「まんがタイムきららMAX'12年7月号」感想。
2012年 05月 21日 (月) 00:32 | 編集
と言うワケで昨日発売のきららMAX感想、行ってみましょう。


kirara_max_201207a


・表紙
表紙は「ご注文はうさぎですか?」ですよ!!

この作品、4月号に初表紙を飾った所なのに、それから間髪入れずにまた表紙で来るだなんて…これはいよいよ本格的にこの作品、MAXの看板クラスになって来たと考えても良いのではないでしょうか。

しかしこの表紙、ある意味で前代未聞な表紙であるとも言えます。

ええ…。


なんと主役不在!!


「ご注文はうさぎですか?」の主役ってココアちゃんのハズなんですが、彼女の姿がどこにも見られません。描かれているのはチノちゃん・千夜ちゃん・シャロちゃんの三人。

一体これはどういうことなのか…いや、もしかするとココアちゃんが主人公と言うのは僕らの思い違いだったのかもしれません。前回の表紙と今回の表紙、そのどちらにも載っているのはチノちゃん。

と言うことは彼女こそがこの作品の主役なのかもしれません。思えば作品の舞台となっているのは彼女の父(と祖父)が経営している喫茶店「ラビットハウス」なワケですし。

主要メンバーの中で最も年下のチノちゃん。そんな彼女が皆と出会って少しずつ成長して行く様を描く作品だと考えれば、彼女が主人公と言う解釈であながち間違いじゃないのかもしれません。

まあ個人的にはチノ父が真の主人公だったらいいなぁとかちょっと思ったり。旧友のリゼ父と組んで闇の組織と戦うハードボイルドでシリアスな展開に突如突入…とかね。


閑話休題。

しかし、主役不在とかそんなことはさておき、これまた本当に素晴らしい表紙だと思います。

なんと言っても三人の衣装がいいですね。薄手のキャミソールワンピ。三人それぞれのイメージに合ったカラーリング・デザインなのは勿論、これよくよく見ると微妙にシースルーなんですよね。太もものあたりを見るとほんのり肌が透けてるのが分かります。

この作品は本当になんと言うか…こういう衣装だとか小物だとか、そういう部分へのこだわりがハンパない。自分自身が洋服とか雑貨とか好きな方なので、そういう描写の細かい作品は読んでて本当に楽しくなります。

また、背景に描かれた熱帯魚達との組み合わせがいいですね。まるで三人がふわふわ水の中で浮いている様な不思議な感じがあって、また衣装と相まって涼しげで爽やかな雰囲気が醸し出されていて。


あとこの表紙の衣装見て改めて千夜ちゃんておっぱい大きいなぁと(最低


…では以下、気になった作品のツッコミとか感想とか色々。


・ご注文はうさぎですか?
はい、表紙に続いて巻頭カラーです。しかしこの扉絵の素晴らしさ!!

kirara_max_201207_gtus01

「電話」がテーマの扉絵。携帯電話が主流のこのご時世に固定電話と言うのが新鮮。それも単なる電話ではなく、レトロ風デザインだったりシンプルな黒電話だったり…それがまた、5人それぞれの雰囲気にきちんと合っているのが素晴らしいですね。

上で表紙の感想にも書きましたけど、この作品はホント小物の使い方が絶妙過ぎる。また、5人の髪型にも要注目。おウチでリラックスと言うシーンからか、普段とは違う結び方をしていたりで…それがまた本当に愛らしい。

あと千夜ちゃんとリゼさんはやっぱりおっぱい大きいですね(最低

さて、今回は休日のある日のお話。と言っても休みなのはラビットハウスの三人で他の二人はお仕事、またリゼさんは別行動だったりと皆それぞれの一日と言う感じなんですが、普段一緒にいる5人がばらばらになるとそれぞれいつもと違った面が見られるのが面白いですね。

