「まんがタイムきらら'12年6月号」感想。
2012年 05月 12日 (土) 00:27 | 編集
では一昨日発売のきらら感想行ってみるとしましょう。


kirara_201206


・表紙
表紙は「あっちこっち」。まあ、アニメやってる間は当分この作品が表紙を飾るんでしょうな。6月と言うことで梅雨を意識したデザインなんだけれど、でもじめっとした感じは全然無くって爽やかで鮮やか。

しかし何と言うか…この全体のデザインも相まってあるイミ凄く普通の表紙だなぁと言う気もします。いや別にそれは全然悪い意味じゃなくって、むしろ書店で堂々と手に取りやすいと言うか。

ぶっちゃけMAXの表紙(きんモザ・ごちうさ・かなめも等)は手に取るのに非常に勇気要りますよね? 端から見たら少女漫画みたいに見えますしw


ところで「あっちこっち」のアニメなんですが一応視聴してます。自分的には出来自体はまあ正直こんなもんだろうなと言う感じなんですが、しかしちと世間での評価厳しすぎなんじゃない?と。

とりあえず掲示板やらまとめブログやらで「つみき→こなた」と言う意見をやたらと目にしたんですけどそういう人達に問いただしたいです。一体つみきさんのどこがどうこなたに似ているのかと。ぶっちゃけ髪色くらいしか似てるとこないと思うぞ?
それすらも実はあまり似ていない。


では以下、気になった作品の感想やらツッコミやら。



・あっちこっち
「待ちガイル」てまた懐かしいネタを…つーかそのネタ大半のきらら読者層に通じるのか?w

何やら校内サバイバルゲーム的な展開の話。なんだけど今回は説明のみで実際のゲームスタートは次回ってことですね。この作品のこういう○○ゲーム的な話は結構好きなので来月を楽しみに待つとします。


・しかくいシカク
花の名前にちなんだ萌えキャラの発想は良いと思うんですが、しかしチューベローズの精だからって名前が「ベロチューたん」てのはあんまりだと思うぞwしかも特技が「大人のキス」ておいおいww

しかし魚ちゃんの推理能力凄いな…それに、無意識のうちに被写体のヤル気を見抜いてしまってた十子の感性も凄過ぎるわ。何気にこの作品って超人揃いだな(今更


・チェリーブロッサム!
この作品、主要登場人物の名前が皆東急東横線の駅から取ってるのは気付いてましたが、まさかモブまでそうとは…いやだってラストの追試合格者一覧。祐天寺とか中目黒とかww


・スマイル・スタイル
今月も相変わらずの酷さで安心しました(注:物凄い褒めてますw

台風接近で寮の窓を補強したりなんやかや…なお話なんですが、強風でゆめちゃんのスカートめくれる→何もしてない百合ちゃんが責められるとか、紅葉が指をケガする→歩がそれ舐める→紅葉鼻血とかw

百合ちゃんがあらぬ百合誤解を受けて毎回酷い目にあってますが、でもその一方で歩×紅葉はどう考えてもガチに百合なのに誰もなんとも思っていないこの不思議。

そして和沙先生のアレっぷりがあまりにアレなのにも関わらず、百合ちゃんと寮長さんの二人以外は全くそれに気付いていない不思議。いやもう不思議を通り越して理不尽ww

本当のことを言えば寮長さんも相当にアレなハズなんだけど和沙先生が出てくる回は相対効果でマトモなオトナに見えちゃいますよね。

あと何気にプリン星の不思議少女(みんな覚えてるか?)の名字が判明…と言う重要回でもあったんじゃないかと思いますw


・けいおん!
今月のきらら発売の数日前からネットで噂になっていましたが…はい、「けいおん!」原作は次回で最終回です!!

