イタリアワインで久々のヴェルメンティーノとか。
2012年 07月 11日 (水) 07:54 | 編集
昨日は休日で天気も良く、どこかお出かけ…と思ったのですが結局どこへも行かずに部屋の中に引きこもって一日終わってしまいましたw

だって…まんがタイムきららの発売日翌日だったんだもん。

感想書いたりとか色々忙しいんだから仕方ないじゃない!!(逆ギレ


まあ、休みの日は色々と有意義に過ごしたいもんですよね。今年の夏はホントあちこち出かけて乗り鉄したいと思ってます。

と言っているうちにもう7月も半ばに差し掛かろうとしているワケですが…。


と、そんなところで昨夜飲んだワインの感想でも。


昨日はイタリアワインでした。金山駅構内のKALDIで買ったもの。

まずは白。

「CANTINE DI DOLIANOVA Vermentino di Sardegna 2011」
(カンティーネ・ディ・ドリアノーヴァ・ヴェルメンティーノ・ディ・サルディーニャ)

WINE_20120710_01

WINE_20120710_02

品種はヴェルメンティーノ。ヴェルメンティーノってイタリアでは結構有名な品種ですが僕はまだ2回ほどしか飲んだことありません。しかもあまり印象に残ってないと言うね…w

このワイン、お値段は880円とかなりお買い得でした。まあ、これ位の値段ならば万が一ハズしちゃっても割りきれますね。

ちなみにラベルにあるカンティーネ・ディ・ドリアノーヴァと言うのはサルディーニャ島の生産組合のことらしいです。


さて、まずは抜栓。このワイン、栓はしっかりと本物のコルクを使ってます。この値段でコルク栓とは感心感心…しかも結構しっかりと刺さっている様で抜くのにちょっと難儀しましたw

抜いた栓を嗅ぐと青リンゴ系統の爽やかな香りがほんのりと感じられます。


グラスに注ぐと色は綺麗なゴールド。そして結構緑みが強い色合いですね。黄緑色とゴールドの中間色と言ってもいい位にグリーンのニュアンスが出ています。

香りはリンゴやアプリコットの雰囲気が強いですね。その奥にハチミツの甘い風味も少し感じられます。


口に含むと…とてもフルーティかつフレッシュ!!

口いっぱいに青リンゴの甘酸っぱい美味しさが広がります。イタリアのカジュアルな白には青リンゴっぽい感じのワインが多いですが、しかしよくあるそれよりももっと味わいが強いですね。

微発泡なのか、ほんのわずかにプチプチとしたものが感じられますが、でも微発泡が苦手な僕でも全く気にならないレベル。


フレッシュな飲み口ではあるのだけれど、意外とコクがあります。スッキリと酸が強いかと思いきやそうでもなく、甘みがたっぷりとあってふくよかなんですよね。

また、味わうと舌の奥に感じる微妙な苦みもあったりで、なかなか複雑味もあります。

いやはや…これで880円なら物凄いお得感だわ。個人的には今まで飲んだことあるヴェルメンティーノで一番美味しかったです。と言うかこの品種を初めて美味しいと感じましたw


赤はいわゆるキャンティー。

「CHIANTI DON ANGELO 2010」
(キャンティ・ドン・アンジェロ・D.O.C.G.)

WINE_20120710_03

WINE_20120710_04

キャンティーて言うとイタリアのカジュアルでライトな赤ってイメージが強かったりしますが実際のところどうなんでしょうねぇ?

このワイン、品種はサンジョヴェーゼ主体だそう。ちなみにお値段は1076円。


さて、こちらのワインも栓はきちんとコルク栓ですね。抜いたコルクを嗅いでみるとプラムのジャムがほんのりと感じられます。

グラスに注ぐと色は濃いですね。かなり濃いです。グラスの底が見えるか見えないかと言う程にしっかり色づいた、黒っぽい紫色です。

香りもこってり。そんなに広がりのある香りでは無いのだけれど、こってりと詰まった赤黒い果実のニュアンスがあります。そこにオークのチップの様な燻した風味も感じられますね。


口に含むと…ああ、まったりとしてどっしり。

果実味は豊か。赤黒い果実の味わいがたっぷりと感じられます。しかしそれはハッキリとプラムだとかベリー系だとか分かる感じではなく、まったり、はんなりとした果実感。

タンニンの渋みは程々なんだけれど、チップ系の燻した風味がよく出ています。

全体的に優しい味わいではあるのだけれど、酸味や苦みなど、味のエッセンスがところどころでエッジが効いていますね。

時間が経つとブラックチェリーの様な香りが徐々に立ってきます。と言ってもピノノワのそれとは全く違う感じで、なんと言うかもっと野性味あふれる香りですね。

ボディはミディアムとフルの中間くらい。結構飲みごたえがあります。と言っても嫌なクセだとかは全く無いので飲みやすいです。


いやはや…これもまた美味しい赤でした。しかしキャンティーがライトなワインとか言ったのは一体どこの誰ですか。全然軽いワインでは無かったですよ?

ま、赤は重めの方が好きなので問題ないですがw


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...