中でも今回、ひときわ目を引いたのはリゼさん。休みの日に一人ショッピング。気に入った服を見つけた時の表情が可愛い。

kirara_max_201207_gtus02

この後のコマの、葛藤しているシーンもまた良いですよね。彼女のことだからきっと「可愛いけどこんな服私のイメージじゃない」とかそんな風に考えてるんだろうなぁw

そんなリゼさんが大変身。

kirara_max_201207_gtus03

カットモデル&買った服にすぐ着替えてしまったと言うことでまるで別人の様な雰囲気に。まあ、ティッピーには完全に気付かれているみたいですが…w

しかしこうして見るとやはりリゼさんは美人さんですね。

あとこの作品って基本、喫茶店の中でのお話が主と言うことで普段は制服姿が多いのですが、それが今回ラビットハウスの三人が私服なのが新鮮でしたね。またその服装がやはり凝ってて…更にシャロ・千夜の二人も仕事中とは言え普段と違う衣装で。

これまた上の表紙の感想で書きましたけど、衣装に凝ってくれる作品と言うのは見てて楽しくなるので大好きです。

しかし今回は本当に見どころだらけで…チノちゃんの友人再登場とか公園での出会いとか、千夜ちゃんの脱ぎ脱ぎ(?)とか…ああっもう感想書ききれません!!


・きんいろモザイク
先月の進級で、後輩とかクラスメートとか新キャラ出てきて今までの5人のバランス崩れたりしたら嫌だな…なんて思ったらいつもと変わらないノリで安心したのですが、でも進級して何も新しいことが無いなんてそんなハズが無い。

と言うワケで今回、新キャラが出て来ましたね。

と言っても後輩でもクラスメートでもなく先生でした。アヤ・カレン・シノのクラス担任の久世橋先生。烏丸先生とは全然違うビシッとした雰囲気の先生ですね。

ちょっと厳しい一面もあったりで、早くもカレンちゃんが色々と苦境に立たされてそうですが…でもきっと彼女の思った通りに仲良くなれる日が来るハズ。

いやでもこれ上手いなぁと。進級と言うテーマを話に盛り込んだ以上、何かしら新しい要素…もっと言えば新しいキャラの登場は必要。だけど5人の関係は壊したくない。

そんな場合、クラスメートなんかじゃなく先生と言う、ちょっと離れた立ち位置のキャラならばメインキャラのバランスはこれまで通りに崩すことなく、それでいて話に新鮮なスパイスを盛り込めるんじゃないかと。

久世橋先生、固そうな雰囲気とは裏腹に可愛らしい面もありそうなので今後にちょっと期待ですね。烏丸先生とは良いコンビになりそうw

あと今月のアヤヤ。

kirara_max_201207_knmz

陽子のことばっかり考えてる→遠距離恋愛。

ああ…このコどんどん百合脳になって行ってます。どんどんダメなコに…いやMAX的にはダメなコじゃなくむしろ優等生と言うべきかもですが。


・LSD~ろんぐすろーでぃすたんす~
浅見サンは少しは椿ちゃんのキモチが分かったんじゃないだろうか…ベタベタつきまとわれる相手のキモチがww

でも最後の衣装作りのくだり…めげないコだなぁw


・ワンダフルデイズ
ああ…このところ話が急展開してるなぁと言う感じはありましたが、やっぱり終わってしまうのか…。

まあ古参読者でもない僕から見ればこの作品に特に思い入れがあると言うワケでもないですが、でも長く続いている作品が終わるのはそれだけでも寂しいですし、まして荒井チェリー先生と言えばきらら三誌全てで連載持ってるイメージあったのに…。

これであとは無印の三者三葉だけになってしまうのか…。


・くすりのマジョラム
まあ小学生高学年の、いわゆる思春期・第二次性徴に差し掛かる様なコ達が出てくる話だからと言うのはありますが、なかなかにデリケートなネタをやるなぁ。先々月位にも女のコのそういう話やりましたけど、今回は男のコ版。

でもえっちな夢見てそれで自分が大丈夫なのかと悩んじゃうとか、錠クンは本当に純真だなぁ。でもオトナになるとね、むしろえっちな夢見れるものなら見たいもんだと望んだり(おい

しかし錠クンの見た夢の真相…結局魔法薬が原因と言うオチ。まあこれは確かに言わない方が良いでしょうね。見た方にも見られちゃった方にも。

あと37ページのユキさんベッドのぬいぐるみが地味に芸が細かい件。「ごちうさ」のあんことか「こずみっしょん」の犬(?)とかいるww


・かなめも
改めてこの作品って酷い漫画だと思いましたわwwだって一ページ目のネタ、それってバタ(ry

中学生女子にそれはもう犯罪の匂いしかしませんな。うん、捕まるわw

更にその後のユメ&ユーキのやり取り、チョコレートがどうとか言ってますけど…え、何このコ達そういうプレイもしちゃうワケですか?

