2012年2月・KTRとズワイガニの旅(6)
2012年 03月 02日 (金) 14:20 | 編集
- 大雪・天橋立は素晴らしかったけど旅の最後が締まらない -

2月18日(土)。今回の旅二日目です。朝ゆっくりと起床してまずは朝食。昨夜ズワイガニと日本酒で楽しんだ、宿内の食事処へ向かいます。

2012ktr_054

朝から色々とたくさん出て来ます。ごはんにお味噌汁、干物に湯豆腐…。民宿や旅館によくある典型的な和朝食と言えばそうなんですが、どれもとても美味しい。

僕は普段は朝ご飯なんて全く食べないのですが、美味しくて食が進みます。

そしてご主人と色々会話。実は昨夜、夕食を頂いていた時にご主人に列車で行ける造り酒屋の情報だとか教えてもらってたんですよ。なんでも豊岡方面の甲山と言う駅近くにある酒造会社さんが良いのだとか。

元々、この日は一日乗り鉄して帰ろうと思ってたんですね。午前中は豊岡方面へと向かうつもりだったのでじゃあちょうど良い、予定に組み込んでしまえと。


そのつもりだったのが、ご主人曰く「豊岡方面は雪が深いから止めた方が良いかもしれない」とのこと。どうやら昨晩のうちに相当に雪が酷くなっていたらしく、北近畿タンゴ鉄道も朝から列車の遅れや運休が出ているらしいです。

それを聞いて予定を急遽組み直すことに…。確かに、豊岡方面は天橋立よりももっとずっと雪が深いんですよね。それは昨日タンゴディスカバリーに乗っていた時にも感じました。

となると、豊岡へ向かうのは危険。ヘタすると途中で列車が運休となって帰ることすらできくなる…なんてことも本気でありえます。


どうしようか考えているとご主人より提案。「雪の天橋立を観てきたら?」と。

昨晩の雪で天橋立が物凄く綺麗になっているんじゃないかとのこと。どうせ大雪の中に来てしまったのなら、その状況を楽しんでしまった方が良いんじゃないかと言うことです。


それもそうだなと気を取り直し、まずは天橋立を観に行ってみることにします。


天橋立は昨日も観ました。昨日行ったのは傘松公園。と言うことで今日は別のところから観てみることにします。向かうのは天橋立ビューランド。宿から徒歩数分の場所にリフト&ケーブルカー乗り場があります。


が、着いてみると。


ケーブルカーもリフトも動いてない!!


悪天候でどちらも動かしていないとのことです…ううむ、困ったどうしよう。

が、少し待てばケーブルカーは動かす予定とのことでそのまま待合室で待ちます。20分かそこら待ってケーブルカーの準備が出来たとのことで乗りこんで、いざ山頂へ。


山頂へ向かう間は雪が舞ってましたが、ケーブルカーで登りきってしばらくすると晴れ間が挿してきました。そこで観た白銀の天橋立。


2012ktr_055


いやあこれは本当に素晴らしかったです!!

もうね、感動。ただただ感動。僕も旅先で色々な風景を観て来ましたけど、ここまで綺麗な景色と言うのはそうそう観たことありません。海の真ん中に一本通った真っ白な天橋立。それはまるで空へと昇る白竜の様。

ああ…この景色に出会うために、今回僕はこの大雪の中この地まで来たんだな。そう思わせるだけの風景がそこには広がっていました。


絶景を思う存分に楽しんで下山。駅へと向かいます。そして列車の運行状況だとかを確認してみると、やはり列車は遅れや運休が生じている様子。

本来の予定では乗り鉄した後、西舞鶴方面へ出て京都へ戻りつつ帰途と言うつもりでしたが予定を変更。乗り鉄は完全に諦めてこのまま帰途へ着くことにします。

ああ…本当は今日、タンゴエクスプローラーに乗るつもりだったのですが…でも仕方がありません。なにしろこの雪。列車が動いているうちに京都方面へ戻った方が得策です。

実際、今回の雪の前の大雪の時、北近畿タンゴ鉄道は全線運休したと言う例がありますし…w


駅で待つことしばらく。やって来た福知山方面の特急に乗ります。舞鶴方面は雪が多いと言う情報を聞いていたので、少しでも安全そうな福知山の方へと向かってみます。

やって来たのは昨日も乗ったタンゴディスカバリーの車両。自由席に乗ってみるも席は完全に埋まっていて立つしかありません。まあ、仕方が無い…。


列車は福知山に向けて走って行きます。が、行けども行けども車窓に広がる雪景色。いやむしろ天橋立周辺よりもどんどんと深くなっていきます。おいおい大丈夫なのかこれ…。

その雪深さ、とても近畿地方とは思えません。どこの越後湯沢なんだと言いたくなるくらい。

結局、雪はまるで無くならないままになんとか福知山に到着。

2012ktr_056

時刻は12時半とかそんもんだったでしょうか。

さて、ここで本来ならば京都方面へ向かう特急に乗って行くつもりでした。が。


京都方面の特急は運転取りやめwww


もうね…笑うしかないよコレ(苦笑


京都へ向かうにはもう、普通列車を乗りついで行くしかないとのこと。

なのでここでしばらく待ちます。そうしてやってきた普通列車はなんと、湘南色の113系でした。これはこれで今となっては貴重なのでいいかもしれません。


いいかもしれません、なのだけど…。





2012ktr_057


ちょw雪www


車体に積もった雪がちょっと洒落にならんことになってるんですが…いや、これ走らせる前にまず雪落とそうよ。こんだけ雪積もってたら屋根潰れるんじゃないか?w


結局この後はこの113系普通列車で園部へと向かい、そこから更に快速列車に乗り換えて京都へ。京都から新幹線…と、その後は特にトラブルもなく帰途。

だけど雪の量はホント凄かったですね。園部付近まで下りてもまだ雪積もってましたから。同じ山陰線の風景でも昨日、行きに観た時とはまるで別の光景が広がっていました。


**********************************************************


今回の旅、思わぬ大雪で二日目の予定が全くこなせずにかなりグダグダになってしまった感はありますがwまあでもこんなトラブルもひっくるめて楽しんじゃわなきゃね。最近はそんな風に思う様にしてます。

ただ、タンゴエクスプローラー乗れなかったのは本当に心残りなので、そうなるとこれはいずれもう一度天橋立力旅行計画しないといけない…かなぁ(笑


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...