武豊線乗ってきた。
2012年 06月 30日 (土) 08:21 | 編集
昨日は予想外に天気が良かったので久々に乗り鉄…と言うことで武豊線に乗りに行ってきましたよ。いやいい加減何か乗り鉄しないとこのブログの本業を見失ってしまいそうで…w
ウチはまんがタイムきららの感想ブログでは無いのです…多分。

本当はもっと遠出して明知鉄道なり長良川鉄道なり乗りに行きたいと思ってるんですが、なにしろ思い立ったのがお昼前の結構遅い時間だったので、じゃあ近場でどこか行ってみよう、と。

このところずっと気動車乗ってなくてディーゼルエンジン分が不足してましたし、じゃあ近場で手軽に行けるしちょうどいいやと言うことで武豊線をチョイス。


JR東海道線の快速列車に乗って一路大府へ。大府で武豊線に乗り換えです。

武豊線と言えばこの10年くらいはずっとキハ75が走っていましたが、去年くらいから新車が導入されましたね。日中の運用はほとんどその新車がまかなっています。


それがこちら、キハ25。

http://oging.blog63.fc2.com/blog-entry-812.html


凄く…すごく313系ですwww


いや313系そっくりだと言う話は聞いてましたがまさかここまで激似とは。これ全く見分けがつかないでしょう。パンタグラフがあるか無いかの差異しか無いんだもんw


車内へ入ってみると…。

20120629_taketoyo02

これまたどう見ても313系ですww

ずらりと並んだ転換クロスシート。そのモケットは鮮やかなブルー系。ホワイトの化粧版でまとめられた室内。荷物棚の形状から天井の雰囲気まで全て313系と同じ。


いや…幾らなんでもここまで完全コピーしなくてもwww


まあJR東海的に313系を標準車両と位置付けたいのは分かりますが、でもやっぱり趣味的にはもっと色々な個性の車両を見てみたいと思うのですよ。
そんな風だから倒壊なんて言われるんだよ!!


さて、キハ25の普通列車は大府駅をゆっくりと出発します。出だしは近年の気動車にしてはやや重くゆっくりとした印象を受けますね。

エンジンの音はゴゴゴゴ…と言う低いうなりが中心で、その奥からかすかにヒュィーンと甲高い音が聞こえてきます。あまり騒々しい感じではありません。調べたところどうやらカミンズのエンジンを使っているみたいですね。

まあ、久々の気動車としては若干物足りない感もありますが、しかしそうは言ってもこの独特の乗り心地はやはり気動車特有のもの。音だけじゃあなく、走りや揺れも電車のそれとは明らかに異なります。


武豊線の車窓はこんな感じ。

20120629_taketoyo03

ずっと田園風景が続きます。どこまでも広がる水田や畑。抜ける様な青空。ああ…なんとものどかな光景です。

あとはそれに、ところどころ工業地帯の様なところを走ったり、また駅近くは住宅地が広がったりと言った感じです。


大府を出て30分ちょっとで終点の武豊に到着。

20120629_taketoyo04

ホームは一線ですが、結構長く感じられます。


ホームの端の更にずっと向こうには車両止め。

20120629_taketoyo05

ああこれ…これですよ。これがあると終着駅ってムードが高まりますよねw


ちょっと変わってるのがこの武豊駅。ホーム内になんと池があるんです。

20120629_taketoyo06

小さな小さな池ですが…でもまさかホームに池があるなんて。これはなかなか、他の駅ではちょっと見たこと無い光景です。


20120629_taketoyo07

さて、武豊駅を出て、ちょっと辺りを散策してみましょう。どうやら近くに鉄的に面白いものがあると言う話らしいですし…。


武豊の駅を出て郵便局の角を曲がり、そのままずっとまっすぐまっすぐ歩いて行きます。10分ちょっとほど歩いたでしょうか。小さな公園があります。

20120629_taketoyo08

ここ、かつては武豊港駅があった跡地なんですね。更に言うと明治時代に開業した旧武豊駅で愛知の国鉄の始まりの場所なんだとか。

その辺りがこの石碑に色々と書かれています。

20120629_taketoyo09


公園内にはこんな駅名プレートも。

20120629_taketoyo11


また、こんな信号機もあります。

20120629_taketoyo12


さて、この公園の一番のメインがこちら。

20120629_taketoyo10

これ、何かと言うと…転車台なんです。元々ここにあった武豊港駅で使われていた転車台が修復されて保存展示されているんですね。

この、線路が十字に交差するタイプの転車台は物凄く珍しいもので、日本では他に残っていないんだそうです。

しかし…そんな物凄く珍しいものがあるスポットなのに…。僕が訪れた時、人は他に誰もいませんでした。まあそりゃ平日のまっ昼間にこんなとこわざわざ来る人の方が珍しいのかもしれませんが…でももっと注目されたっていい場所なのに。


と、鉄的に貴重なものも見られて、久々に気動車のエンジン音も楽しめて…思いつきの近場旅だった割には結構満足度の高い鉄旅でありました。

さて…いよいよ夏本番。今年は色々と乗りに行きたいなぁと思ってます。


Comment
この記事へのコメント
どうも、中途半端な廃線好きです。

趣味で廃線跡の探訪をしているサイトを眺めていて、「転車台跡」だという丸い土地が
出てくるのを見たことはありますが、なるほどこういうのが載っかっていたわけですか!
綺麗に残してあるなんて粋ですね。

調べてみると武豊駅の3本の線路は、かつては車止めの先もつながっていて機回しに使ったとか、
武豊駅-武豊港駅間にも枕木やバラスト、橋台も残っているとか、ロマンを感じました。
行ってみたいなあ。

車両は実に今のJR東海汎用型という感じですね。確かにもう少し遊び心が欲しいかもしれませんw
せっかくのディーゼルカーですし…武豊線の車窓にはミスマッチな気もします。
2012/ 06/ 30 (土) 10: 14: 17 | URL | himoto # NkZVZrtM[ 編集 ]
>himotoさん
まさかこの記事にコメント頂けるとは…ありがとうございます。一応こういう記事がウチのブログの本来あるべき姿ではありますが…w

武豊の転車台は砂に埋もれていたのを当時の小学生が発掘したらしいですね。それを修復して展示しているのだとか。

車両はホント…ちょっと味気ないかな、と。この風景には国鉄型の重々しい気動車が一番似合うんですけどね。

廃線跡巡りは正直あまりしたことが無いのですが(基本乗り鉄なので)、でもやってみたら面白そうですね。
2012/ 06/ 30 (土) 13: 54: 59 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
はじめまして。いつも楽しく見ています。

きららの感想記事も良いですが(私もきららはいつも読んでいます)、
こういう鉄道の乗車記が一番好きです。

昔名古屋に住んでいた事があるので、
名鉄やJR東海の路線はよく乗りに行っていました。
武豊線は電化するらしいので、それまでにまた乗りに行きたいです。
2012/ 06/ 30 (土) 15: 08: 49 | URL | メボチャン # wCTfycm6[ 編集 ]
>メボチャンさん
はじめまして。いつも見て頂いてるそうで、ありがとうございます。しかも鉄道の乗車記が一番好きとのことで…本当にありがとうございます!!

武豊線は数年後に電化と言う話が出てますね。そうなると武豊線の気動車が高山線に転属→キハ40が廃車と色々大きく変わりそうな予感がします。
武豊線含めJR東海の非電化路線は今のうちに乗っておいた方が良いかもしれませんね。
2012/ 06/ 30 (土) 20: 05: 55 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...