…いや今更ですがこの二人って絶対に肉体関係アリですよね(生々しい

まあ匂いネタのあれこれで延々酷いやり取りでしたけどwでも最後のかな→みかちゃんのは良かったですね。かなに匂い嗅がれて嬉し恥ずかしなみかちゃんが可愛かったです。ごちそうさまでした。


・こずみっしょん!
万能銃がもはや「銃」でない件。いやそれただのドライヤーだと思うんですが…w

あと臣美×鈴子が微妙に百合百合しくなってきてていいぞもっとやれ!!


・彼氏ってどこに行ったら買えますの!?
彼氏さんと同じ匂いの石鹸を探して…と言うネタなんだけれど、読んでて途中で「石鹸なんてそこまで匂いしないハズだから香水なんじゃないの」て思ったらその通りの展開でした。まあ最近は香水でもいかにも香水ってよりも、石鹸みたいな自然な香りのも多いですからね。

しかしなんと言うか…読んでて本当に壁バンしたくなる漫画ですねwあのバカップルめww

そこに亜梨香ちゃんの「リア充破裂しろ」とかそんなリア充罵倒言葉がとても心地良いですw


・落花流水
ああそうか…今5月だもんなぁ。5月病の季節だもんなぁ。じゃあ僕が仕事ヤル気が出ないのも5月病のせいだ!!

前回・前々回とかなり百合百合しい話が続きましたけど、今回はちょっと休息回って感じですかね。


・三種のジンギ!
楓美ちゃんが廊下でぶつかった美少女にいきなり惚れられて、そしたらそれを快く思わないいろはちゃんがジェラシーむき出しで二人で楓美ちゃんの取り合いに…?

っていきなり百合度がグンと高まってきたなぁおい!!w

楓美ちゃんの「お前のほうが好きだよ」に対するいろはちゃんの反応とかもう完全にガチな感じでしたしね。

先月みたくスポーツマン男子との健全な青春みたいな話も良いですが、やはりこういうキマシタワーな展開来るとなんだか盛り上がりますね。オラワクワクしてきたぞw

でもこの美少女が実は生徒会の役員と言うなんだか思わぬオチが…これは一体来月からどういう展開になるのか。気になります。


・アキタランド・ゴシック
ゲーム改変でコマチMODとか酷ぇなwと思ったら実は誕生日プレゼントのサプライズであれ?ちょっといい話…と思いきややっぱりそんなこと無い安定のオチww

しかし自分主人公なのに敵も全員自分の姿とか…そんなゲームやったら確実に精神おかしくなりそうな気がします。


・カレーの王女さま
「面白いカレー」と言うことから缶カレーがあれこれ出てくると言う話なんですが、缶カレーと言う時点でもう何が出てくるかは想像つきましたわw

うん、クマとかシカとかその辺り出てくるだろうと思ってたらやっぱり出て来たわ!!w

自分、何気に変食好きなんでそういうのあれこれ食べてるサイトとか結構見ちゃうんですよね。なのでこのテのカレーがあるってことは知ってましたわ。まあ肉が嫌いなんで実際に食べたことは無いですけど。

あと、アザラシは本当に不味いらしいですね…アザラシと言うか海獣全般生臭いってのは何かで読んだ気がします。海獣じゃないけどウミガメなんかも結構臭いって何かで聞いた気が。

あーでもサバカレーは食べてみたいなぁ。肉はダメだけど魚は大好きだもんなぁ。

ところで来月のMAXはなんとこの作品が表紙&巻頭カラーだとか!!

