「まんがタイムきらら'12年9月号」感想。
2012年 08月 10日 (金) 23:50 | 編集
さあ世間がコミケで盛り上がってる中、昨日発売のきらら感想行ってみましょう。今月のきららは何かと色々「ニュース」な号でしたよね?


kirara_201209_s


・表紙
表紙は「ゆゆ式」。ゆゆ式と来ればいつもの三人…となるところがそこに相川サンとおかーさん先生のおっとり巨乳コンビも加わって賑やかに。

で、下の方を見るとなんとそこには…。


TVアニメ化決定!


いやもうビックリです。まさかこの作品アニメ化されるとはね…。

そりゃまあ無印きららの中では結構長いこと連載していて、なおかつ何度か表紙や巻頭飾ってる看板クラスの作品ですからアニメ化されても当然と言えば当然なんですが…しかし…まさかなぁ。

いやだってこの作品って読んでる人なら分かると思いますが独特の間と言うか空気と言うか。そんなのを果たして映像で表現できるんでしょうか? うーん…正直言うと不安しか沸いてこないぜw

まあ、絵的・キャラ的にはアニメ向きだとは思うんですけどね。女のコ可愛いし個性的だし。

とりあえず相川サンとおかーさん先生のあのWおっぱいをどうアニメで表現してくれるのかを期待して待ちたいと思います(おい


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・ゆゆ式
表紙に続いて巻頭カラーもこの作品。まあアニメ化決定号だから当然と言えば当然。

…なんだけど、中身はアニメ化とかそんなの関係なく、全くもって平常運転でしたw

しかしゴリラの話…深いですね。つい調べてしまいましたけど本当にそんなゴリラがいるのか。つーか死生観理解してるとか凄いな、ゴリラ。


・チェリーブロッサム!
前回から登場の従姉・三葉さん。結構好みです。この作品の女のコで初めてかもしれない、素直に可愛いと思えたコは。


・しかくいシカク
夏っぽいネタ…と言うことでちょっとホラーな話。

かと思いきや新キャラ登場と言うお話でした。

新キャラのベニーちゃん(茜っちの妹)、一見パッとしない感じに見えて実は…と言う典型的な隠れ美人キャラですね。作者さんがツイッターで「最後のレギュラー登場」と呟かれてたらしいのでレギュラーキャラとなるものと思われます。

しかし…中三で二次性徴始まったって遅くないか?w
いやむしろそれがイイはぁはぁ


・女子大生生活様式
連続ゲスト四回目。って大抵のゲストって三話で終わるのに四話目とはこれいかに。

この作品、前回位から実はかなり好きになってます。なんだろうなぁ…凄く自然に、大学生のあのだらだらさ加減が出ていると思うのですよ。

きららの作品ってどうしても女子高生が主役の作品が多くて、対して女子大生が主役の作品てあまり無いんだけれどそれってやっぱり大学生になると色々と世界が広がって、その分萌え四コマの範疇でやるのが難しくなるから…と言うのはあると思うんですよね。

某有名人気作品(あえて「某」としますが)の大学編も正直苦しそうだった感は否めないですし。

でもこの作品は本当に自然体でそれがいいなぁ、と。ちゃんと大学生してるのにちゃんと萌え四コマしてる。

あとねねちゃん可愛いです。ことねになって怒られたい。


・箱入りドロップス
他の作品の大半が夏真っ盛りの中、一足先に秋の話と来ましたか。まあ実際「9月号」なんで秋の話やっても不自然じゃないと言えばそうなんですけどね。

秋と言えば紅葉。紅葉と言えば落ち葉…で落ち葉拾い。

皆(と言うか主に萌と純)の気遣い(と言うか興味心)で雫ちゃんと二人っきりにさせられて緊張してる陽一クンのウブさがなんとも良かったですね。

と言うことは彼は彼なりに雫ちゃんのことを意識はしているのだな…。

逆に全くそういうそぶりの無い雫ちゃん…彼女の場合、ピュア過ぎてそもそも恋愛感情とかそういうものの概念すら無いんじゃないかと言う気がします。

この二人って、萌や純曰く「時間の問題」とはあるものの、実際にそういう関係になるのはまだまだ先だろうな…て気がしますね。まあ傍から見れば充分にカップルなんですがw

でも「爆発しろ」とか言いたくなるんじゃなく、ただ見守りたくなる微笑ましいカップルなのがいいですよね。


・幸腹グラフィティ
まさか…まさかこの作品が無印きららにゲスト掲載される日がやってくるとは…。

ええ、きららミラクで今イチバン乗りにノッてる作品の登場ですよ!!

