「まんがタイムきららミラク'12年10月号」感想。
2012年 08月 19日 (日) 23:57 | 編集
はい、16日発売のきららミラク感想、行ってみましょう。


kirara_miracle_201210_s


・表紙
表紙は「夜森の国のソラニ」。コミックス1巻がいよいよ今月発売されると言うことでのプッシュと言うことなんでしょうね。

今のところ僕は買わない予定なのですが、ただこの作品のコミックス…なんでも連載時のカラー原稿はそのままカラーで載ってる豪華仕様なのだとか!! これはちょっと気になります…。

と言うかきららの作品は基本、カラーが綺麗な作品が多いので他の作品でもその仕様どんどんやって欲しいなと思うんですけどね。

もし「ご注文はうさぎですか?」辺りでそれやったらコミックスどれだけ複数買いするか…w


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・夜森の国のソラニ
表紙に続いて巻頭カラーもこの作品。市場列車の夜市が夜森にやって来て…なお話。

話的には市場での皆の買い物だとかがそれぞれのキャラクター通りって感じで…特に赤衣サンの買い物がバイオレンス過ぎてw「ちょっと可愛いライフル」ってそれ全然可愛くないから。女の子っぽく無いから!!

でも夜市とソラニとのやり取りはちょっと話の核心に触れそうな感じでした。ソラニは自分自身が「ソラニ」じゃあないことを忘れかけていたのだけれどそれを思い出して…。

何気にターニングポイントになりそうな回だったのかもしれません。


・Good night!Angel
ああ…やっぱりタイトル付けるのやめちゃったのかなぁ。あの懐かしの邦楽パロディーなタイトル凄く好きだったのに…(涙

それはそうと今回はハゲワシのアジトへ皆で突入…な話。って随分急展開だなw

と言うことでかなりシリアスな話なるかと思いきやそうでもなく、道中はまるでのんびり列車旅ムードだし、着いたら着いたでハゲワシさんもヤル気があるのか無いのかフザケてて…。

この作品って結構シリアスに「殺し屋」をやってる作品と見せかけて、でも実はかなりギャグっぽかったりしますよね?
まあキャラットの「キルミーベイベー」よりは確実にシリアスですがw

でもラスト。ハゲワシの毒ガス攻撃に対しての二択。

任務を優先してハゲワシを殺るか、それとも窮地に陥った仲間を助けて脱出するか-。

ユリの選んだ選択は後者。彼女にとってはなんだかんだでもう、白霜サン達はかけがえの無い仲間であり友人なんですよね。

このユリちゃんの選択はきっと、先月ラストの皆への答えでもあったんじゃないかなと思います。


・純粋欲求系リビどる
ああ「かせんじき」なんていたなぁ…(遠い目)

いやコミックス一巻読んでたら出てきてそれで存在思いだしたものの、でも一巻でも途中から出てきてなかったんですよね。なので存在を消され(ryかと思ってたらそんなことは無かったみたいでw

さて今回はリビどる三人がリヒト君家にやって来てお勉強会だったり料理作ったりと言う話だったんですが、なんか普通にリヒト君ママと彼女らが馴染んでてビックリ。

しかし普段誰も友達家に連れてこない様な息子が突然、こんな可愛い娘三人も連れてきたらお母さんビックリだろこれ…w

あとリヒト君ママ凄く若いなぁと。見た目でルコちゃん達に全然負けてない。と言うか下手するとレンちゃんよりはむしろ若く見え(ry

ラスト、ちょっと気になる引きですね。リビドーが出そうになったリヒト君、自分なりに考えた抑止法を試したものの結局…。

なによりアオリ文句「最強リビドー」とか「大大大ピンチ」と言うのが凄く気になる。


・桜Trick

センターカラー来たああ!!(歓喜)

と言うワケでこの作品、センターですよカラーですよきゃあああ!!

なにしろ単行本一巻が今月出ますからね…それでのセンターカラーと言うことでしょう。僕は当然買います。ええ買いますよ。複数買い決定です!!