まあこれについてはあちこちでも色々と言われていますが、多分最初からこの予定だったんじゃなかったのかなぁ、と。劇場版公開に合わせての短期集中連載みたいな、そんなイメージだったんじゃあないかと僕は思います。

個人的には元々、せっかく綺麗に終わったのに何故…と言う感じで原作再開には反対派でしたし、だから終わってもまあ仕方無いかなぁと。

大学編は正直読んでてもやっぱり蛇足だったかな…と言う感があったのは否めないですし。

ただ、キャラットで連載中のあずにゃん部長編。あっちは続けて欲しいなぁ…と。いやあれは凄く面白いと思うのですよ。あれはもう唯ちゃんが主役の「けいおん!」とは全く別物の新しい漫画として読めるので。

スミーレちゃんと言い奥田ちゃんと言い後輩組もどんどんキャラが濃くなってきてるし、純ちゃん憂ちゃんもそれに負けじと個性が強まってきてるしであれは今終わらせてしまうのは勿体ない。そう思います。

…まあキャラットの方は情報がまだ出てないのでどうなるか分かりませんが。

しかし今回読んでて思ったのですが、やっぱりムギちゃんにスポット充てたネタが来ると面白いわwガールズトークに花咲かせる皆見てワクワクしてたりとか、サボりに憧れていたとか…ww

kirara_201206_kon

噂に聞いていたサボタージュってどんだけだよ!!w

とりあえず次回の最終回、ムギちゃんの出番がたくさんあることを期待しています。


・ゆゆ式
今月の読んでて思ったけど、ゆずこの変顔(プルルルルのくだり)は正直イラッと来るけど縁ちゃんは変顔でも可愛いんだなぁ、と。さすがお嬢様。

あとリボる婆→残弾数が少ないは非常にブラックなネタだと思いますw


・半熟ウィッチ-まどろみドルニー-
読みながらMAX「くすりのマジョラム」を「境界線上のリンボ」みたいな世界観でやったらこうなるな…なんて思ってたんですが、ツイッターのTL見てたらやはり同じことを考えた人はいた様でw


・すいまさんといっしょ
ゲスト作品。うーんなんだろう…この絵なんとなく見覚えがある様な無い様な…。なんとなく萌え四コマと言うよりはラノベの挿絵っぽい雰囲気と言いますか。
まあラノベ読まないからよく分かりませんが。

でもとりあえずすいまさんがエロ可愛いのでイイと思います。しかしこんな「睡魔」が出てきたら実際にはむしろ眠気なんて吹っ飛んでしまいそうな…。


・箱入りドロップス
いやはや…一体なんなんだこの雰囲気の良い漫画は!! 男女混合リア充グループで文化祭とか普通に考えたら爆発しろ以外の何物でも無いハズなのに、この作品に関しては全くそんな気持ちにならない。

いやそれどころか読んでいると心が綺麗に洗われてしまう様な、そんな清涼感すら感じさせるこの読み心地。本当になんだと言うのでしょうか…。

まあとにもかくにも雫&陽一の主人公コンビが良いんだと思います。

kirara_201206_hkdr

この雫ちゃんの可愛らしさ。天真爛漫にして純真無垢。穢れを知らないとはまさにこのこと。

そして陽一クンなんだけれど、彼は顔怖いって皆から言われてますけど僕は全然そんなことないと思います。確かにしかめっ面かもしれないけれど、でも人の良さが顔の相に滲み出ている。

で、またこの二人のキャラそれぞれも良いんだけれど関係性もいいんですよね。端から見ればカップルっぽくも見えるけどでも全然そうじゃない。

雫ちゃんは純真故にそんな意識かけらもないだろうし、陽一クンは陽一クンで今回の話にあったけれど「人を好きになる気持ちが分からない」

この二人の関係性ってなんだか暖かく見守ってあげたくなっちゃうんですよね。

単行本一巻も買いましたけど素晴らしかったのでもう一冊か二冊追加しようと思ってますw


・ものくろすとーむ!
連続ゲスト2回目。前回のお話で姉がドジッ子で妹がしっかり者かと思いましたが、でも実は妹がコミュ障とは…なるほど、お姉ちゃんの前「だけ」でしっかりしてるコなのだなw

まあ何にせよ仲良し姉妹と言うのは非常に良いものなので次回も楽しみにしています。


・シークレットガーデン
ゲスト作品。途中一ページまるまる使った大ゴマ(いやコマじゃないかw)とかあってビックリしましたが、その分掲載ページ数も多いんですね。

通常のきらら作品は大体6~8ページなのが11ページ載ってる。何気にきららミラク並みの掲載ページ数ですよねこれ。

とりあえず女の子の淡い百合感のある友情は素晴らしいものだと思います。


・うちのざしきわらしが
まさかの…まさかの、わらの母ちゃん登場!! しかも「福の神」とは…ww

そうか…ざしきわらしが成長すると福の神にクラスチェンジするワケか。しかしそれには一千万ざしきわらし必要とは。姉のしきちゃんが53万ざしきわらしで、わらはたったの10ざしきわらし…。ってわらは本当にダメダメだなぁw

