「まんがタイムきららキャラット'12年7月号」感想。
2012年 06月 01日 (金) 17:52 | 編集
ハイ、ちょっと遅くなってしまいましたが…7月号のキャラット感想行ってみましょう。


kirara_carat_201207


・表紙
今月の表紙は「キルミーベイベー」と「はるみねーしょん」のコラボ。いやはや…コラボの表紙と言うのは非常に珍しいですね。と言うか僕が知っている限りでは初かと。

しかしなんと言うか…よくよく見るとカオスな絵だなぁ。無数に攻めて来たはるみ星人に対するキルミーの二人はメンインブラック的なアレなのだろうかw

でもこういうコラボ表紙と言うのも色々やってみると面白いかもですね。個人的にはMAXの表紙で「きんいろモザイク」「ご注文はうさぎですか?」コラボとか是非見てみたい。
まあ以前にTシャツでコラボしてるから可能性はゼロではないと思う。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか色々。


・Aチャンネル
休日に偶然見かけた鎌手先生と佐藤先生の尾行をしてたら…な話。しかしそれにしても佐藤先生に対する皆の認識の酷いことと言ったら…w

まあ、普段の言動が言動なんで仕方ないんですけどね。大体がるんちゃんのことをオデコで認識してるとかもう何もかもがおかしいよこの人ww

でも佐藤先生は結局ノーマルな人では無いっぽいけど、だけど大人の女性でも鎌手先生なら大丈夫なんだな。親しげに「ちゃん」付けで呼んだりもしてますし。

しかしそれにしても鎌手先生のカッコ良さ。生徒達に尾行されてたのを実はきちんと気付いていて、去り際にさりげなく声かけるとか…実際この人は凄いデキる人だと思う。前にも生徒達から相談持ちかけられたりとかそんなエピソードありましたしね。

あと今月のキモはこれ。

kirara_carat_201207_ach

前髪下ろしるんちゃん。絶対このコはオデコ隠した方が可愛いと思います。まあ佐藤先生的には残念なんでしょうけどw


・ラッキー・ブレイク
なんだか今月はやたらとエロかった気がします。まあお風呂回なのでエロくなって当然と言えばそうなのかもしれませんが、しかしそれにしてもエロい。

kirara_carat_201207_lkbr

だってこの生田サンのコマとか、もうごっくんしてる様にしか見えないよね。

実際にはただの水をごっくんしてるだけなんだけれど、でもこれ水じゃないもっと白濁してドロっとした何かをごっくんしてるとしか思えないです!!(力説)

その後の転んでケガして足舐めてるコマとかもういちいちエロい。あと転んだ時の皆の反応とかキシモンのセリフとかから察するに見えちゃったってことですよね。何もかも全て見えちゃったってことでイイんですよね!!


ふぅ・・・。


・けいおん!
と言うワケでキャラットの高校編はどうなるのかと一部で騒がれていた「けいおん!」ですがやっぱり高校編も終了と言うことです。残念!!

まあ個人的には正直、大学編の方は終わっても仕方ないなと思ってたんですよ。でも高校編は後輩二人のキャラもいい感じに出来あがって来てこれからって感じだったので本当に残念。

ああ…キャラットでの楽しみがまた一つ減るわ。そうでなくとも今、個人的にはきらら誌で一番つまらないのがキャラットなのに(ぶっちゃけた)

ま、そんな「けいおん!」あずにゃん部長編ですが、今回もいつも通りに安定して面白かったです。色々な人の色々な面がまた明らかになった感じがあって。

あずにゃんの後輩二人に対するベタベタ。これって完全に唯ちゃんの影響ですよね。しかしずっとベタベタを嫌がってたハズなのに同じことをしてしまうとは…これが歴史は繰り返すと言うヤツなのかw

あと、ここに来てまた後輩二人にクローズアップ。今回は奥田サンの家族だとか出てきて賑やかでした。まさか四つ子の弟がいるとは…奥田サン家って大家族だったんだなw

それにしても奥田サンとスミーレちゃんの後輩二人組の関係性って凄くいいなぁと思うんですよ。強引に自分の家にスミーレちゃんを泊まらせて、そこで自分の家族に対する想いを例に出しながら軽音部の皆の菫に対する想いを伝えて彼女の不安を取り去って…。

