カリフォルニア・ガロファミリーのワイン。
2012年 05月 24日 (木) 23:21 | 編集
財布を買ってしまいました。

wallet20120522

フェリージの、クロコ風型押しレザーのもの。

今まで二つの財布を使ってたんですが、そのうちメインで使ってる方がもういい加減ボロボロになってきてたのでそろそろ新しいの買わなきゃ…と思ってたんですよね。

加えて、もう一つの財布の方は小銭があまり入らないタイプなので、そっち使う時はコインケースを別で持ってたのですが、どうやらそれを先日どこかで落としてしまったらしく…。

なので、じゃあもう今が買い替え時だ!!と言うことで買ってしまいました。

本当はオロビアンコ辺りのナイロン素材の安いもの…とか考えてたんですが、結局レザーのものを買ってしまって予定よりも高く付く結果に。

まあでも、財布ってお金を入れるものだからここであまりケチるのは縁起良くないんじゃないかって気がしますしね。

しかし…この色のチョイスが我ながらなんと言うか…うん、緑好きにも程があるw


と、そんなところで昨夜飲んだワインの感想でも。

カリフォルニア・ガロファミリーのワイン。ビックカメラ酒販で678円。なんと700円を切る値段って言うのは僕がこのところ買ってる安ワインの中でも更に安い部類ですねw


まずは白。白はシャルドネ。

「Gallo FAMILY VINEYARDS CHARDONNAY 2009」
(ガロ・ファミリー・ヴィンヤード・シャルドネ)

WINE_20120523_01

WINE_20120523_02


栓はスクリューキャップ。まあこの値段のニューワールドのワインで本物コルク栓とかそんなの望んじゃいないんで別に構いやしませんw

グラスに注ぐと色は綺麗なゴールド。ただし、そんなに濃い色合いではありません。わずかにグリーンのかった薄めのゴールドと言った色調でしょうか。でも綺麗な色してます。

香りは甘い。アンズ系の甘やかな香りがたっぷりと感じられます。そこにわずかに乳酸系のニュアンスがありますね。


口に含むとアタックは柔らか。酸が非常に穏やかですね。でも味はしっかりしてる。とにかく味の密度が濃いなぁって気がします。

果実感もたっぷりなんだけれど、蜂蜜の甘さが実に豊かですね。味わいがとにかく素直で甘やかで飲みやすいです。でも、酸は穏やかなんだけれどきちんと一本芯が通っててダレた感じはしないなあ、と。

後口にはわずかながらミネラルっぽさもあります。


この値段だから当然と言えばそうなんだけれど、いわゆる複雑玄妙とかじゃなくって親しみやすい味わいのワインて感じなんだけれど、でもそうかと思いきやわずかな渋みなんかもあったりでそれなりに味わい深さもあるのが侮れない。

また、飲み進めるとアンズ系の香りの中にわずかにメロンや青リンゴなんかのちょっと上品な香りが感じられるのもいいですね。

甘さがたっぷりなだけに、これからの季節はキンキンに冷やして飲むととても美味しいんじゃないかって思います。値段的にもガンガン飲れちゃう感じですしね。


赤はメルロー。

「Gallo FAMILY VINEYARDS MERLOT 2009」
(ガロ・ファミリー・ヴィンヤード・メルロ)

WINE_20120523_03

WINE_20120523_04

こちらも栓は当然スクリューキャップですね。

グラスに注ぐと色は濃いです。が、濁ってて底が見えないと言うのではなく、わずかながら透明感も感じられます。黒ずんだ赤紫色。

香りは、ブドウジュースっぽい甘い香りがふわっと上がって来ます。あれ…このテの香りって安ピノノワだとよくある香りなんだけれど、メルローでこういうのは珍しい…と言うか僕は初めてかも。

グラスの中で馴染ませてやると黒砂糖系統の甘い風味もわずかに出て来ますね。


口に含むと、タンニンの渋みがしっかりと感じられます。香りを嗅いだ時には一瞬ピノノワっぽいとも思いましたが、味はやっぱり全然違いますね。

味わい自体は果実の甘さがたっぷり。タンニンの渋みはくっきりと浮き出ているものの、甘さが豊かなので飲みやすいんじゃないでしょうか。

ただ…個人的に残念なのは舌触りが…。なんと言うかさらっとしてるんですよね。個人的に赤ワインで舌触りがさらさらしてるのってあんまり好きじゃないんですよ。ちょっと粘度が高めな位の方が好き。

ボディはミディアムくらいなんだけれど、舌触りのせいで少し軽く感じられるかも。


時間が経つと香りが良くなってきますね。最初に感じた、ブドウジュースそのものって雰囲気は引っ込んでデーツや煮詰めたプラムの甘い匂いが出てきてメルローぽくなってきます。

これはすぐ飲むよりも時間置いた方が美味しいのかもしれません。とは言え、この値段のワインをデキャンタするのかと言う疑問が…ww


今回のワイン、個人的には白の方は好みだったけど赤はちょっと…かな。まあこの値段なら多少好みとズレてたからって文句も言えませんがね。



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...