た二人の幸せな家庭生活。そして久々に、二人だけでデート…。

こういう、物語の数年後の話的なエピローグって、恋愛漫画ではよく見かけるベタな手法だとは思うんですが、でも萌え四コマと言うかきらら系で見たの初めてだったんでビックリしましたわ。

だけどよくよく考えてみればこの作品は萌え四コマと言うよりは純粋に恋愛モノですしね。四コマの形を取った恋愛漫画。だからこの終わり方も凄くしっくりとハマって良かったと思います。

結婚したものの全く変わってない二人の性格ややり取りも楽しいですし、王様カップルだったり巴ちゃんだったりのこともきちんと描かれていて、全てをちゃんと消化しきったファンにとって納得の行く最終回だったんじゃないでしょうか。

ラストの幸せな三人のカットも素晴らしい。個人的にはここ最近で見た最終回の中でもっとも綺麗にまとまった良いラストだったと思います。

とにかく、蛇足せんたろう先生本当にお疲れさまでした。来月発売のコミックス2巻も楽しみにしています。


・R18!
確かにエロゲ作ってる仕事なんて子供には言えない、説明出来ないよね…w

「恋するゲーム」は確かに間違ってないけど、でも「乙女チックなゲーム」ではないな。うんw


・√中学生
次期国王に家事させているとか月ちゃんの家庭事情も大概だなw

しかし月ちゃんのお母さんは見た目若くて可愛い系だけど、多分仕事出来る人。最後のやり取りは中学生の皆にはブラックに見えたのかもしれないけど、社会人では当たり前のことです(え?


・お願い神サマ!
「ヒメトノ」と並んで応援してたこの作品も今回が最終回。

二人で向き合った柚梨子お嬢様と夏目サン。お互いが口にしたのは「ロザリオはもういらない」

二人の絆の象徴だったロザリオ。それをいらないと言ったのは、もう二人の中には確固たる絆が出来あがっていたから。だから形なんか無くても平気だと。そういうことなんですよね。

まあ、お互いに告白だと勘違いしていたり、本心をうっかり言い合っては照れあったりお互いを褒め合っては照れあったりと、微妙にズレたおかしなやり取りは相変わらずなんだけれどw

でも今までと違って、ズレている様でもぴったりとハマった、そんな二人のしっかり親密な関係性がきちんと見られた最終回でした。

ラストはロザリオへの祈り「お願い神サマ!ずっとずっと一緒にいられますように」

ああ、そこでタイトルに繋がったか…上手い、ホント上手いなぁ。

こちらも本当に素晴らしい最終回でした。守姫武士先生、本当にお疲れさまでした。来月発売のコミックス2巻、楽しみにしています。


・アキタランド・ゴシック
紅翁が怖過ぎる件wなんで四つん這いなんですか全くもう!!

つか「悪い子はいねが」ってそれナマハゲ入ってるww


・ワンダフルデイズ
雪女がカゼ引くと大雪になるのか…なるほどw

しかし練乳で雪食べようとして怒られる壱さん哀れ。まあでも確かに、かき氷でも練乳「だけ」は贅沢過ぎますからね。つーかシロップ無しで練乳のみとか多分ありえない。


と、今回はこんな感じで。

「ヒメとトノ」「お願い神サマ!」と、好きで応援してた作品が二つも終わってしまったのでなんだか寂しくなるなぁ…と、そんな風にも感じた今月でした。

でも二つとも綺麗に終わってくれましたし、それに別れがあれば出会いもある。来月からは新しい作品が始まってまた雰囲気の変わるMAXが読めるのかと思うとそれはそれで楽しみですね。

あとは「きんいろモザイク」と「ご注文はうさぎですか?」この二つの可愛らしさがもはや尋常じゃないレベル。萌え過ぎておかしくなりそうですどうにかして下さいw


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...