特急「スーパービュー踊り子」乗車記。
2012年 12月 27日 (木) 07:15 | 編集
さて、ブログ記事にも上げた高橋幸宏還暦記念スペシャルライブですが、それで東京行く際にただ新幹線乗って普通に行っても面白くない。

どうせなら何かついでに乗り鉄…とか考えて、スーパービュー踊り子に乗ってきちゃいましたwこの為に新幹線をわざわざこだまをチョイスして、熱海で一度降りて乗り換えて…とかちょっと面倒なルートに。

でもどうせ出かけるんならただ新幹線で行ってもつまらないですもんね。ええ、僕は数ある鉄道線の中でも東海道新幹線は一番面白みのない乗り物だと思ってますから。


さて、熱海駅で新幹線を降り、待つことしばらく。

20121222spv_01s

やって来ました!! これがスーパービュー踊り子・251系です。

なんとも言えない独特の形状。大きな前面の窓ガラスに、全編成オールダブルデッカーもしくはハイデッカーの大型車体の迫力ある外観は、観る者に多大なインパクトを植え付けます。

(ちなみに写真は熱海じゃなく東京駅到着後に撮ったものです。念の為)


さあ車内へと入ります。

20121222spv_02s

客室はダブルデッカー構造の車両とハイデッカー構造の車両とがありますが、こちらはダブルデッカーの車両。東京より先頭車ですね。

2Fは客室で、リクライニングシートがずらりと並んでいます。床はオール絨毯敷きとなかなかの豪華仕様。

ダブルデッカーで天井が低いためか荷物棚はありません。丸くカーブした天井と相まって、近年の近郊型車両の2階建てグリーン車を思い起こさせます。


ちなみにこの車両。階下は客席ではありません。

20121222spv_03s

こんなキッズルームになっています。なるほど…路線柄また車両の特性柄、親子連れの利用も多いでしょうが、その際に子供がぐずったり退屈したりしない様に…と言うことですね。

こういう施設があるのは子供連れにとっても勿論ですが、そうじゃなく僕みたいな一人で静かに旅をしたい人間にもありがたいことだと思います。何事も住み分けが大事…ですよね。


さて、僕が予約していた席は展望席。ええ、どうせこの車両に乗るのならと展望席を予約して取っちゃいました。まあ、別に料金は変わらないですしねぇ。

これが展望席。先頭車両の最前部分のわずか12席分のみが展望席となっています。

20121222spv_04s

前から三列分の座席が、後ろへ行くに従って少しずつ高くなる様に配置されています。後ろの人が前の人を気にすることなく景色を眺められる様にと言う配慮ですね。


ちなみに展望席と通常客室との間には荷物置き場が。

20121222spv_05s

天井の高さの都合上荷物棚が無いので、代わりにここに大型の荷物置き場が造られています。でもこの日は利用している人はゼロだった様な…w


座席はこんな感じ。

20121222spv_06s

座面チルト機構の付いた、東日本の特急車両スタンダードのタイプですね。

確かこのスーパービュー踊り子、デビュー当初は独特の形状の座席だったのですが、リクライニングしないこともあって不評をかって、今の座席に取り替えられてしまったのですよね。

どうせならこの車両特有の座席に座ってみたかったと言う思いもありますが…まあそうは言っても仕方がありません。まあこの座席、座り心地自体は上々ですしシートピッチの広さも申し分ありませんですし。


ところで展望席に乗りこんでみて気付いたのですが、後ろの通常客室と較べて全体的に照明が暗い様に思えます。

これはきっと、運転の邪魔にならない様に照明を落とし気味にしているのでしょう。


また、一見綺麗に見える車内ですが、座席に腰を下ろしてよくよく辺りを観て見ると色々とアラが見えて来ます。壁とかやや汚れている部分もあって…メンテナンスが下手なのかな?w

20121222spv_07s

窓部分の上を見るとなにかレールの様なものが一本。これ、元々はカーテンが取り付けられていたとかそんなのではないでしょうか。

でも使わないのならいっそこれ自体取ってしまえばいいのに…w


さて、せっかくの展望席ですが、この日は雨と言うことでやや残念な景色に…。

20121222spv_08s

どのみち、僕の席は展望席最後列の3列目だったのですが、正直あまり展望は良くないかもしれません。前面の窓ガラスの形状の問題でしょうか。後ろの方からだと前の景色はそんなによく観えないですね。

同じ前面展望の車両でも、何年か前に乗ったリゾート21の方が後部座席からでもよく見えた様な気もします。


とは言え、リゾート特急に乗って海沿いを走りながら東京へと向かう1時間ちょっとのショートトリップは、これから向かうライブへの期待感も手伝ってなかなか味わい深い、良いものでした。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...