「まんがタイムきららミラク'12年12月号」感想。
2012年 10月 17日 (水) 22:37 | 編集
では昨日発売のきららミラク感想、行ってみましょう!!


kirara_miracle_201212s


・表紙
ぬおおおお表紙のオーラやばい!!

と言うワケで先月に引き続き「スイートマジックシンドローム」が表紙なワケなんですがやばいヤバ過ぎるよこの表紙。先月のも可愛かったけど今月は更にもっとずっと可愛い。

思うにこれは、可愛い女のコ揃いのこの作品の中でも最も純真無垢で可愛らしいプリン&甘子と言う二人だけにしたからこその結果なのだと思います。

先月みたく4人もの女のコを載せて華々しさを演出するのも捨てがたいですが、今月みたくもうストレートに可愛さ直球勝負と言うのは本当に素晴らしいですね。

いやでもこの表紙は表紙買いしちゃう読者が結構いそうな気がします。ミラク読んだことない人でもCUTEGさんの絵を知ってる層はたくさんいるわけで、そんな層にアピールするのには充分過ぎる出来映えなんじゃないかと。


と言うワケでミラク読んだこと無い人も皆ミラク買って下さい!!


では以下、気になる作品の感想とかツッコミとかあれこれ。


・Good night!Angel
ユリちゃんは友達と言うキーワードにこだわりと憧れがあって、自分に友達がいないと気にしてばかりな感じなんですが…あの、殺し屋仲間の皆さんとはもうどこからどう見ても立派な友達だと思うんですが…?

で、気にしているユリちゃんに対して殺し屋仲間の皆さんも気を使ってなのか、クラスメートのカナ&ネネのことを挙げているんだけれど、でも彼女達よりもアナタ達の方がよほどユリちゃんの友達っぽいんですが…?

まあでも結果的になんだかんだで、ユリちゃんとカナちゃんの距離も縮まったみたいでめでたしめでたし…てところですね。

しかしこの作品、もっとシリアスにバトル漫画になっていくのかと思いきや先月・今月とほぼバトルから離れた話が続いてますね。まあどっちに転んでも面白いので構わないのですが。

あと6ページ2コマ目の南部リカちゃんがたまらなくいかがわしい件。

おへそとかぱんつとかふとももとか、あと頭のリボン(タオル?)とか何もかもが…ふぅ。


・城下町のダンデライオン
今月は三男と六女の末っ子二人組にスポット充てたお話。まあ三男の輝クンはいわゆる中二病的なアレですねwつか、6歳にして既に中二病ってほとほと将来が心配なんですが…。
こんなのが王になってしまう可能性があると言うのが怖いw

でもそれより何よりも六女の栞ちゃんが可愛かったです。お兄ちゃん想いの無口なジト目幼女とか可愛過ぎてヤバい。あやうくロリに目覚めそうだったぜ…ふぅ。


・幸腹グラフィティ
今回は中学校の体育祭でお弁当作って…なお話。

そう言えば普段学校外での話が多かったり、あるいは美術予備校の方が舞台だったりで忘れがちなんですが、リョウちゃん達って普通に中学生でしたよねw

運動苦手なリョウちゃんがきりんちゃんに特訓をお願いしたりとか、またリョウちゃんのお弁当をきりんちゃんが作ってあげて…と、前回ラストの流れ「リョウちゃんはもっと皆を頼っていい」に応える話だったと思います。

でもきりんちゃんの料理、最初はどうなることかと思いましたけどきちんと形になってますね。でもこれってリョウちゃんの食べたいものリストが元にあったからなのかな。もしきりんちゃんに全て任せてたらもっとフリーダムに…w

今回、きりんちゃんの真心を味わうと言うことがテーマだからか、味の表現自体はいつもよりもかなり抑えめ。大人しい感じでした。

でも彼女の一言。

「新鮮な味で…でもあたたかくて美味しい!」

この「あたたかい」て、お弁当だからもちろん料理自体は冷たくなっちゃってるハズなんですが、でもそういう実際の温度の問題じゃあない。お弁当を通じてきりんちゃんの暖かい気持ちが伝わってくる。そういうことなんですよね。

今回もぽかぽかと心の暖かくなる、良いお話でした。そしてこの作品、なんと来月は表紙らしいですよ!! これはやっぱり相当にプッシュされてると見ていいんですよね!! どんな表紙になるのか…凄く楽しみです。


・スイート マジック シンドローム
何気に今月、ほぼオールキャスト出演な回ですね。でもって実はこの作品って結構キャラクター多いんですよね。だけど全員が全員可愛らしいと言うのはホント凄いわ…改めてCUTEG先生凄いと思う今日この頃。

それは絵的な可愛らしさも勿論あるのだけれど、彼女達の内面の純粋さと言うか、そんなのが更に可愛らしさを一層深めているんだと思います。

今月で言えば子犬を飼い主へ戻してあげるくだり。幼いコンペイ糖ちゃんが泣いちゃうのは分かるとして、一緒に泣きだしちゃったプリンちゃん。貰い泣きもあるとは思いますが、それだけ純真なんだろうなあ。

