スペインワイン「Sietesiete Rueda」など。
2012年 11月 29日 (木) 12:38 | 編集
昨日・今日と連休だったりします。

昨日は午前中にちょっと病院行って、その足で名古屋に出て前日に出たKRコミックスなど漫画本を数冊購入。そのうちの一つ「宇宙ヨメ」に関しては読んでレビューぽいのも書いたので興味があれば是非。

で、今日はもう何もせずにまったりのんびりしていようかな、と。と言うか今も実際にまったりのんびりとしているワケなんですが。まあ昨日買った漫画本読まないといけないですしねぇ(使命感)


と、そんなところで昨晩飲んだワインの感想でも。

なんか最近このブログは漫画の感想とかそういう記事がやたら増えてきてしまってますけど、本来は鉄道旅と飲んだお酒の感想主体のブログなんです…多分。


さて、昨日は久々にスペインのワインをチョイス。

まずは白。

「Sietesiete Rueda 2010」
(シエテシエテ・ルエダ)

WINE_20121128_01s

WINE_20121128_02s

グリーンのラベルがなんとも爽やかで印象的。お値段は近所のディスカウントショップで1280円。品種はラベル見ても分からなかったけど、ネットで調べたところヴェルデホ主体らしいですね。


さて、まずは抜栓。栓はきちんと本物のコルクを使っているのがいいですね。抜いた栓を嗅いでみると青リンゴの甘酸っぱい爽やかな良い香りがします。

グラスに注ぐと色はやや濃いめのレモンイエロー。レモンイエローとイエローの中間くらいの色合いと言った方が良いかもしれません。なかなかに綺麗な色合いです。

香りは最初にバニラっぽい甘い感じがあって、その後にグレープフルーツや白い花、リンゴなどのフレッシュでフルーティなアロマが立ち上がって来ます。


口に含むとアタックは穏やか。だけど酸は結構しっかりとしていますね。カッチリとした酸。と言っても角は無く飲みやすいです。

甘さやボディ感はほどほど。複雑味やボディを楽しむと言うよりはさっぱり爽やかに飲めるタイプのワインと言った感じ。

フルーツ感や味わい、香りなど確かにヴェルデホらしいと言えばそうかも。

後口にはほのかなほろ苦さ、渋みの様なものも感じられます。と言ってもそれは勿論嫌な感じではなくって、むしろ爽やかな余韻をワインに加味しているかと思います。


続いて赤。

「VALDEHERMOSO JOHEN 2011」
(ヴァルデエルモソ・ホーベン)

WINE_20121128_03s

WINE_20121128_04s

こちらも近所のディスカウントショップで買ったもの。値段は1380円。これも品種は何か分からなかったのですがネットで見たところテンプラニーリョらしいですね。まあスペインの赤ならテンプラは定番ですし。


こちらも栓はきちんと本物のコルク。抜いた栓を嗅いでも赤系果実の香りだとかはあまりしないですね。むしろなぜかミントの様な清涼感が少し…?

グラスに注ぐと色は濃い。非常に濃厚な黒ずんだ紫。底が見えない程に真っ黒に色づいています。

香りはややおとなしめ。閉じているのでしょうか…あまり立ち上がって来ないですね。

グラスの中で馴染ませてやると次第に香りが立ち上がって来るのですが、でも甘い感じだとかはあんまり無くって、どちらかと言うと酸っぱい様な渋い様な香りの方が目立ちます。


口に含むと味わいはまったりとして濃厚。でも赤ワインによくある赤黒い果実のニュアンスと言うよりはもっとこう、エキス分と言うかアルコール感みたいな、そんなのが際立ってる感じがあります。

あと、タンニンの渋みが結構キツい感じがありますね。うーん…もうちょっと置いておいた方がこなれて良くなるのかなぁと言う感じでしょうか。

ボディはフルボディ。とにかく重いです。


…と飲んでた辺りで実は体調が悪いことに気付いたり。

いや昨日、夕方くらいからどうも胃が張ってる様な感じがあったのですが、夕食時に飲んで食べだした途端にそれが顕著になって…。

結局、赤ワインは2口くらい口をつけたところでダウン。もうどうにも気分が悪くなってそのまま布団に倒れ込んでしまったと言うのが本当のところだったりしますw

なので実のところ味も何もよく分からなかったのかもしれません…。


胃腸風邪っぽいなと思ったのですが、一晩眠って朝になったらなんか具合良くなってました。まあ大事を取って今日は一日部屋でおとなしく過ごしてますが…。

(と言うワケでこの日記冒頭の「今日はもう何もせずにまったりのんびり」に続く)


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...