その前の、帰宅中のシーンも良かった。先輩達への二人のキモチ。

kirara_carat_201207_kon

何も言わずにただ涙する奥田サンには読んでてこっちもグッと来るものがありました。

しかし…最終回直前にしてこうもキャラ掘り下げてくるとはなぁ。これはますますもっと彼女達の物語を追ってしまいたくなります。かきふらい先生、なんて残酷なことをしてくれるんだ…w

あと、後輩二人にメインスポット当てながらも最終的には大オチで憂ちゃんが全て持って行っちゃった件。まあ、あのコなら指6本必要なパートが弾けちゃっても不思議じゃない気がしますww


・ひだまりスケッチ
kirara_carat_201207_hdmr

カラーで夏目ちゃん来たぁあああ!!!

おまけにひだまり荘のクリスマスパーティに参戦です!! 今のこの時期にクリスマスとか季節外れとかそんなコト言うんじゃねぇ!! 夏目ちゃんが遂に遂にひだまり荘にやって来るんだぜ!!!

しかし…まさかここに来て夏目ちゃんがひだまり荘に来る話やるとは。先月の智花ちゃん初登場とかうめ先生のここ最近の攻めっぷりは凄いな。一体どうしちゃったのさ。

まあ、今まで出てた伏線(?)全て回収と言うことで話が終わりに近付いているフラグと言う感がしてならなかったりもしますが。冗談抜きでこの秋のアニメ四期と同時に原作終了とかあり得そうな気がしてきた。

そんな今回の話、色々と見どころ詰まってて良かったですね。夏目ちゃんが可愛かったのは勿論ですがそれ以外にも色々と盛りだくさんだった気がします。

個人的にはさりげなく乃莉×なずな推しだった回だったんじゃないかと。夏目ちゃんメインと見せかけてこの二人にかなりスポット当ててましたよね。ケーキ入刀ゲームがこのカップリングとかこれは明らかに狙ってやっている!!

最後の夏目×沙英のシーンもいいですね。夏目ちゃんがきちんと沙英さんの小説読んでたのが本人に伝わって良かったんじゃないでしょうか。

だけど…夏目ちゃんの想いが実ることは無いんだろうなぁ。だって沙英さんにはもうヒロさんと言う心に決めた相手がいるワケで。

と言うワケで夏目ちゃんは僕が貰っておきますね(色々とアレな僕の頭)


・ベイビードール
読み切り作品。ここ最近のキャラットのゲスト(ベテラン除く)では絵柄も話も一番可愛らしくて良かったんじゃないかと思います。

仲良し姉妹のお話。と言うと「ぴよぴよえにっき」を思い出しますけど、あんなピュアな感じでは無いですね。お姉ちゃんが妹大好きなのはイイけれど、アブナイ人一歩手前のアレな溺愛っぷりw

実際作中でも「変質者」呼ばわりされちゃってますし…ww

でもアレなシスコン姉妹モノは個人的には大好物なのでいいぞもっとやれな感じです。とりあえずもう数回読み切りで掲載希望。


・ぱわーおぶすまいる。
毎回毎回思うんですが、この作品読んでると壁バンしたくなってたまらなくなるこの感覚は一体何なんでしょうか…もうねまさに「リア充爆発」とか言うヤツ。

この作品の中にMAX連載中の「彼氏ってどこに行ったら買えますの!?」の亜梨香ちゃん連れてきたら一体どうなっちゃうんでしょうねww

だけど壁バンしたくなるんですが決して不快じゃないです。むしろどういうワケか結構この作品好きだったりしますよ僕w

しかし何と言うか…まゆちゃんは無防備にも程があると思うんだ。警戒心が無さ過ぎると言うのか。これそのうち襲われるぞ。いや今回も皆が後をつけてなかったら危なかったんじゃないか…。

そんなワケで宗馬クンはもっときちんとくっついてまゆちゃんのことを見守っていた方がいいと思うんだ。リア充爆発だけどそれでもいいと思うんだ。


・インプロ!
文化祭での劇大成功→ファンレター(ラブレター?)来ちゃってどうしよう…な話。

女子から女子へのラブレターって漫画の中だとよくある話ですけど、実際にこういうのってあるんでしょうかね。まあでもこれがきららみたいな作品の中だけなら単なる妄想・幻想かなって気もしますが、少女漫画でも度々あるネタだから本当にあるんだろうなぁ。