多分全特典集めると思います…。

さて今回は優ちゃんのマフラーを買いに行くお話。って優ちゃん、お姉ちゃんのお下がりがそんなに嫌なのか…。

それで結局お下がりマフラー(ネックウォーマー)をなぜか春香ちゃんがしているのを目撃しちゃった美月会長と言うオチ。この美月会長の狼狽っぷりが面白いですw

一体彼女にとって春香ちゃんはどんな存在なんでしょうねぇ…可愛い妹となにやらいかがわしい関係にありそうで気になる存在? それとも単に彼女のことそのものが気になってる?

多分そのどっちもなんでしょうなぁ。

このところ数回、春香&優だけじゃなく周りにもスポットが当たった話が続きましたけど、今回は久々にほぼ二人メイン回だったと思います。

二人できゃっきゃしながら買い物してるシーンとか本当に可愛らしくて読んでてずっと顔がニヤケっぱなしでした。やっぱり女の子と女の子が仲良くしている様は本当にいいものです。

でも優ちゃん…「春香太ったので」って酷いw

春香ちゃんは太ってるんじゃないです。ただおっぱい大きいだけなんです!!(力説)

さて、この作品のメインとも言えるキスシーンですが、今回はなんと…ショップの試着室ごしのキスと言うなんだかとてもエロいシチュエーション!!

タチ先生のシチュエーションに対するこだわりは本当に凄いなとただただ脱帽。何度も書いてますがキスシーンにおいて毎回ハードルを自ら上げておきながらそれを軽々と乗り越えてくるのが本当に恐ろしい。

でもキスする直前のこの優ちゃんの笑顔。

kirara_miracle_201210_strk_s

凄くいいなぁと思いました。欲しいマフラーを買えたと言う喜びもあるんだろうけどでもそれだけじゃあない。春香ちゃんに対する絶対の友情と愛情とが溢れてます。本当に心を寄せている相手にしか見せない笑顔。

改めてこの二人の関係っていいなぁと感じました。今月のコミックス一巻出たら最初からじっくり読み直そうと思ってます。本当に楽しみ!!


・メラン・コリー
56ページ一コマ目のおトイレな佳乃さんがなんだかとってもえっちに見えました。やっぱり女のコのおトイレっていいですよね!!(最低)


・城下町のダンデライオン
この作品、キャラが多い上に全員に特殊能力があって…と、なんだか頭の中で整理が出来なくて感想書かずにいたのですが、ツイッターの相互フォロワーさんが前にブログでまとめていたのを見てスッキリ。

いや面白い作品だとは思うのですけどね…なんだろう。多分これ、コミックスで一気になおかつじっくり読んだ方がしっかり理解出来て良いんじゃないかなと言う気はします。

しかし奏サンの能力ってこれ物凄く便利だけど物凄くリスキーでもありますね。何でも望むものを造り出すことが出来るけれどそれに見合うだけの対価が貯金から引かれる。そして貯金額を超えるものを望んでしまうと大変な事態が起こる…。