もはやMAXは何が看板作品なのか全く分からなくなってきてますね…でもそれもまた更なるカオスで雑誌全体が面白くなりそうでいいんじゃないかなと。


・ふわふわ科学
雨に濡れたミソラにカホがタオル貸す→ミソラ「ん~カホっぽい香りがする」

kirara_max_201207_fwfw.jpg

ああ…いいなぁこの微百合感。いやMAXの一部の作品だったりミラクのある作品(特定し過ぎw)に見られるガチな百合も大好きですが、こういう本当にほのかな、百合と言って良いかどうかためらう程の微百合感ってのもホント捨てがたいです。

それはさておき今月のテーマはシリカゲル。つまり乾燥剤。乾燥剤なんてごくごく身近なものだけれど、でもシリカゲルはシリコン。シリコンはガラスや陶器、果ては携帯にまで入っているとかそんなこと知らなかったって人多いんじゃないでしょうか。と言うか僕は知りませんでしたw

連載当初からずっと「きちんと科学」している漫画だとは思ってましたが、最近その度合いが更にもう一段階上のランクへ進みつつある様な気がします。楽しく読んで、気が付くといつの間にか勉強になってるそんな漫画。

あと今月、地味にチエちゃんの出番が多かったのもポイントだと思います。何考えているのかよく分からない、掴みどころのないキャラではあるけれど、でもなかなかに良いキャラなのでもっとどんどん出てきて欲しいですね。


・スイーツどんぶり

なんだこの漫画!!

いやもうホントになんだこれはとしか言い様がありませんw毎回毎回ハイテンションな漫画だとは思ってましたが、でも今回は今までとレベルが違う。スケールが違う!!

新しく出来たレストランへ食事しに行ったと思ったら…なんなんですかこの展開!!

昔のジャンプに載ってた筋肉バトル漫画(北○の拳とか男○とか)にミスター味○子みたいなとんでもグルメ漫画混ぜてそれを四コマにしちゃったとでも言うのか…とりあえずきららの漫画のノリではありませんwかろうじて女の子が主人公ではあるものの「萌え」とか一切関係無しww

あと…敵キャラの豚原さんの最後の表情とか…あまりに画力のムダ遣い過ぎるwww

何気にこの作品って、今のきらら全誌である意味一番フリーダムに好き放題やってる漫画なんじゃって気がします。実はミラクに載ってる作品よりももっとカオスで前衛的かもしれない。


・放課後せんせーしょん!
乙女達の決戦…と言うことで身体測定の話ですね。今回はある意味コモモさん無双だったかと。

kirara_max_201207_hkg.jpg

「また育っちゃったー」

何が…ってもちろんおっぱいですよねおっぱいおっぱい!!(最低

しかし5センチって…男な自分にはよく分からないのですが、成長期の女のコって一年でそんなに大きく育つものなんでしょうか。

その後の上体そらしでもおっぱい引っかかる(?)とか何気に怪力発揮とか、とにかくコモちゃんが色々と美味しい回でした。しかし…あれだけ食べておきながらも体重気にするとかwwでも彼女の場合は幾ら食べても全部胸に行くので心配無い様な気もしますが。

あとキエちゃんの視力ネタは凄く凄く納得。どこが空いてますかと聞かれたら「まん中」…うん、目の悪い人間がメガネかけずにアレやればホントそうなるからw


・R18!
ああ、確かに言われてみればエロゲで窓の外の風景がどうとか多分ほとんど気にしないですよね。まあそれでも日常パートならまだしも、エロシーンなら多分そんなの全く目に入らないハズ!!w

あと原画のパースが狂ってうんぬんのくだり。なるほど…たまにネット上で見かける、気の狂ったとしか思えないエロゲ画像なんかを思い出しました。描いた側はそんなつもりじゃなかったハズなのに、結果としてキ○ガイにしか思えなくなってしまった様な画像ね…w


・√中学生
ああそうか。月ちゃんバイト初経験だったのね。でもしかし、仮にもどこぞの国の御姫様にバイトさせるとか…ある意味鞘ちゃん凄くないか?w

あと最後のファミレスドリンクバーおごる→お金足りないのくだりが妙にリアリティあって良いですね。中学生って実際にはまだまだ子供だもの、彼女達にとっては確かにドリンクバーも結構大変な出費のハズ。


・コスプレの神!
コスプレとかそういう趣味も昔に比べれば大分世間に受け入れられる様になってきたし、まあ親バレしたところで反対する親の方が少ないんじゃないかとは思いますが…でもそれはあくまで「普通の、節度ある」コスプレの話。

まあそりゃ…偶然見ちゃったのが「女体盛り」じゃあ反対もされますわwつーかそれ以前に果たして女体盛りはコスプレと言えるのかwww


・○本の住人
今回の話読んで改めてこの作品は絶対に映像化・音声化が無理な作品だと思いました。

いやだって…せりなちゃんの発してる言葉(?)、あれもしアニメやドラマCDでやるとしたらどう発音すりゃいいんだよ!!w

しかしなんだかんだでのりこはお兄ちゃん大好きッ子なのね。お兄ちゃん褒められて一日中ニヤケっぱなしだなんて…でもその褒め言葉、「アレ」とか「変人」とかそういう枕詞付いているんだけど彼女的にはそれでイイんだろうかw


今月はこんな感じでした。

いやはや…なんだか今月のMAXはいつにも増して盛りだくさんで大変でした!!

