2011年末東京オタ旅行記。
2012年 01月 02日 (月) 15:19 | 編集
さて、年末実は東京まで行ってました。

元々そんな予定はなく、大晦日も普通に仕事のつもりだったんですが、以前に福井へ一緒に行ったにいさんが「コミケ行きましょうよ!!」とお誘いをかけて下さったんですね。

(その時の福井旅行記はこちらに)


で、急遽仕事も休みにして行くことに…w


まずは30日の夜。仕事を終えた僕は名古屋駅へと急ぎ、新幹線へと飛び乗ります。


乗ったらまずは腹ごしらえ。と言うか酒。

201112tokyo01

プレミアムモルツと白ワインで乾杯。しかし…列車の中で飲む酒ってどうしてこうも美味しいのでしょうね。と言うかこうして新幹線の中で飲んでると、ついほんの1時間前は会社で仕事してたなんて思えなくなりますw


飲みながら東京へ。そして予約しておいた新橋のホテルへと向かいます。ホテルに着いたのはちょうど22時半くらい。にいさんは先に東京入りされているとのことで電話してみると、ちょうど今ホテルへ戻って来られたとのこと。
(けいおん!の映画を一人で観に行っていたらしいw)


にいさんと合流し、軽く飲みにでも…と言うことで街へ出ます。新橋はさすがに歓楽街と言うことで飲み屋さんだらけですねぇ。

適当なチェーンの居酒屋へ入って、延々と生ビールおかわり…気が付けば7杯か8杯もビール飲んでて時間もいつの間にやら夜中の3時とか回ってるじゃないですか!!w


ああ…明日はコミケ行こうって言ってるのに何をやってるのでしょうか僕らは…。


まあでも楽しかったから仕方がないです。やっぱり話題の合う方と話が出来るのって凄く楽しいんですよね。まあなにしろ普段の生活の中じゃ「けいおん!」の話とか出来る相手いませんから…orz
なんでウチの勤め先はリア充しかいないんだろう全く。



夜が明けて31日大晦日。にいさんと二人でコミケへ行きます。が、ぶっちゃけると二人とも二日酔い気味。正直もうコミケとかどうでも良くなってたのが本音だったりします。

とはいえ、これでコミケ行かなかったら何の為に東京まで出て来たのか分からなくなりますので無理矢理に気力を振り絞ってでかけます。


まずは駅のコインロッカーへ荷物を預けます。が、新橋のコインロッカーは既に埋まっていたので内幸町駅のコインロッカーを利用。でもここで都営三田線の内幸町へ行ったのにもきちんと意味があるのです。それはまた後ほど。


新橋からゆりかもめに乗って有明・国際展示場へと向かいます。

201112tokyo02

途中、どこかの駅の付近の駐車場に物凄い数の車。この写真だと小さくて何がなんだか分からないと思いますが、実は痛車が結構混ざってましたw多分、僕らと同じ場所へ向かう人達なんでしょうねぇ。


結局、国際展示場に辿り着いたのはちょうどお昼ごろ。まあ、ゆっくりと出ましたからね…でも遅がけに来たからなのか、並ばされることもなくすんなりと会場入り出来たのでかえって良かったのかもしれません。

思えば、一昨年の夏に初めてコミケと言うものに行ってみたのですが、その時は辛かった…なにしろ真夏の暑い中、凄い人だかりの中で並んで…。

較べたら今回は全然楽勝でした。まあところどころで人波に巻き込まれることもありましたけど、基本的にはそんなに行列も無く、それに何より冬だから暑くないんですよね。むしろ人波にいると暖かくてちょうど良い位でしたw


さて、実際のところコミケに来たからと言って僕ら、そんなに欲しいものがあると言うワケでも無かったんですよ。二人共通で興味があったのはボーカロイド系の某サークルさんだけ。ええ、YMOとボカロのコラボなあのサークルさんですw

そこでお目当てのものを入手したらあとはボカロ系サークルをぶらぶら回って企業ブースをのぞいて終わり…そんな感じでした。

きらら読みの僕としては本来ならきらら作家さんのサークル回るべきなんでしょうが、全く見にも行ってないです…ダメですね。萌え四コマ読み失格だと我ながら思いますw


国際展示場を後にし、午後からはお寺巡りをすることに。ゆりかもめで新橋へ戻り、そして三田線の内幸町の駅へと向かい、ここで三田線に乗ります。ええ、内幸町に荷物を預けたのにもきちんと意味があったのですよ。