これ、生涯お金貯め続けなければいけないってことですよね。まあ仮にも王族だから普通の人より裕福だろうけど、そうは言っても凄い大変だわこれ。


・寄り道ファミリ
三回連続ゲスト第一話。いやこれイイですね!! 今月ミラクのゲストの中で個人的には一番気に入りました。

仲良さげな女子高生四人組がそれぞれ「お母さん」「お父さん」「お姉ちゃん」て呼び合っている冒頭。なんだ?と思いきや最近のきららで流行りの(?)疑似家族モノですねw

一人暮らしを始めたものの寂しくなってしまった史夏ちゃん。転校先の学校で仲良くなったさな子ちゃんの発案で皆で史夏ちゃんの家族を演じてみることに。

史夏ちゃんが住むことになったのが学校の宿直室と言うこともあって、家族ごっこがそのまんま仲良し部・同好会の放課後って感じになりそうですがそれもまた良し。

これ、四人それぞれの個性が出てきたらかなり面白い感じになるんじゃないかなと思います。とりあえず個人的にはお母さん役の夕希ちゃんが気に入りました。

kirara_miracle_201210_yrm_s

エプロン似合う料理上手なポニテ女子高生とか最高過ぎます。


・幸腹グラフィティ
いやはや…なんかもう凄い。この作品本当にもう凄いとしか言い様がありません。

季節は暑い夏の真っ盛り。作品の中の季節も正に真夏。なのに、この暑い最中にまさかアツアツのぜんざいがこんなに美味しそうに見えるだなんて…。

kirara_miracle_201210_khk_s

このきりんちゃんの幸せそうな食べっぷりと来たらどうでしょう。

その後のリョウちゃんの「粒あんのやさしい甘さ…心がほっとしますね」に追い打ちかけられて、真夏の最中にぜんざい食べたくて食べたくてどうしようもならなくなりました。一体どうしてくれるんだ!!w

今回は夏バテで食べ物あれこれ…と言うことでウナギ食べてアイス食べて、そしてぜんざい食べて…と、もうとにかく食べまくっている回でした。

そしてお風呂回でもありました…ええ、お風呂ですよおフロ!!

仲良し女のコ二人組のお風呂とか本当に大変な目の保養でした…ふぅ。

しかしきりんちゃんがリョウちゃんの身体見ながら白玉とかいちご大福とか連想しちゃっているのがなんとも…w

でもリョウちゃんの体つきってなんとも言えないこう何か来るものがありますね。いや中学生とは思えないこの発育っぷりと言うか、全体に丸みを帯びたむっちりとした感じがたまらんですハイ。


・アンノウン×アンティーク
三回連続ゲスト第一話。「おきまりラブ」描かれていたteti先生の新作読み切りですね。

前作と違って、可愛らしい女の子が一気に四人も登場して…とこの時点で前作より人気出そうな気がしますよ、個人的には。

しかしこれ、「アンティーク」なるものを狙った能力者がやって来て…て話ですけど、毎回スプーン曲げのおじさんがやって来るんでしょうか。それとも色々な能力者が来る…?

あとアンティークは果林ちゃんの胸元のブローチってことでいいんですよね、きっと。


・飛ぶことを許された迷路
三回連続ゲスト第一話。前に「なりきりイミテーション」ゲストで描かれていた阿部かなり先生の作品ですね。

と言うことは「なりきり」はダメだったのか…個人的にはあの作品、続き読んでみたかったなぁと言う気がするんですが。

さてこの作品なんですが、西暦2428年と今よりもかなり先の未来の話ですね。おまけに一度滅びを迎えた世界で人類は世界に64人しかいないと言う…。

だけど全く悲壮感が無い、なんとも言えない不思議な雰囲気。

滅びた原因は何なのか、今ある世界に様々に見られるかつてはなかった事象の原因は何なのか。その辺りが明かされていけばかなり面白い話になるんじゃないかなと思います。

とりあえず来月の続きに期待ですね。


・TEI OH-!
131ページの琴音サンとのやり取り見てて思ったんですが紅音サンってこんなキャラでしたっけ…いやもう好きにやってくれればいいと思うよ!!(絶賛)


・くじらジュブナイル
こっちの世界の歩クンがいきなりエリナさんへ急接近。パラレルワールドの歩クンと違ってなんだかキザで大胆なヤツだと思ったんですがどうやらそれは違った模様。実経験皆無のマニュアル君ですかww

それと偽名で「黒野架」ってなんだか響きが厨二っぽいんですがそれは大丈夫ですか?

さて、こっちの歩クンがエリナさんへ近寄ったのにはどうやら理由がありそう。彼女を薬で眠らせて、そしてパラレルワールドの歩に会いに行く…?

