2012年5月・神戸・一泊二日のぶらり旅(2)
2012年 05月 13日 (日) 12:53 | 編集
- 旅はなかなか思い通りにはいかないもの・だがそれもまた楽しい -

布引ハーブ園を後にし、神戸・三宮の街へ。時間はまだ15時くらいと早いのですが、とりあえず一旦ホテルにチェックインすることにします。


今回泊まったホテルはこちら。トラスティ神戸・旧居留地。

201205_kobe10

このホテルのある旧居留地の辺り自体が色々なブランドショップやセレクトショップが立ち並んでいてかなりお洒落な雰囲気のスポットなのですが、そこにふさわしくモダンで小奇麗なホテルです。

部屋は落ち着いた雰囲気。

201205_kobe11

客室の広さもいわゆるビジネスホテルよりはゆったり。なにより、ユニットバスの広さが尋常じゃあない。ホテルのユニットバス(とトイレ)て結構狭くて使い勝手良くない印象がありますが、このホテルのは本当にゆったりしています。

ちなみに今回泊まった客室、ベッドがダブル仕様でした。おかしいな…一人客で申し込んでいるのになんでダブルなんだろう。

いやベッド大きいのは嬉しいからいいんですが、でもなんで枕が二つ…あれ、おかしいななんだか目から水が(涙


さて、ここまでは順調に来てた今回の旅ですが、ここでトラブル。

最初に書きましたが、今回の旅の目的の一つがこのホテルのビストロバーでディナーを頂くと言うことでした。そのつもりでフロントに話をしてみると…。


「申し訳ありません…本日あいにく貸切となっておりまして…」



Oh…なんてこった!!



ここで目の前が真っ暗になりました。いや冗談抜きでw

ホントこの時、もう今回の旅の予定全てぶん投げて新幹線乗って帰ろうかと思いましたよ。でも仕方ないです。元々部屋は取っていてもレストランの方は予約も何もしてなかったワケですし。ああ、予めこっちも予約しておけば良かったよ…orz


まあ沈んでいても仕方ありません。とりあえず神戸の街観光へと繰り出します。こんな時こそ遊びに出かけて気分を晴らすに限る!!w


さて、僕が向かったのはホテルからタクシーで5分ほど。メリケンパークと言うところ。

ここで神戸の街をぶらりと周遊する、とある乗り物へと乗り込みます。それがこちら。


201205_kobe12

201205_kobe13


船みたいな形なんだけれど、でも床下にタイヤが付いている。この得体の知れない乗り物。一体なんだか分かりますかこれ?

「スプラッシュ神戸」と言うこの乗り物、実はこれ、水陸両用の船なんですよ。

神戸の街の道路を走って周遊した後、港へ戻ってザブンと着水。海上の散歩も出来ちゃうよと言うそんな乗り物なんですよね。今回の神戸旅行、どこで何しようか…とネットで調べていた時にその存在知って是非ともこれは乗ってみねば!!と来てしまいました。


客室はこんな感じ。

201205_kobe14

バス風なんだけれど、ちゃんと客席に救命胴衣が付いています。


さて、このスプラッシュ神戸。僕が乗り込んだのは16時発の便。この時、乗客は一人客が僕だけで後はおじさんおばさんの7人位のグループが乗ってました。

で、このグループ客の皆さんが騒々しくて、また最初僕をスタッフと勘違いしたのか「兄ちゃん写真撮ってな」みたく慣れ慣れしく話しかけて来たりで正直イラッとしたんですよね。

先程のホテルのディナーありつけなかった件に続いてここでまたもやテンションダウン。


が、せっかく旅に出てるのに落ち込んだりイライラしてても仕方ないやと気分を切り替えることにします。ここまで来たんだから貪欲に何もかも楽しんでやろう、と。すると不思議なもので全てが楽しく思えて来るんですよね。

最初はちょっとイラッとしたおじさんおばさん達ともなんだか打ち解けて喋ったりとか出来ちゃってますし、騒々しいのは裏を返せば賑やかで楽しいってことでもありますしw


まあ、何事も考え方一つなんだなぁと。そんな風にも思わされるのでした。でもおばちゃんパワーに気押されてたガイドさん可哀相だった…すっかりおばちゃん達に飲まれてた感がww


さて、スプラッシュ神戸ですが所要時間は80分。1時間くらいかけて神戸の街をぐるっと回りその後で海へと飛び込みます。

回るのは三宮の街を抜けて北野異人館の方までぐるりと。思えば先程、ハーブ園まで行ったのに北野の周りはまるで観ずに戻って来ちゃってました。

201205_kobe15

北野の方にあるスターバックス。元々は明治40年に建てられた木造2階建ての住宅なんだとか。こんなスタバがあったなんて…これは中に入ってコーヒー飲んでみたいもんです。

でもこの日はスプラッシュ神戸から外観を観ただけ…。


ちなみにこのスプラッシュ神戸、見た目はほとんど船みたいな感じなのに陸上では普通にバスの様に走って行きます。その為一般道走行中は目立つ目立つ…。

通りを歩く人達皆の視線がこっちに集まります。もうほとんど見せ物状態w


一時間ほどの市内周遊の後、再びメリケンパークの方へ戻って来ます。そしていよいよ海へ…。

201205_kobe16

港の一角、坂になってて下って行けるところをそのまま下りて行きます。そしてそのままドブン!!と勢いよく音と水しぶきを上げて無事に着水。

ハイ、ここからはこのスプラッシュ神戸、船へと早変わりします。


先程までバスみたく陸上を走っていた乗り物から海の風景を観るこの不思議。

201205_kobe17

201205_kobe18

海上からオリエンタルホテルや遊園地を眺めて…これだけ見ればまあ普通に海を行く船からの風景なんですが、これが先程まで陸を走っていた乗り物だと思うと何とも言えない変な気分になりますw


スプラッシュ神戸は海の上を20分ほどのんびりとお散歩。海の上と言っても湾内だけで外洋の方へは一切出て行きません。他の観光船等の運行の妨げになってはいけない等で湾内だけに留まっているのだそう。

ちなみに海の上を走る時もタイヤは収納などせずにそのままなのだとか。また、海の上でも運転方法は陸上とほぼ同様、つまりバスの様な運転スタイルの様です。


湾内を20分ほどのんびりと走り、再び陸上へ。すると上がってすぐにスタッフの方達が水で車体を洗います。すぐに真水で海水を洗い流さないと後が大変なのだとか。

こうして元の乗り場へ戻って来て…スプラッシュ神戸でのショートトリップは終わりました。


いや…なかなかに面白い乗り物でしたよ。正直、観光名所をゆっくりじっくり回って行くと言うタイプの乗り物ではないので、街をきちんと観たいと言う方にはオススメできないかもしれません。

でも「変わったものに乗ってみたい」と言う向きには是非ともオススメ。エンジン音がかなり勇壮なのも個人的には非常にポイント高いですw


さて、今回の旅は色々と思い通りにならないことが多そうだけれど…でもここまで来たからにはとにかくもう楽しむしかない。これから乗り鉄しようと思います!!


2012年5月・神戸・一泊二日のぶらり旅(3)へ→


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...