でも男子→男子のラブレターはまず聞いたことが無い不思議w

しかし今回の大オチはまさかそっちに行くか…と妙に感心しつつ笑ってしまいました。

優希サンにたくさんラブレター(元々普段からしばしば貰ってる)
    ↓
ミャー子ちゃんにもラブレター(だけど間違いだった)

この流れからミャー子ちゃん宛てラブレターも本当は優希サン宛てだったんだろううなぁと思いつつ読んでたら、まさかの沙耶サン宛てだったとは…。

そして沙耶サンが優希やミャー子に言ったセリフがきっちり伏線になってる。ラブレター受け取った彼女らへの「きちんと返事すべき」「素直に自分の気持ちを」これが自分自身にブーメランとして返って来ちゃったこのオチw

だけどこのオチでの彼女の慌てっぷり。普段強気で悪魔で女王様な沙耶サンですが、実は案外とピュアな普通の女のコなのかもしれないですね。


・はるみねーしょん
大人って何だろう?にまつわるあれこれ。

三人の最後のやりとり、大人になるに向けて「どう変わって行くか」を話す坂本サンと高橋サンに対しての細野サン「無理に変わろうとしなくていいんじゃないかな」。

この一言でなんだかいい話ぽく終わるかなと思いきややはりそんなことは無くいつも通りのはるみねーしょんでした。巨大ロボってwww

しかし彼女達を名前じゃ無く名字で表記してしまうと…うん、アレですねw
「変わる」と言うセリフと相まってラガーのCM思い出したw


・セカイ魔王
そうか…魔物は味が無いのかwwだからニッカさんは魔物よりも人間の食べ物の方を好んで食べると言うワケか。

二人の魔物調理シーンとかなんだか妙におかしくて笑いが止まりませんでした。美少女二人が魔物を捕まえて食べようとしてるとか、冷静に考えるとかなりシュールな絵だと思います。

あと新たに登場した高等な魔物のタカさん…パンツ頭に被った鳥とかもうホントにアレだなおい!! マオちゃんとニッカさん以外の高等魔物はロクなヤツがいないじゃないか…ww


・ネガ→ポジ
綾乃ちゃんは一人にしておけない可愛さのあるコだなぁと再確認。

だけどこういうコに限って席替えで一人別になるとか何と言うお約束wwうんアレだ。この作品がずっと連載続いて進級→クラス替えとかなったら綾乃ちゃんは絶対一人別クラスにされると思うw

しかし綾乃ちゃんは音々ちゃんに後ろから触られたり膝に座られたりされるのは嫌なのに、だけどずっとくっついて友達なんだよなぁ。

あれ…これがもしや俗に言う「嫌よ嫌よも好きのうち」とか言う(たぶん違う)


・先輩には頭が上がらない!
「CIRCLEさーくる」の榊先生の新作ゲスト読み切り。

…ってあれだけ長く続いた作品の作者さんですら、いきなり連載とかじゃあなく読み切りからのスタートなのかよ!! 恐るべし…恐るべしだぜきらら…。

ってこれ、先月の都桜和先生でも同じこと言ったかw

いやしかし恐ろしい…本当に恐ろしいわきらら。

あ、この作品なんだけれどとりあえず個人的には非常に面白く読めました。

やっぱり自分自身がサラリーマンやってるからか、学生主人公の話よりもこういう社会人視点の話の方が色々と感情移入出来るんですよね。

とりあえず迎センパイの時任クンへの一言。

「仕事は何時間したかじゃなくてどれだけこなすことが出来たか」

このくだりはウチの職場でだらだらいつまでも残業してる連中に聞かせてやりたい。いや個人的にはもう物凄く同意で共感覚えまくりでした。

仕事には要領とある種の割り切り・諦めも必要だと思うんですよ。場合によっては馬力に任せて残業だ休出だとして大量の仕事を片付けるのも必要だとは思いますが、でも限られた時間の中でやれる限りのことをきっちりこなす能力も大事だと思うんです。

残業が多過ぎる、いつまで経っても仕事が片づかないと言うのは職場に問題があるか、でなければ本人の自己マネジメント能力の欠如だと、僕はそう思うのですよ。

しかし迎センパイ…隠れオタクなのかw

この辺りのエピソード、同じ隠れオタの自分としては非常に親近感が沸くと同時に気をつけなければと言う気にもさせられます。

いや自分も会社帰りにそういうショップ寄ることは度々ありますが、いつどこで誰に見られているか分からないからホント気をつけないとなぁw


・ひとより××
オチに大爆笑でしたw

修学旅行→奈良でシカになりきるひより。この流れまでは分かるんですが、まさか最後の最後で本当にシカと間違って奈良公園に置き去りにされてるとはww

でもつばめちゃんが故意にやったんじゃなかろうかと言う部分も否めない気が。


・平成生まれ
ああ…初めてこの作品に心の底から同意したわ…!!