パラレルワールドの存在も知っているっぽいですし、一体何が目的なのか。次号の展開が気になりますねこれは。


・スイート マジック シンドローム
メガネプリンちゃん可愛いなぁ。

kirara_miracle_201210_sms_s

CUTEG先生の描く女のコ×メガネは最強の組み合わせの一つだと思うのです。

さて今回は皆でバーベキュー…なお話。

と言ってもまあやってることは普段と変わらず、美味しそうに食べて楽しそうにお喋りして…と言うそれだけなんですが、なんだろう。この雰囲気と言うか空気感がとてもいいですね。

この作品って最初の頃は絵は凄く可愛いけど別に…て感じで思ってたんですが、回を重ねる毎に雰囲気が凄く良くなってきて今では楽しみな作品の一つです。

来月はいよいよ表紙を飾ると言うことでこれまた楽しみ。CUTEGさんの絵はカラーだとより可愛いのでこれは期待ですね。


・エスパー女子高生さえか!
ゲスト読み切り。前に「みかりんバイトデイズ」描かれてたぼるぴっか先生の新作ですね。

エスパー少女同士の対決…と思いきや全編とにかくぱんつぱんつひたすらぱんつな作品でした。エスパー能力で風が巻き起こる→スカートめくれるとかベタですがいいと思います!!

さすがに相手のぱんつ脱がして頭に被るのはどうかとは思いますがでもいいぞもっとやれ!!


と今月はこんな感じで。

今月、「Lisa Step!」がお休みだったのが寂しいですね。ミラクの中でも三本の指に入る好きな作品なので載ってないとやはり何か物足りない気がします。

でもこの休載は恐らく単行本作業…と言うことで来月発売の単行本には超・期待ですね。


Comment
この記事へのコメント
幸腹グラフィティは良いですね。
きらら各誌の中で一番好きな作品です。
2012/ 08/ 20 (月) 20: 07: 31 | URL | メボチャン # wCTfycm6[ 編集 ]
「なりきりイミテーション」はぼくも続きが読みたかったです。
新作の方は世界観が不思議でまだよく分からないですね。
3回のゲスト掲載でどこまで面白くなるか楽しみです。

次号はスイートマジックシンドロームが表紙と…
今月のはりかもさんやMAXのKoi先生も素晴らしい表紙を描かれてますけど、CUTEGさんもかなり絵うまいんですよね。
どんな表紙を描かれるのか想像つきませんが、センターカラーの時の感じからすると……これまた素晴らしい表紙になりそうで期待してしまいます。
2012/ 08/ 21 (火) 00: 52: 55 | URL | クロスケ # vQU5PwVA[ 編集 ]
リビどるの「かせんじき」、私も忘れていました。
引きの編集コメントが気になりますねえ。金魚すくいのポイの時は、
煽ったわりに大したことにならなかった気もしますけどw

川井マコトさんって体描くの上手いですよねえ。
ブログの絵なんかも拝見すると、すごくリアルな肉付きがあるように感じます。
2012/ 08/ 21 (火) 00: 59: 34 | URL | himoto # JEJJFKlk[ 編集 ]
>メボチャンさん
幸腹グラフィティいいですよね。
川井マコトさんの前作が面白くなってきたところで打ち切りで残念…て思ったらそれを遥かに上回る面白さでしたこれは。

>クロスケさん
なりきりイミテーションはホント続き読みたかったですね。
今回の新作はまだ様子見って感じですが、面白くなる要素はたくさんあると思うので期待したいです。

CUTEGさんの絵はホント可愛らしいですよね。
きらら界隈だと多分そこまでの知名度無いですけどラノベ関連では色々手掛けられてますしね。
来月の表紙は本当に楽しみです。

>himotoさん
コミックス一巻読み直すと、ロカちゃんに追いかけられてどっか行ったきり登場が無かったんですよね、かせんじき。

川井マコトさんのブログ、僕も前に見たことありますけど、なんと言うか女の子が物凄く色っぽかった覚えがあります。
2012/ 08/ 21 (火) 22: 17: 19 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...