読むのも感想書くのもホント疲れた…まあ、楽しかったですがw

しかしそれにしても「ご注文はうさぎですか?」ヤバいですねぇ。この作品は連載開始当初からこう何かビビッと来るものを感じてはいましたが…やっぱり僕のその勘は間違っていなかった。

とにかく大好きな作品なんで今後もずっと応援していきたいなと思います。


Comment
この記事へのコメント
くすりのマジョラムのぬいぐるみ…気づかなかったw
上にあるでっかいぬいぐるみ、先月のアキタ・ランドゴシックからですね。
と思って見返したら、先月のくすりのマジョラムにアキタちゃんのぬいぐるみがありましたw

ご注文はうさぎですか?面白いですよね~
特に今回は盛りだくさんで、表紙も扉絵も素晴らしいし、感想書ききれませんね!
この作品だけで記事を作っても成立するかもしれないw
千夜ちゃんぬぎぬぎ…のところで、ココアがチノの目を隠していたのには笑いましたww
2012/ 05/ 21 (月) 10: 17: 06 | URL | クロスケ # vQU5PwVA[ 編集 ]
『きんいろモザイク』感想末尾の時点で、
スクロールバーがページの半分ぐらい進みますねww

巻頭の2作品もすごいですが、
今月は「スイーツどんぶり」→「放課後せんせーしょん!」のところで
テンションが振り切れそうでした。
方向性は違いますが、絵のパワーが両作ともすごかったです。

私も「マジョラム」の小ネタには気づきませんでした。
そしてクロスケさんと同じく、芋づる式に他のネタを発見…
2012/ 05/ 21 (月) 22: 57: 45 | URL | himoto # NkZVZrtM[ 編集 ]
すみません、追記&お願いです。
近日中に当方のブログで『放課後せんせーしょん!』について書く予定があり、
こちらのブログの「放課後せんせーしょん!」1巻の記事について少し触れさせて
頂こうと思うのですが、よろしいでしょうか?
2012/ 05/ 21 (月) 23: 21: 32 | URL | himoto # NkZVZrtM[ 編集 ]
>クロスケさん
先月の「マジョラム」のは気付きませんでした。今見直してみたら確かにアキタちゃん…。

いや今月はホント、「ごちうさ」だけで記事書こうと思えば書けました。それ位にもう内容濃過ぎて…。
本当は青山サンとかにも触れたかったのですがキリがなくなりそうだったので泣く泣くカットしました。

>>千夜ちゃんぬぎぬぎ
幼いチノちゃんにはきっと刺激が強過ぎるからですね。ちゃんとココアちゃんはチノちゃんの教育も考えているのです(?)

>himotoさん
>>スクロールバーがページの半分ぐらい
あ、ホントだ…今気付きました。
一体どんだけ巻頭の二作品に力入れて感想書いたんだ僕って感じですw

「スイーツどんぶり」→「放課後せんせーしょん!」ああ、ここそう言えばその流れだったんですね。
自分、前から順に読まずランダムに読んでくクセがあるので気付きませんでした…。
でも確かにおっしゃる通り、どっちも絵のパワーが凄いです。
と言うか「スイどん」は無駄に画力が高過ぎて…なぜそこまで豚原さんのやられ顔に画力を裂く…w

>>「放課後せんせーしょん!」1巻の記事
記事に触れて頂くのは全然オッケーですよ!!
むしろこんなウチみたいなブログの記事で申し訳ないくらいと言いますか、むしろこちらがありがとうございますと言いたくなってしまう位と言うかw

また書かれたら是非読ませて頂こうと思います。
2012/ 05/ 21 (月) 23: 42: 59 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...