三田線でまずは春日の駅へ。そして駅を降りて徒歩数分、源覚寺へ。

201112tokyo03

「こんにゃくえんま」が有名なこのお寺、眼病にご利益があるとして知られてるんですよね。こちらのお寺でお参りを済ませ、そしてお守りを頂きます。


続いて向ったのは巣鴨。ええ、「おばあちゃんの原宿」なんて言われている町ですね。

201112tokyo04

こちらではとげぬき地蔵にお参り。


しかし…コミケの後で巣鴨行ってるヤツらもそうはおるまいてww


さて、この時点で時間は15時位。帰りは18時の新幹線を予約しています。と言うことでまだかなり時間があるので、ここで同行のにいさんの発案で蕎麦を食べに行くことにします。


まず向ったのは神田にある「まつや」と言うお店。にいさんが東京に来る度に行っているお店らしく、実は昨日の昼もここで食べたとのこと。


が、着いてみると凄い行列。

201112tokyo05

にいさん曰く、これだと1時間半待ちとのことで…諦めて別のお店へと向かいます。にいさんは東京で他にも数件蕎麦屋さんを知っているみたいで、そのうちの一つへと行ってみることに。

いやしかし…持つべきものは色々なお店を知ってる友人だなぁとつくづく思った次第w


向ったのは新日本橋の方にある「室町砂場」と言うお店。先程のまつやも趣きのある店構えしていますが、こちらの店もなかなかに良い雰囲気しています。
(写真は上手く撮れなかったので割愛)

こちらのお店は行列はそんなになく、10分ほど待ってすぐに入ることが出来ました。が、店内は完全に満席。それに僕らが入った後でどんどん行列が出来てきて…ちょうど良いタイミングで来たのかもしれません。

しかし、やはり大晦日と言うことで蕎麦屋さんはどこも混んでるみたいですね。


頼んだのはもりそばの大盛り。

201112tokyo06

細くて上品・繊細な味わいのおそばと、少し濃いめで辛口のダシとの対照と調和の妙。年の最後をしめくくるにふさわしい美味しいおそばでした。

そしてにいさんの勧めで熱燗を一本頼んで二人でちびちびやったんですが、熱燗とおそばって合うんですねぇ。これは知らなかったです。これから旅先でそば食べる時には必ず熱燗付ける様になってしまいそうw


おそばを食べて時間はちょうど17時。帰りの新幹線でもにいさんとビールで乾杯して…と、そんな感じの東京小旅行でした。いやはや…年末に楽しい時間を過ごせたので誘って下さったにいさんには感謝感謝なのであります。

でもよくよく考えてみると東京に滞在してた時間、24時間に満たないんですよね…ううむ、勿体ないと言えば勿体ない気もしますがまあでも楽しかったので良し、でしょう。


************************************************************


コミケでの戦利品。


・HMOとかの中の人。さんのサークル「PAwLaboratory.」さんの新譜とTシャツ。

201112tokyo07

新譜は今回、Zガンダムの曲だそうです(まだ聴いてない)。

Tシャツは…にいさんが買ったのに釣られて買っちゃったけど…着るんかいなこれw


・サークル「HI-TECH CARROT」さんの本「ミクと一緒に旅しよう」。

201112tokyo09

このサークルさん全然知らなかったんですが、ボカロ系サークル回っている時にふとこの本が目に入ったんですよね。で、良ければ試し読みどうぞって言われて読んだら面白いもんだからつい、バックナンバーも含めてその場にあったのまとめ買いw

初音ミクちゃんねんど○いどと旅先でのスナップ集、みたいな感じですね。よくよく考えれば初音ミクと旅行とどっちも大好きな僕なら魅かれて当然と言えば当然だったのかもしれません。

4冊買ったら、しおりを2つおまけしてくれました。感謝感謝なのであります。


・京アニの企業ブースにて「けいおん!」のプレミアムコレクション。

201112tokyo08

いや、最初は京アニのブース行っても何も買うつもりなんて無かったんですが、でも行ってみたらこのプレミアムコレクションだけが残っているじゃないですか。じゃあもう買ってしまえ!!と。


と言うワケで、たいしてサークル巡りもしていないのになんだかんだで1万円も使ってしまった今回のコミケだったのであります…w


Comment
この記事へのコメント
どうもその節はお世話になりました。
あらためて写真を見ると、行き先がほんと意味わからんですねw
僕は今回いろいろな方々にお世話になりっぱなしでしたが、
オウジーさんも年末の慌しい中、お付き合いくださり
本当にありがとうございました。
よろしければまた来年もw
2012/ 01/ 02 (月) 18: 12: 28 | URL | にい # -[ 編集 ]
>にいさん
こちらこそお世話になりました&ありがとうございました!!
おっしゃる通り、本当に意味が分からん旅行ですw
文章に書き起こしていると改めて「何やってんだろうw」感がふつふつ沸いてきますw

また是非是非やりましょう。
まつやリベンジしたいです!!
2012/ 01/ 02 (月) 18: 20: 05 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...