しかし…ジンジャー×甘子のこのコマはけしからんですねw

kirara_miracle_201212_sms_s

さりげにバックに百合の花があしらわれてるし…狙い過ぎだろww


・寄り道ファミリ
連続ゲスト三回目。今回は史夏ちゃんの手元に生活費が振り込まれていなくてピンチ…ご飯が食べられない!!と言うお話でした。

でもお金が無いと分かっていながら限定プリン買っちゃって本当に一門無しになっちゃうとか、お金無いのに限定ロールケーキ目にしてしまったのが物凄いショックとか、ああ女の子だなぁって感じでいいですねw

お金無いけど皆に心配かけたくないから黙ってる史夏ちゃんは健気ですね。そして、何か様子がおかしいからと食べ物持ってやってきたサナちゃんもいい子。

でもサナちゃん…教室でもナチュラルに史夏ちゃんのこと「お姉ちゃん」て呼んでるのなwそしてその様子を目にしながら家族ごっこを普通に受け入れてるクラスメート達は適応力があり過ぎるよ。

サナちゃんの呼びかけであやちゃんと夕希ちゃんの二人もやって来てご飯も作ってもらえて…と、今回も四人の仲良し家族っぷりが見られて微笑ましくて良かったです。

そしてこの作品、次回から連載スタートと言うことで個人的にこれは嬉しい限り。タダタグ先生、期待してます!!


・桜Trick
今月センターカラーで登場ですね!!

kirara_miracle_201212_strk_s

ってなんだこの扉絵!!

カラー扉絵でいきなりちゅーかましてるとか…やっぱり頭おかしいよこの作品!!(絶賛)

いやこの作品って毎回毎回春香&優のキスシーンがあって、と言うかむしろそれがある種メインみたいになってる部分もあるんですけど、その魅せ方・シチュエーションを毎回毎回こだわって見せてくれるので凄いなぁと思ってるんですよね。

で、基本的にはキスは話の最後の方に持ってくることが多いのですが、まさかいきなり冒頭でそれもカラー扉絵でかますとは…これはやられました。その考えは無かった!!

またプールの中でのキスと言うシチュエーションも素晴らしい。水中で手と手を絡ませながら唇を交わす二人の少女。その図にある種の幻想的な美しさを感じてしまうのはそれは僕がいわゆる百合脳だからなのでしょうか?

しかしこうして見ると春香ちゃんの体のむっちり感もまたたまらんものがありますね。ビキニからはみ出たお尻や横乳の柔らかそうなことと言ったら。

優ちゃんの方もお腹のぷに感とかくびれとか素晴らしい。何気にタチ先生って女性の体をとても綺麗に描ける作家さんだと思うのです。

さて、扉絵からいきなり度肝を抜かれましたけど、今回話自体はコトネ&しずくちゃんのカップルに焦点を当てたお話でした。

コトネちゃんの家庭の事情だとか明らかになって、またしずくちゃんが自分自身の本当の気持ちを見つめ直す様な、そんなストーリーでした。

しかしコトネちゃんはセレブだったのか…まあ、ただ者じゃないオーラ発していると思いましたが。

そして(勝手に決められたであろう)婚約者がいて、それを振り切って本当に好きな人のところへ…とかお嬢様設定にはよくある話と言えばそうなんですが、でも本当に好きな人→女の子と言うのがこの作品ならではと言いますかww
さすがに婚約者も女性ってことは無い…よな?w

コトネちゃんの事情が明らかになった時の最初のしずくちゃんの態度。あれはきっと自分自身の気持ちだとかがもう良く分からなくなっちゃってたんじゃないかなぁ。あとは相手を想うキモチが裏目に出てしまったと言うのもあるのかもしれません。

コトネちゃんはお嬢様なワケだし、だから女の子同士よりもきちんと婚約者と結ばれた方が…とか一瞬の間に色々考えて半ばパニックになっちゃってたのかもしれません。

何気に結構シリアスで重い話だったと思います(全体的に軽いノリで描かれてはいますが)。

基本、春香&優のカップルは能天気にいちゃいちゃしてるだけの安心して見られる二人ですが、コトネ&しずくの方は結構色々と重たいものがありそうな感じですね。

それにしてもこんな時でも変わらないゆず&楓のある種の安定感…特にゆずちゃん。まあでもオチの彼女の一言が普通の一般人の感覚ですよね、きっと。


・純粋欲求系リビどる
先月の続きでリビどる三人組そっくりなリビドー三体とのバトル後編!!