この作品と言えばとにかくその「食べる」シーンの凄さに定評があるワケですが、ゲスト掲載でもそれは手を抜くことは全く無く、全力でぶつけて来ましたね!!

50ページのきりんちゃんの食いっぷり連発(妄想シーンだけど)とかホント凄い迫力。

そして極めつけはアイス。夏と言えば美味しいアイスは定番どころ。しかし…。

kirara_201209_khk_s

これはアカン!!w

いやもうこれエロ過ぎです。リョウちゃん…それアイス食べる表情(かお)じゃない!!

その後のきりんちゃんもエロかったですし、四コマ目の二人で一本のアイス…とかもうどう考えても狙い過ぎです!!

まあそんな感じで迫力ある食べっぷりも、色っぽくえっちな(?)食べっぷりもあますことなく披露した後はいつも通りに暖かい感じで〆。

「箱アイスは一人だと中々買わない」「二人だから買えたって事が幸せ」

ああ…この暖かさ。これこそがこの作品の真骨頂なんですよね。ゲスト掲載と言うことでミラクのいつもの掲載よりずっとページ数少なめでしたけど、でもしっかりとこの作品の魅力が詰まってた話になってたと思います。

しかしミラク未読で初めてこの作品を読んだ人…多分リョウちゃんが美術予備校に通ってるとかそんな風に思わないよね。一応言っておきますとリョウちゃんは料理人志望でも何でもないです。今のところは。


・リリウムあんさんぶる
この作品、正直言うと僕はまだ今のところ様子見かな…と思って読んでたんですが、ツイッターで自分の相互フォロワーさん(きんいろモザイク・ご注文はうさぎですか?クラスタ)の間でやたら好評なんですよね。

と言うワケで今回ちょっと意識的にしっかり読んでみました。なるほど…確かになかなかこれは良いかもしれない。

まだまだ5人の関係性がつかめてこない部分はありますが、これは展開次第ではかなり面白いことになるんじゃないかと言う気はします。特に百合的なイミで。

あと今月はなんかやたらエロかったですね。63ページ~64ページにかけて、一コマ目にいちいち挿入されるお風呂シーンもそうなんですが、61ページのカリンちゃん二コマぶち抜きでベッドの下に潜る図がたまらなくエロかったです。

ごちそうさまでした…ふぅ。


・天然あるみにゅーむ!
今月のきららはやたらと夏を意識させるイベント回の作品が多いなと思ったのですが、その中で個人的に一番強烈に夏を意識させられたのがこの作品。

バイトで船掃除…をやりつつもなんだかんだで綺麗な海をクルージングして泳いで魚釣って食べてって思いっきり夏を満喫してる。いいなぁうらやましい!! 

なんと言うか、「ナツの楽しさ」がたくさん詰まってた回だったと思います。どこまでも暑い日本の夏。だけど暑いからこそ楽しい日本の夏。


・√中学生
MAXからの出張ゲスト作品。ゲストだからと言って気負うこと全く無く、完全にいつものノリでやって来ましたねw

数学…と見せかけて国語の問題みたいなネタ。言葉のマジック的な部分と月ちゃんの外国人設定とを絡めた感じですね。

いや僕はこの作品かなり大好きですし、月ちゃん達のこの掛け合いの雰囲気とか気に入ってるんですけどMAX未読で初めて読んだ人は一体どう感じたのかしら…私、気になります!

とりあえず今月にコミックス発売なので皆さん買いましょう!!(ステマ)


・スマイル・スタイル
今回はお弁当ネタとしゃっくりネタとの二段構成。

前半のお弁当ネタ、委員長が百合ちゃんのカラアゲ食べてるくだりで「幸腹グラフィティ」読んでいるかと錯覚しかけましたw意外ときらら系作品に、こういう料理の味の表現ネタって合うのかもしれませんね。

後半のしゃっくりネタ。シャクリーンは流行るかもしれない…とちょっとでも思った人、怒らないから正直に手をあげなさい(はーい

あと作者自身のネタ…一体あれはどこまで本気なんでしょうか筋肉☆太郎先生…。

しかし百合ちゃんのしゃっくり…。

kirara_201209_smst_s

これは確かにエロいw

と言うかこのしゃっくりに反応してるゆめちゃんとか、彼女は百合ちゃんの百合疑惑に怯えてるとか言ってますが彼女の方がよっぽど酷い百合脳だよ!!


