春のひたちなか海浜鉄道・湊線の旅(中編)
2009年 04月 07日 (火) 23:06 | 編集
阿字ヶ浦の駅にてキハ223を囲んで写真撮影タイム。「鉄」客もほんの数人しかいないので、写真も撮りやすく、ついついデジカメのセルフシャッターでキハ223と一緒に写ってみたりもするw


そして再び乗車。

阿字ヶ浦 11時25分

勝田 11時52分
勝田 12時00分

阿字ヶ浦 12時26分
阿字ヶ浦 12時38分

那珂湊 12時51分

と、一往復半乗り通して、ここで一旦那珂湊の駅で降りる。お昼時と言うことで、昼食タイムにしようと思うのだ。


が、ホームを出て改札をくぐると、駅舎内ではなにやらちょっとした催しが。湊線にまつわる写真だとかが少し展示されている。そして「ケハ600公開中」との案内が!!

そうだ。今日は日曜日だった。だからケハ600が展示公開されているのだ。

那珂湊駅構内にひっそりたたずむケハ600。日本初のステンレス製気動車として有名なケハ600。今までその姿を外から眺めたことはあったが、内部は未だ入ってみたことが無い。…これはまたと無いチャンス。幸いにも、ボランティアのガイドの方が話しかけて下さったので、早速案内をお願いすることに。

ボランティアの方に連れられて構内を歩く。と、実は那珂湊駅にはケハ600以外にも色々と珍しいものがあることが分かる。

200904minato_06

200904minato_07

この辺りの貨車はかなり貴重なものらしい。正直、貨物にはあまり興味が無いのでどこがどう珍しいのか忘れてしまったが…(せっかく説明して下さったのにゴメンなさい>ボランティアの方)


そしてやって来ましたケハ600。

200904minato_08

今までは機関区の外側からしか見たことなかったから、このアングルが実はかなり新鮮。

200904minato_09

サイドにはでかでかと「日本初ステンレス車ケハ601公開中」の文字。


内部はこんな感じ。

200904minato_10

前半分だけだが座席も復元されている。なんでも中身には「わら」を入れてあるそうで、試しに腰かけてみたのだが…座り心地凄く固いww

天井には丸いライトが左右2つずつで並ぶ。で、このライトが実は片側は白熱灯で片側は蛍光灯らしい。そんなあれこれを教えて頂けるのも、ボランティアの方のガイドあってこそ。


200904minato_12

吊り革はこれまた珍しい、と言うか今走ってる車両では多分もう見られない「リコ式」。大昔の営団銀座線の車両なんかに採用されてたタイプの吊り革で、バネか何かが内部に仕込んであって、列車が揺れても一定の位置に固定されたままと言う変わり種。


200904minato_11

運転台も復元されている。


車内は、前半分には湊線に関係する貴重な資料などが置かれていて手に取って見ることができ、後ろ半分は湊線やこの那珂湊の地にまつわる写真が色々と展示されていた。資料も写真も、どれも見ごたえがあって興味深いものばかり。


それにしても、ケハ600をここまで綺麗に復元された方々には本当にただただ頭が下がる思いだ。

ステンレス車体と言うことで外見こそ損傷がさほど無い様に見えていたものの、恐らく内部はボロボロだっただろうに…。 それをここまで立派に展示できるレベルにまで復元させ、内部をギャラリーとして、更に休日の度にボランティアで案内をかって出る…。

湊線をなんとかして盛り上げようと言う、そんな人々の熱い思いに触れた気がした。僕がこうして今日ここに訪れた、それがそのほんの少しでもお役に立てたのなら幸い、なんだけれど…。


そして、ケハ600は、例え廃車になってしまっているとは言え、もう二度と鉄路を走ることは無いだろうとは言え、ここまで大事にされて本当に幸せな車両なんだと思う。

ケハ600の、正面二枚窓の顔が春の青空のもと、少し微笑んでいる様に僕には見えた。


Comment
この記事へのコメント
ほんの少しどころか
十分貢献していただいてます。
この後も乗り続けだったんですか?
(吉田)
2009/ 04/ 07 (火) 23: 26: 15 | URL | ひたちなか海浜鉄道 # tJ8bLkYs[ 編集 ]
いえいえ。
>ひたちなか海浜鉄道様
貢献だなんてとんでもない。
ただ単に好きで乗りに行っているだけなので…。

このあともずっと乗り続けで夕方まで乗ってました。
あと一回、旅日記アップしますので、良ければまた読んで下さいませ。
2009/ 04/ 08 (水) 00: 37: 10 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
先日はようこそいらっしゃいました
オウジー様、こんにちは。先日ケハ601をご案内させて頂いたFです。

先日は起こしくださりどうもありがとうございました。湊線にはまだまだたくさんの魅力があります。あと少しで田んぼにも水が張られ、それはそれはとても綺麗です。

また是非起こしください。
2009/ 04/ 09 (木) 12: 42: 23 | URL | F # BOSnKWbk[ 編集 ]
こちらこそ、ありがとうございました。
>F様
あの時ケハ600を案内して下さった方ですか。書き込みありがとうございます!!

湊線はもうこれで3回訪れているのですが、まだまだ何回行っても楽しめそうです。
春と秋にしか行ったことが無いので、今度は他の季節に訪ねてみることにします。
2009/ 04/ 09 (木) 20: 55: 24 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...