まあリビどるの三人と真逆だから弱点も真逆と言うのは分かりますが、しかし豚バラがダメなのにイソギンチャクは大好きと言うルコちゃんの感覚が全く理解できませんww

それにしてもこの作品はGn!Aと逆になんだかんだで毎回バトルしてますよね。てっきり逆になると思ってたんですが…うーん。


・飛ぶことを許された迷路
前回出て来たカニがやはりモクズガニだったことがきちんと分かったのでスッキリwってそんなところでスッキリしてる読者はきっと僕くらいなもんでしょうが…。

この作品も次号から連載化決定とのことで。不思議な世界観のお話なのでどうなるか分からないですが、でも面白くなる要素はたくさんあると思うので期待して読みたいと思います。


・くじらジュブナイル
ドク策士!! 物凄い策士だわこの人!!w

架(こっちの世界の歩)を見事陥落しちゃったり、メンタルケアは苦手と言いつつもなんだかんだで歩を引きとめたりとか策士過ぎるよ。こういうのを「老獪」と言うんでしょうな。


・柳暗花明
前に「みかりんバイトデイズ」描かれてたぼるぴっか先生の新作読み切りですね。

引きこもりがちなエスパー少女とそのクラスメート達とのドタバタ…て感じですが、まさかのオチに衝撃!!

幼馴染みからの「じゃあさ私たち付き合っちゃう?」の流れから、偶然とは言えキスしちゃうとは…女の子×女の子のキスが「桜Trick」以外でも見られるとはなんと言う胸熱!!

いやでもしかしそうなるとこれ、きららミラクって雑誌はどこへ向かおうとしてるんですかww
まあ個人的にはいいぞもっとやれなんですがw


・TEI OH-!
冒頭の琴音サンに吹いたw

いや夏祭りで浴衣回→皆の浴衣姿→でも普通におとなしく登場した琴音サンと来れば読者の誰しもが「あれ…?」となるワケですが、既に制裁くらった後でしたか…wそしてそれを自ら読者に向けて説明するとはww

しかしやはり琴音サンはある種「卑怯な」キャラですね…だって冒頭に持ってきても大オチに持ってきても絶対に笑いが取れちゃうんだもん。うん、卑怯だw


・Lisa Step!
今月は美兎先生の隠された一面にスポット当てたお話。まあこれまでの話から美兎先生がどうやら隠れオタクっぽいのは分かっていましたが、まさか隠れて小説書いていたとは…。

でも読んだ皆の反応から察するに中身は普通に恋愛モノっぽいですね。BLとかそっちじゃなくて本当に良かった…w

いやでも「恋愛物」としか言及されていないワケで、男×男あるいは女×女の小説である可能性も全く無いワケでは無い…?(考えがおかしい)

しかし他の皆は全く気付いていないのに、ただ一人何のヒントも無しに美兎先生の小説だと見破っちゃったこあ先生凄過ぎるw何気にこあ先生って不思議な能力持ってそうな感じですよね。

で、恋愛小説なんて読んじゃったからなのか、先生達皆が恋愛とか結婚とかそっちの方へ考えがふわふわと…いやこの作品の先生達なら皆美人だし、彼氏くらいすぐ出来そうなんですが。なんなら僕が!!

kirara_miracle_201212_lstp_s

リサ先生の白無垢…ああ、僕がその隣に立ちたい。


さて、今月のきららミラクなんですが、一部書店でミラクフェアと言うのをやってました。内容はミラクを買うと小冊子が貰えると言うもの。

kirara_miracle_201212_fair01s
(小冊子表面)

kirara_miracle_201212_fair02s
(小冊子裏面)

この小冊子なんですが、中身は既にコミックスが発売された7タイトルの作品の、宣伝4コマと言ったところでしょうか。それぞれの作品につき、4コマが1本とイラストが載ってます。

この4コマがそれぞれの作品の個性がきちんと出ていてなかなかに楽しいです。なかでも個人的にはもう、桜Trickに爆笑でしたw

あれは上手いわ…ゆず&楓の二人の立ち位置と作品の特異性とをミックスして上手くネタにしていたと思います。タチ先生ホント恐るべし!!


あと、ミラク本体買うとこの小冊子が付くんですが、ミラクのコミックス買うとイラストペーパーが付いて来るんですね。




sakuratrick01_fair_s

桜Trick追加しちゃった!!w

ああ…これで桜Trickを8冊買ったことになりますワタシ…wwもうこの作品の中毒性から抜けだせそうにありません。
でも桜Trickは本当に依存性があるから気を付けましょう。


Comment
この記事へのコメント
桜Trickうおおお!!
実はぼく桜Trick買ったものの、特典一つも手に入らなかったんですよね…
オウジーさんはもう8冊目ですか!?
ぼくももう1冊だけ買おうかな(桜Trick中毒進行中)

TEI OH-!の琴音さんはすごいですよね。
掴みもオチも持って行っちゃうなんて…w
2012/ 10/ 20 (土) 20: 39: 40 | URL | クロスケ # vQU5PwVA[ 編集 ]
>クロスケさん
ええ、桜Trickとうとう8冊目です…本当に中毒です。この作品は大変に危険ですよ色々なイミでw

TEI OH-!の琴音さんはもう存在自体が反則ですよ。出てくるだけで笑いが取れるんだから卑怯です…w
2012/ 10/ 21 (日) 18: 12: 46 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...