2012年2月・KTRとズワイガニの旅(4)
2012年 02月 26日 (日) 22:58 | 編集
- 雪の天橋立とタンゴディスカバリーと -

さて、今回の旅の目的の一つ・「けいおん!」気動車も満喫したので、ここでちょっと天橋立観光といってみることにします。

駅を出て、雪のちらつく中を船着き場へ。

2012ktr_030

ここから出ている観光船に乗りこみます。船に揺られること約20分。一の宮桟橋で降りて数分歩くと神社があります。そしてその神社の奥にケーブルカーの乗り場があります。


2012ktr_031

本当に神社の境内の奥にあるんですよね、このケーブルカーの乗り場。歩いて向ううちに「本当に乗り場あるんだろうか?」と心配になりますが、でも本当にあるんですw


ケーブルカーに乗って5分ほど。山頂の傘松公園に到着です。天橋立は周りに幾つものビュースポットがありますが、この傘松公園のそのうちの一つ。

この日は曇りがちでときおり雪が吹雪くと言う天候で、正直景観はあまり望めないかも…と思っていました。確かに景色全体にもやがかった様な感じになっています。

が、たまにそのもやが途切れて、一本に延びた天橋立のその雄姿が拝める瞬間があって…。

2012ktr_032

その、姿が見えた一瞬は正直感動すら覚えました。

真冬の悪天候だからこその、たまにしか見えないからこその良さ。まるで墨絵を思わせるわびさびの世界観。ここまで上がって来た甲斐があったと、そう思わせる光景でした。


しかし…とにかく寒い。ずっとここで景色を拝んでいたら凍えてしまいます。雪もどんどんと強まって来ます。と言うことで早々に切り上げて退散。行きと同じルートで駅へと戻ることにします。

ちなみにここで、ケーブルカーのふもと駅から船着き場までの間、雪がかなりの勢いで降りしきる中ソフトクリームを食べながら歩いていたことで余計に凍えました。って当たり前ですねw
でもご当地ソフトの黒大豆ソフトが美味しそうだったんだもん。


ところで今回、僕は「2days天橋立まるごとフリーパス」と言う切符を使ってたんですが、これだと北近畿タンゴ鉄道線内が特急自由席含めて乗り放題で、この傘松公園へ向かう船とケーブルカーも乗り放題なんですよね。

フリー切符が4300円なんですが、船とケーブルの往復して北近畿タンゴ鉄道にちょっと乗れば簡単に元が取れてしまうのでかなりお得だったりします。


さて、天橋立駅へと戻り、ここから乗り鉄タイム。今回の旅、「けいおん!」気動車に乗りたかったのは勿論なんですが、それ以外にも北近畿タンゴ鉄道の車両に色々乗ろうと思ってたんですよね。

まず、今日はタンゴディスカバリーことKTR8000形に乗車します。天橋立駅を14時32分に出る豊岡行きの特急「はしだて」5号。これがタンゴディスカバリー使用なんですよね。

2012ktr_033

初めて見るタンゴディスカバリー号。丸い。非常に丸いですwでもこの丸っこいフォルムがなんとも愛嬌があって、可愛らしくすら思えます。

鉄道車両のデザインって、それが特に特急用車両なら「カッコ良さ」に重点を置いてしまいがちだけれど、逆にこういう可愛さ狙いのデザインと言うのも個人的には非常にアリだと思います。


中に入ると、客室内にはズラリと並んだリクラインニングシート。

2012ktr_034

全体的に落ちついた色調と雰囲気。照明は間接照明をメインに、荷物棚下に補助灯。カーテンは横引き式と、何気にちょっとJR西ライクなテイストを感じさせますね。


2012ktr_035

座席はオーソドックスな回転リクライニングシートだけれど、シートピッチ1050ミリと広めに取られているので、ゆとりがあってなかなかに快適。


2012ktr_036

また、この座席に枕カバーにはなんと「丹後ちりめん」を使っていたりもします。こういうコダワリって好きだなぁ。


2012ktr_037

運転席との仕切りは大きなガラス。また、この車両は一両につきデッキ一ヶ所となっていて運転台直後ににはデッキも乗降扉もなく、なんちゃって展望席っぽくなっています。でもぶっちゃけ、そんなに眺望良くはないですw

あと、二両編成のうち片方はこの部分が座席ではなくイベントスペースになっているみたいですね。今回、そっちの車両は指定席車だったので僕は立ち入りませんでしたが。


さて、僕の乗り込んだ「はしだて」5号。天橋立を出てすぐは自由席車は結構たくさんの人が乗っていました。僕もなんとか座席にありつけたものの、ほとんどのシートが埋まっています。

また、そのほとんどの座席が逆向きなんですよね。恐らく途中の宮津かどこかで進行方向が逆向きになった為だと思われますが、進行方向が変わったら座席を回転させようとか皆さん思わないのかしら…。


2012ktr_038

車窓はひたすらに雪景色。天橋立付近もかなりの雪だったのですが、豊岡方面へ向かうと更に雪の量が多くなります。

途中、木津温泉で乗客のほとんどが下車。見ると数人しか車内に残っていません。


すっかり客のいなくなった車内でのんびりとくつろぐひととき。雪景色をぼんやり眺めて過ごし、終点豊岡には15時33分着…の予定が、数分遅れて到着。ここでゆっくりしているヒマはありません。折り返しの列車で戻ります。

僕が乗るのは15時40分発の特急「たんごリレー」10号。乗って来た「はしだて」の到着したホームに二両編成のタンゴディスカバリーがやって来て、それが「たんごリレー」号として仕立てられました。


これに乗って再び雪景色を眺めながらの旅。16時38分、天橋立へと戻って来ました。

2012ktr_039

タンゴディスカバリー号、お疲れ様。キミとの旅はなかなか快適で楽しかったよ。

さあ、これより宿へと向かいます。いよいよこの旅の本当のメイン(?)ズワイガニを食べて食べて食べまくる、その時がやって来るのであります!!


・2012年2月・KTRとズワイガニの旅(5)へ→


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...