ところでその戦闘力(?)で言うときららMAX「ワンダフルデイズ」の二人はどうなんでしょうね。零ちゃんはそこそこ高そうだけれど壱さんはわらと変わらない位な気がする…。


・天然あるみにゅーむ!
この作品って以前はずっと巻頭近くにいましたけど最近はこの辺りが定位置になってきてますね。でもこれは何気に「かみさま」「三者三葉」的な長期連載として長々ゆるゆる続くフラグだと勝手に思ってますw

しかしハト捕まえて囲炉裏で炙って食べるとかどんなたくましい家庭なんだよあるみの家は。あとそういうネタがぽんぽん出てくる辺り、作者さんも多分本当に田舎の出の方(失礼)なんだろうなぁと。


・さつきコンプレックス
な…なんだ…と…?

コミックス1巻重版決定ってマジ!?

みんなそんなに男の娘が好きか…世もまつだwww

いやこれぶっちゃっけ今月きららで一番の衝撃です。「けいおん!」関連のうんぬんよりこっちの方がよっぽど衝撃的だわw


・少女公団アパートメント
今回は団地内フリーマーケットなお話。この作品って言わずもがな「公団」が舞台になってるワケなんですけど、ちゃんとその舞台を活かしたお話をあれこれ挟んで来るのがいいですよね。

この、公団が舞台と言うのが何気にこの作品の凄いキモ。

仲良し女子高生達のゆるふわな日常モノってきらら系にはありふれてますけど、でもその大半が学校生活を舞台としているもの。その中でこういう、学校以外を舞台とした話はそれだけで新鮮に感じられると思うのですよ。

さて、フリマで売るもの→おばさんのお手製メイド服と言う流れからもうこうなることは想像付いてたワケなんですが…。

kirara_201206_ska01

なつみちゃんメイド服きゃわわわ。

嫌々ながらも着せられておまけに宣伝係までやらされてしまってベソかいてるんだけれど、でも皆の「可愛い」と言う言葉にまんざらでもなくなっていたりとかそんな様子全てひっくるめてホント可愛い。

あと先月に引き続いてのちーちゃんの寝顔。

kirara_201206_ska02

ホント可愛いわ。この無邪気で無垢そのものの寝顔。先月も書きましたけど、やっぱり女の子の寝顔を一番可愛らしく描けるきらら作家さんはms先生だと、僕はそう確信して止まないのです。

そしてそんなちーちゃんの可愛らしさも全て台無しにしちゃうほどのさくら姉の暴走っぷりがまた…もはや完全にオチ要因と言うかギャグ担当になってるさくら姉ですが、このコの存在は非常にいいスパイスになってると思います。

作品全体に漂う、ゆるふわでおっとりとした雰囲気にちょっぴり刺激を添えて、ピリリと話を引き締めているんですよね。彼女の存在はこの作品にとってとても大切。
でもさすがに「ちささんの使用済みお洋服」は暴走し過ぎだゾッ!!w


・かみさまのいうとおり!
いやはや今回凄かったです。

バス乗ってて寝過ごしてバス停で降りられなかったと言うネタでまさかここまで引っ張るとは…そしてその引っ張り方が全部下ネタでまりあさん鼻血とかもう!!w

発車→発射とか吊り革が一つ余ってる→皮余りとかお立ち下さいとか糸引いてるとかもう何もかもが色々とアレ過ぎるwww

いやぁ…改めて酷い漫画だと再認識させられた次第であります(注:物凄い褒めてますw


・Rainbow☆Starbow
なんと言うか…勢いと言うかテンションと言うかスピード感と言うかが改めて凄いなこの作品!!wぶっちゃけ力技と言えばそうなんだけれどでもこの押し加減、嫌いじゃないぜ…。

と言うか途中のノリノリな奏サンとかの流れでもうゲラゲラ爆笑しておりましたw

しかし奏サンはすっかりアレなキャラになってきましたね。元々は美咲&昴の憧れの人だったハズなのに、今となっては(少なくとも学園パートにおいては)その面影は全くありません。

ただのダメなセンパイと言うか悪友と言うか…www


・My Private D☆V
前回の奄美あまゆ先生に続き今回もミラク作家さん。群青ピズ先生。

曰く「女性の腰周りには神が宿ってると思う!!」

ああ…うん。なんか分かる。凄く分かるよ!! あのクビレとふくらみとの織りなす調和とコントラストの絶妙さとかそんなのがいいんだよなぁ…くぅ~っ!!