・うちのざしきわらしが
夏っぽい遊び…と言うことで庭でキャンプとバーベキュー。しかしバーベキューはともかくテントまで出せるって相当広い庭だなw

しかし毎回思うのですが学クンは相当に勿体ないことしてると思うのです。だって夕美ちゃん普通に可愛いじゃないですか。背中に日焼け止め塗れるとかなんと言う役得…。

と言うか漢字…あれ「サヨリ」なのか。つい調べちゃったじゃないかw

それにしても夕美ちゃんはちっぱいですね。今回水着見てハッキリ分かりましたがちっぱいです。


・さつきコンプレックス
扉絵と言い170ページの後ろ姿と言い、風呂に入っている皐月サンがどう見ても女のコにしか見えない件…。

いやどんなに可愛い顔してようが何だろうが男と女とじゃ体型がまるで違うハズなんですが皐月の体型って完全女のコですよねこれ。ってもうこの漫画でそういうこと考えたら負けかww

しかし露天で女装男子(しかも兄)と裸で二人っきりで密着とかホントもう何をしたいんだこれはwそして最後の「柔らかい…感触」ってまさか。

いやまさかとは思うんですが…マジなら実の兄貴とフラグ立ったってことですか?w


・少女公団アパートメント
今月は夏と言えば海!! 海と言えば水着!! そう…待望の水着回でした。ああ…なぜ今月センターカラーじゃないんだ。カラーで皆の水着を観たかった…。

で、水着回であったのですがそれ以上になつみちゃん回だったと言わざるを得ない。

kirara_201209_ska_s

そう…久々に「ちゃんとした」なつみちゃん登場です。5話の祭り回以来の登場でしょうか。

しかしこうして見ると、なつみちゃんってホント可愛いんですよね。ろかちゃんの「負けた」発言も納得ですw

普段はまるで少年みたいな感じだけれど、ちょっと髪や服装いじれば超絶美少女に早変わり。まさにダイヤの原石。実はこの作品の中で最も美人さんなのはこのコだと思います。

そんななつみちゃんだけれど、綺麗にしててもやることはいつもと同じ。浜辺で砂遊びとか…w

それを「勿体ない」と言ってる皆だけれど、でもこのギャップがまたイイと思うんですよ。物凄い美少女なのにどこまでも、いつまでも子供っぽくてあどけない。まさに天使。

と、なつみちゃんの可愛さに持って行かれそうになりますがでも話自体も凄く素敵でした。

海辺での何気ない皆のやり取り。場所が海だろうがどこだろうがいつもの団地と変わらないガールズトーク。でもその変わらなさがいい。この作品はホント、この空気感がいいんですよね。独特のふんわりとした柔らかくて暖かい空気。

最後の方、ちーちゃんとろかちゃんとのやり取りも良かった。ろかちゃんの髪に潮のにおいを感じるちーちゃん。この作品の、こういう季節感の演出が凄く好き。

またこの二人のほのかな百合感もいいです。本当にほのかな、百合と言うのがためらわれる位の微百合感。

とにかく今回も素晴らしい回だったのですが…なんとこの作品、来月が最終回だとか…!!

そう言えばそろそろ単行本2巻ストック溜まりそうな頃合いでしたからもしやとは思いましたが…でもこの作品は2巻で終わらせるには勿体ないと個人的には思うのです。もっと長々ゆるゆると続いて欲しい、いや続くべき作品。

まあそうは言っても決まったことは仕方がありません。

来月の最終回、心して拝読したいと思います。


・Rainbow☆Starbow
Starbowの初ライブ。いい感じにステージ始まったのだけれど途中、トラブル(つかさのミス)で曲が一曲飛んでしまってステージ上の二人のペースが乱れ…。

そこにつかさ自身が助っ人としてステージに上がることに。

つか歌ww「早朝出勤たけのこ☆ハンター」って酷過ぎるwwwホイサッサww

いやでもこの歌詞にちゃんとメロディ付けたら面白いことになると思うんですけど。誰か造ってくれませんかね?