いや何がって、最後の藤井サンのセリフ「セミ食べてみたい」

うん、僕もここ数年ずっと夏になる度に思うのですよ。セミ食べてみたいなって。いやアレは昆虫の中ではかなり美味い方だと聞きますし、ホントいつか食べてみたい。

まあいざとなったら自分で捕まえて食べることも出来ますが、さすがにそれはちょっとワイルド過ぎるのでどこか出してくれる店無いか探してみようかなぁ…。


今月はこんな感じでした。

あれ…なんだか全体的に先月よりもテンション高く読めた気がします。と言うかここに感想上げた作品はおおむね楽しんで読めた気が。

ただ、自分の中でますます好きな作品とそうでない作品との差が広まってる様な気がします。キャラットに関しては。

MAXなんかは自分的にはホント大体の作品を楽しんで読めてるもんなぁ…うーむ、これは本当にどうしたもんでしょうか。


Comment
この記事へのコメント
「ぱわーおぶすまいる。」や「あっちこっち」、「箱入りドロップス」のような作品は、
いくらイチャつかれようとも楽しめますね。男の方も良いキャラで、女の子とお互いを
本当に大事に思っているのが良いのかもしれません。こう書くとまた、壁を殴りたくも
なりますけどねw

「先輩には頭が上がらない!」もそうなんですが、自分も最近オフィス系の作品に
感情移入しやすくなったのは、良いことなんだか悪いことなんだかw
「きらら」だとある程度理想化されている部分が大きいので、安心して読めますね。

私はキャラットの方がMAXより、作品どうしの好みの格差は小さいですね。
キャラットの方が平均付近に固まっている感じです。
今月はGA休載でしたが、結構楽しめました。
2012/ 06/ 01 (金) 23: 01: 52 | URL | himoto # NkZVZrtM[ 編集 ]
おかえりなさいませ!

「ぱわーおぶすまいる。」に、「彼氏ってどこに行ったら買えますの!?」の亜梨香を放り込んだら…
まさに「リア充爆発しろ!」ってことになるんでしょうねw
ぼくも、こいつら仲良すぎだろ!と思いながら読んでますが、不思議とこの作品気に入ってるんですよね。
早くコミックスでないかなぁ~

>>しかし…最終回直前にしてこうもキャラ掘り下げてくるとはなぁ。

もう終わっちゃうと言うのに、全然そんな感じはしませんね。
むしろまだまだ続けられそうな。それだけに残念!
2012/ 06/ 02 (土) 00: 02: 11 | URL | クロスケ # vQU5PwVA[ 編集 ]
>himotoさん
確かにきららのいちゃ系作品はなぜか読んでても腹立たないのが多いんですよね。
おっしゃる通り、男性キャラが良いんだと思います。
なかでも個人的には「箱入りドロップス」の陽一クンが凄く好感度大ですね。雫ちゃんを見守るあの感じと関係性がいいなぁ、と。

MAXの方がクセの強い作品が多いので確かに好き嫌いは分かれるのですが、でも好きに分類される作品が多いんですよね、僕の場合。
あと、苦手だと思ってた作品が急に好きになるパターンもMAXだと多いですし。
(スイーツどんぶりとか正にそうでした。前回の怒涛の展開でいきなり好きになりましたw)

>クロスケさん
「ぱわーおぶすまいる。」なんだかんだで僕も単行本買ってしまいそうです。
亜梨香ちゃん放り込みは読んでてなんとなく思いついたのですが、実際にやってみたら凄く面白いことになりそうw

「けいおん!」ですがホント次回で終わりとは思えない雰囲気でした。
せっかく後輩二人のキャラがいい感じで固まって来てるのに終わってしまうのは本当に残念な気がします。
2012/ 06/ 02 (土) 08: 52: 41 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...