あと「最近のフィギュアとかお腹の造形気合入ってるの多いしマジ歓喜」←これも凄く凄く同意です。お腹の見えてない(きちんと服着てる)フィギュアでもあの辺りの造形凄いの多いんですよね。

さて、来月のMPDVは川井マコト先生登場とか…うおおお本命キター!!!w


と、今月はこんなところで。

世間的には「けいおん!」最終回発表だけが話題にされてしまった感のあるきらら今月号でしたけど、個人的には総じて楽しく読めた回でもありました。

いや正直、無印きららは最近読んでてもテンション上がらないことが多かったんですが今月は久々に最初から最後までテンション高く楽しめたなあ、と。

まあ「少女公団アパートメント」が相変わらず素晴らしかったと言うのは大きいのですが、それに加えて先月発売の「箱入りドロップス」「Rainbow☆Starbow」の単行本を買って作品に対する愛着が増したと言うのもあったかな、と。


あとはキャラットを…ホントどうしたもんかw


Comment
この記事へのコメント
「さつきコンプレックス」単行本買いましたけど、男の娘ものだからって
わけでは無いんですよねー。耕太のツッコミや今泉のキャラが
気に入ったのが大きな理由です。どっちにしろ男が理由なのですがw

何か皐月って、男の娘っていうよりは「女の子に○○がついている」という
印象で、あんまり男の娘ってイメージが無いです。
今月の風呂場のシーンを見ると、肉体的にも男なのか怪しいですがw

今月の『箱入りドロップス』と『少女公団アパートメント』は、私も特にツボに来ました。
「大好きですよ?」の雫とちさの寝顔は素晴らしかったですね。
2012/ 05/ 13 (日) 01: 10: 58 | URL | himoto # NkZVZrtM[ 編集 ]
はじめまして。
きららの作品の感想書かれてるんですね^^
いくつか共感するところがあったのでコメントさせていただきます~

少女公団アパートメントは良かったです!
メイド服のなつみがめっちゃ可愛かったですね。
さくらさんの暴走っぷりも面白かったです。基本ゆるふわなこの作品にとって、良いスパイスになってますねw

「うちのざしきわらしが」のわらちゃんは10しか戦闘力ないとは…。
「ワンダフルデイズ」の壱さんとはいい勝負になりそうですねw
どこかでコラボしてくれないかな~
2012/ 05/ 13 (日) 01: 37: 42 | URL | クロスケ # vQU5PwVA[ 編集 ]
>himotoさん
さつきコンプレックスは男キャラがいい味出してるなぁとは僕も思います。
今泉…充分にモテる素質あり過ぎるのに何故その道を行く…みたいなw

確かに今号の風呂シーンとかどう見ても男じゃなかったですね。
○○とかそういうんじゃなしに骨格が完全に女の子。

「少女公団」に関しては上にも書きましたがホント毎回ちーちゃんの寝顔が可愛過ぎて…。
「箱入りドロップス」なんですが、作者さんの前の読み切りも結構雰囲気好きだったんですよね。
カップルの話なのに微笑ましい感じで。

>クロスケさん
初めまして。コメントありがとうございます。

「少女公団」は連載開始早々から大ファンになってしまった作品ですが、ホント毎回毎回みんな可愛くていつも悶えながら読んでますw
さくらさんの暴走ぷりは回を重ねる毎に酷くなっているのですが、それもホント良いスパイスだなぁ、と。

「ざしきわらし」のわらちゃんと「ワンダフルデイズ」の壱さんとはホント一度勝負してもらいたいです。お互いに弱過ぎて勝負にならないかもですがw
2012/ 05/ 13 (日) 10: 28: 36 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...