しかしつかさちゃんはこれで(強制的に)何かに目覚めてしまったかもですね。いや…最後の本人の反応見るに吹っ切れるのはまだまだ当分先…?

でも何気に一番美味しいとこ持ってったワケですし、これで晴れて彼女も(強制的に)Starbowの一員ですね。


・かみさまのいうとおり!
なんかいつもよりも下ネタが更に酷かった気が…。

さすがに折り紙くぱぁから鮮血たれるのはやり過ぎだと思いますw生々し過ぎるwww

でもこの軽くて卑猥なノリで何か大事なことがごまかされてる気が…晴ちゃんの吐血はまりあちゃんのと違ってガチな病気の方ですよねこれ…。


・三者三葉
創作ダンスによる砂浜の表現はかなり斬新だと思いましたww

しかし薗部サンって普段のメイド服や学校潜入時(?)の制服じゃなく、ワンピースとか着てると普通に可愛らしいですね。うん、こんな三十路なら全然アリです。むしろお願いしたいです(何を


今月はこんな感じでした。

先月の予告を見た時点では「幸腹グラフィティ」「√中学生」がゲスト掲載されると言うのが自分的に大きなニュースで楽しみでした。

それが発売日前日に知った「ゆゆ式」のアニメ化。これがビッグニュースかと思いきや実際に買って読んで知った「少女公団アパートメント」が来月で最終回と言う…。

いや正直このニュースは凹みましたよ。なにしろ今、無印きららの中ではダントツで一番大好きな作品ですし。と言うか全きらら作品の中でも三本の指に入ってますから。

まあでも始まりあれば終わりもある…仕方の無いことかもしれません。

それに悲しいニュースだけじゃあないです。

来月から「すいまさんといっしょ」連載開始だそうで。ちょっと前のゲスト掲載ラッシュの中では個人的に一番気に入った作品だったのでこれは嬉しい限り。


まあともかく、来月号を楽しみに待ちたいと思います。


Comment
この記事へのコメント
\シャックリーン/

オウジーさんの感想記事を読んでいると、無印きらら、エロい話ばっかりじゃないか!と思うんですが気のせいでしょうか?w

うん、まあ実際エロい話ばっかりじゃないんですけどね。
少女公団アパートメントは今月も素敵な話でした。
もっともっと続くと思っていただけに、このタイミングで次号最終回は驚きましたね。

2012/ 08/ 12 (日) 00: 34: 29 | URL | クロスケ # vQU5PwVA[ 編集 ]
>クロスケさん
\シャックリーン/

確かに僕のきらら感想読み直すとそんな気がしてきます。たぶん僕の頭の中がいかがわしいだけだと思われますw

少女公団は話が終わるぽいそぶりも何のフラグも無かったですからね…だから衝撃が一層大きかったです。
でもこの作品は「いつものまま」の雰囲気で終わるのが良い気がします。いつまでもこの日常が続いて行く、そんな感じで。
2012/ 08/ 12 (日) 09: 16: 25 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
萌え4コマで女子大生モノって難しそう。
MAXの『表色86X系』とか、予備校ですけど『ぽすから』とかみたいな
恋愛要素なら個人的にはアリですが、広くは受け入れられないかなあ。
ミラクの『福33三色パンチ』も切られちゃいましたが、
『女子大生生活様式』には頑張ってグダグダして欲しいです。

幸腹グラフィティも√中学生も、出張だろうとおかまいなしに、
いつものノリで面白かったです。
初めて読んだ人にも、魅力が伝わっていると良いですね。
2012/ 08/ 14 (火) 01: 21: 09 | URL | himoto # JEJJFKlk[ 編集 ]
>himotoさん
萌え四コマで女子大生モノは本当に難しそうな気がします。
それも、芸術系の学校とかじゃない「普通の大学生活」を描いたものとなると作品すらほとんど存在しないんじゃ…と言う気がします。
ほんと「女子大生生活様式」には頑張ってグダグダして欲しいですよね。
(頑張ってグダグダってのもなんか凄いですがw)

他誌からのゲスト2作、僕は元々どっちの作品も大好きなので凄く楽しめましたが、初めて読んだ人がどう感じたのか気になります…。
多分「幸腹」には度肝を抜かれただろうと思いますがw
2012/ 08/ 14 (火) 07: 58: 41 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...