「宇宙ヨメ」1巻。
2012年 11月 28日 (水) 17:39 | 編集
と言うワケで昨日発売された色々なコミックスの中から「宇宙ヨメ」の感想と言うかレビューと言うか…そんなもの行ってみましょう!!

毎月27日はKRコミックスを何タイトルか買ってるワケですが、でも同時に買ったKRコミックスよりもまずはこちらが気になって…今日買ってくるなり早速読破!!w


20121128sorayome01s


さて、この作品なんですがKRコミックスではありません。一迅社のREX COMICSのもの。

この数年できらら読む様になって漫画作品も色々と買う様になったのですが、元々そんなに漫画を買って読む習慣が無かったのでKRコミックス以外は基本ほとんど買わないんですよね。

だけどこの作品は買ってしまった。なぜか?


ええ…そりゃ勿論あの「きんいろモザイク」の原悠衣先生が手掛けた作品だからですよ!!

今やきららMAXの看板作品となった「きんいろモザイク」。僕も大好きで毎月楽しみに読んでいる作品の一つですが、その作者の原先生の作品となればそりゃ気になるってもんです。買わないワケにはいきません。

COMIC REXは買ってないですし、だからこの作品がどんな作品なのかも全く知らなかったのですけどね。でも原先生の作品だから多分間違いないでしょうと。

ツイッターでいつも絡んでる方々からの評価も上々でしたし。


…ちなみにこの作品「宇宙」て書いて「そら」て読むのね。てっきり「うちゅうヨメ」だと思ってたのですがどうやら「そらヨメ」だったらしい。その位の予備知識すら無く買ってしまったw



…のだけど複数買い!!


ええ…予備知識も無い作品をいきなり複数買いするのはさすがにどうかとは思いましたけど、でも原先生の絵ってホント可愛いし、どこの特典にしようと悩むのがもう面倒になったのでじゃあとりあえず全部行っておけとw


まずゲーマーズ。ここのはミニ色紙ですね。

20121128sorayome03s

描かれているのはさらさ様(外見幼女)とそのお付き(?)のノトさん。二人ともメイドっぽい衣装が可愛らしくて良いですね。


続いてアニメイト。ここもミニ色紙。

20121128sorayome02s

こちらはさらさ様大フィーチャー。でも他の主要キャラも一通り出てますね。と言うかこのデフォルメされたキャラ達が可愛い。

原先生の絵って普通頭身の絵が可愛らしくて綺麗なのは勿論だけれど、デフォルメになんとも言えない味がありますよね。

しかしさらさ様はホント幼女にしか見えないな…w


それからとらのあな。こちらは小冊子。

20121128sorayome04s

さらさ様とノトさん、それに八尾センパイの三人のウェディングドレス姿。「ヨメ」と言うタイトルにふさわしい絵柄ですね。

しかしこうして見ると八尾センパイのおっぱいのけしからんことと言ったら…。

いや「きんモザ」でも例えばヨーコとかからすちゃん先生とか結構おっぱい大きいですけど、でもあまり谷間のある衣装着てないのでこれは新鮮。原先生ってこういうのも描けるんだなぁ、と。

ちなみに小冊子ですが、中身はキャラのラフ案集って感じですね。デコを出してなかったりツインテールだったりするさらさ様は貴重な絵かと。


最後に今回の特典本命のメロンブックス。こちらは掛け替えカバーです。

20121128sorayome05s

しかしこのカバーが全く折り目も付いて無いものだったから持って帰るのに一苦労。いやせめて真ん中の折り目くらいは最初から付いてて欲しいです…w


このカバーをセットするとこんな感じ。

20121128sorayome06s

さらさ様きゃわわわわ。

かわいい。めちゃくちゃ可愛いですこれ。

で、しかもホログラム仕様になってるんですよねこれ。写真だと分かりにくいのですが、実物を見るとキラキラと輝いているのが分かります。


他にもワングーとかでも特典あったのですが、でもあとは全てコミックス表紙と同じ絵柄だったのでとりあえずスルーで。


さて、この「宇宙ヨメ」どんな話かって言いますと、八尾センパイに憧れる男子高校生・白波瀬クンの元に宇宙人(?)のさらさ様とノトさんが現れておしかけて…と言う恋愛コメディもの。

事前にツイッターで絡んでいる方々からラブコメと言う話は聞いていたのですが、その方々が仰ってた通りラブコメと言ってもコメディ分が多い感じですね。

とりあえず出てくるキャラクターが結構皆クセ者揃いと言いますか…変な人が多いです。主人公の白波瀬クンにしたって「八尾センパイに憧れる」と書けば聞こえは良いですがやってることはほぼストーカー紛いだったりしますしw

ギャグ分が多いのでするするっと読めますね。4コマでは無いのですが、でもボケとツッコミのやり取りなんかは結構「きんモザ」ぽい部分もあって、きんモザファンの人なら割とすんなり入っていけるかも?


で、こういうおしかけモノの常なんですが、最初の頃はどうしてもさらさ様の方へあまり感情移入出来なかったりするんですよね。

白波瀬クン視点で見てしまうと、いきなりおしかけられてワケの分からない理屈を押し付けられてヨメとか言われても…てなっちゃうんですよね。

また、さらさ様って無表情キャラなのもあってイマイチ何考えてるのか分からない、と。


だけど中盤、八尾センパイとのやり取りとの中で白波瀬クンに怒られたことで泣き出したり、その後白波瀬クンになだめられて笑顔を魅せたり…さらさ様がそんな風に感情をあらわにするシーンがあるのですが、その時の彼女がめちゃめちゃ可愛いのです!!

序盤は八尾センパイかな~と思って読んでいくのですが、この辺りから段々と読んでる自分自身の心がさらさ様に傾いて行くのが分かりますw


その後は八尾センパイとさらさ様がお互いをライバルと認めたり(?)、またヤンデレヤンキーな八尾センパイの妹が出て来たりして話がなおカオスになっていきます。

でも最後の方でちょっと不穏な空気が…まあ、ここから一気にシリアスムードへ突入と言うことはないでしょうが、次巻の展開がとても気になりますね。さらさ様・白波瀬クン・八尾センパイの恋のトライアングルの行方は…?


ともあれ、原悠衣先生のファンならばとりあえず買って読んでおく価値はあるんじゃないかと思いますよ。「きんモザ」には無い、原先生絵の男キャラが見られると言うのも貴重ですしねw
でも男の子すら可愛いのよね…原先生の手にかかると。


Comment
この記事へのコメント
>序盤は八尾センパイかな~と思って読んでいくのですが

その気持ちすっごく分かります!
ぼくも読み進めるにつれて、さらさ様に引かれて行きましたね。
青彦にときめく姿とかめっちゃ可愛いです。

複数買いって…まさかこんなに買われてるとはw
どれも原先生の絵が可愛らしくて良いですね。
掛け替えカバーが良さそう。でももうアニメイトで買っちゃった…!
2012/ 11/ 30 (金) 01: 27: 51 | URL | クロスケ # vQU5PwVA[ 編集 ]
>クロスケさん
最初はなかなかさらさ様に感情移入出来なかったりするのですが、中盤くらいからどんどん可愛くなって行きますよね。
青彦クンにときめく姿はホント可愛らしいです。

複数買い、やらかしちゃいましたw
置き場所にも困るのでいい加減自重せねばと思ってはいるのですがつい…ww
掛け替えカバー良かったですよ。ホログラム仕様で凝ってます。
ただ、上にも書いた様に折り目が全く無いので非常にセットしづらいです…。
2012/ 12/ 01 (土) 07: 57: 30 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...