「放課後せんせーしょん!」2巻。
2012年 12月 30日 (日) 11:36 | 編集
さて、今月26日発売のKRコミックスの中から「放課後せんせーしょん!」2巻の感想と言うかレビューと言うか紹介っぽいもの行ってみましょう!!

思えばこの作品も大好きな作品でした。でも11月発売のきららMAX1月号で最終回を迎えて…終わってしまったんですよね…(涙)

だけどそうは言っても綺麗な形できちんとまとめてくれたので、ファンとしては悲しむよりも喜ぶべきなのかもしれません。なにしろ、2巻が出ずにそのまま終わると言うのもザラなのがきらら系の常なのですから…。


hokago02_omote_s

これが表表紙。1巻はキエちゃんにべたべたとじゃれついているあおちゃんが印象的でしたが、今回はあおちゃんとスナオちゃん・コモちゃんの3人をフィーチャー。

そしてあおちゃんが元気一杯で楽しそうなのは1巻と変わりません。この、観てるこっちまで楽しくなってきてしまう感じこそがこの作品の醍醐味かと。

帯には「放課後は終わらない!!」の文字。そう、終わらないんです…コミックスはこれで終了でもあおちゃん達の放課後はこれからもずっとずっと続くんです!!(涙)


hokago02_ura_s

裏表紙ではまさかのゆかりちゃん大フィーチャー!!

初期は画面の片隅にぽつんとたたずんでいるだけのよく分からないコだった彼女ですが、いつの間にやら出番も増えてあおちゃん達の大切な仲間となってました。でも彼女の独特の存在感は、作品にとって心地良いスパイスだったと思います。

ちなみに1巻では裏表紙にスナオちゃんが描かれていて、カバー下のおまけはスナオちゃん大フィーチャーとなっていました。

と言うことはつまり…ええ、今回はカバー下もゆかりちゃん大フィーチャー。だけど1巻の時のスナオちゃんみたいなサービスカットはありません。いや、ある意味サービスかもしれませんがww



さて、今回の「放課後せんせーしょん!」2巻も1巻の時と同様、あちこちで特典集めて回って来ました。と言っても1巻の時よりは特典が付くお店自体がやや少なめでしたけど。

(カラー特典のみ。さすがにモノクロペーパーとかは集めきれないw)


ところで前回、1巻の特典はなぜか主人公のあおちゃん絵柄のものが無くって、だから2巻の特典はアオイ祭りになるんじゃ…なんて思ってたのですが、実際その通りになってましたw


まずはゲーマーズ。

hokago02_omake01s

こちらの特典はブロマイド。絵も新規絵のあおちゃんオンリーとかじゃあなく、5人全員のカット。だけどこのカットには意味があります。

これ、最終回の扉絵カットなんですよね…きららMAX掲載時にもカラーで載っていたものがそのまんま美麗なカラーでいつまでも手元に置いて眺められます。

ああ…見直す度に涙出そう。


作者の庄名泉石先生は元々がイラストレータやゲームの原画家さんだけあって、カラー原稿が本当に綺麗で素敵だったんですよね。だけどコミックスになるとカラー原稿も大半がモノクロになってしまうから…。

だからそれが手元に残せる、こういう特典は嬉しいですね。


続いてワンダーグー。

hokago02_omake02s

特典はポストカード。あおちゃんのいかがわしい…じゃなかった、可愛らしいバニー姿!!

万国旗を口にくわえているところとか、結んだ長い髪がたなびいているところとか、ちょっとすました表情とかこのポーズとか…もう何もかもがいちいちツボ過ぎてたまりません。

またこの衣装が…いや腰のくびれとかお尻のふくらみとか、あとつつましいながらもきちんと谷間のある胸とか本当に本当にたまらなく愛しいです(最低

あおちゃんて普段あまり女の子女の子してるイメージないですけど、こうして見るとしっかりと女の子ですよね(意味深


それからCOMIC ZIN。ここだけは地元に無いので通販ですね…送料に代引き手数料まで取られるから高くつくけど仕方が無いよ!!

hokago02_omake03s

ベレー帽にスカートと言う普段絶対しない格好に身を包んだあおちゃんが可愛い。またこのはにかんだ様な笑顔が本当に可愛らしいです。

あおちゃんって可愛いと言っても普段元気一杯過ぎてまるで小動物とかそんな系統の可愛さだと思うのですが、でもこうして見るとしっかり美少女なんですよね。

また背景の淡い色合いもいいですね。あおちゃんの存在感がぐっと引き立っています。


最後に本命特典のとらのあな。

hokago02_omake00s

とらの着ぐるみ風衣装に身を包んだあおちゃんが可愛い。ぎゅってしたくなります。

こちらは4ページ小冊子。そう言えば1巻の時も、とらのあなの特典は小冊子でした。

まあ1巻発売時に小冊子を付けると言うのは割と多いパターンですけど、でも2巻でも再び小冊子を付けると言うのは結構珍しいケースな気がします。

この小冊子、中身はこれまた1巻と同じくキャラクターの初期設定資料集。でも1巻がアオイ・キエ・スナオの三人だったのに対しこちらはコモ・ゆかり・先生の三人。

これまたファンに取っては見過ごせない内容となっています。

例えば実はコモちゃんはもっとロリっぽい感じになる予定だった(アオイと被るのでボツ)とかさっちゃん先生は生徒として登場する予定だった…とか。

何より衝撃的(?)だったのはゆかり。そう言えばゆかりちゃんだけ人物紹介でも苗字が無いよなぁなんて思ってたのですが…実は結局苗字設定されてないままらしいww


ところでとらのあなではきららフェアみたいのをやってた様で、コミックス買ったらICカード用ステッカーが貰えました。この作品含めて4冊買ったので4枚。

tora_ic_s

僕のチョイスは「きんいろモザイク」「桜Trick」「ひだまりスケッチ」「Aチャンネル」

でも今思えば、「桜Trick」だけ4枚貰ってくると言うのもアリだったのかもしれませんw


さて、そんな「放課後せんせーしょん!」2巻ですが、1巻を読んだ時からとにかく登場人物の可愛らしさと仲良し感とが素敵な作品だと思ってましたが、2巻では更にそれがパワーアップしていますね。

まあこの辺りはきららMAXで連載されているのを毎月読んだ時にも感じていましたが。

なんだろうなぁ、皆最初から仲良い雰囲気ではあったけど、でも作品内で色々なイベントだとかを経て行くうちに、その親密感がより濃厚になって行く様な感じがしました。

特にゆかりちゃんが積極的に皆と打ち解けて行ったのが大きかったのかもしれません。普段何を考えているのか分からない彼女だけれど、花火回での心情だとか見るに皆のことをきっと大切に想っているんじゃないかな、と。

カップリング的にも、基本はあおちゃん×キエちゃんて感じだったのが、遊園地回でのキエちゃんとスナオちゃんと言う新たな組み合わせも出てきたりして…この辺り百合脳読者的にも美味しかったと思います。

1巻の時から…いやMAX連載時の初期から見る者にインパクトを与えていた大コマ使いも健在で、これがまた作品の元気いっぱいで楽しい雰囲気をより一層深めているんですよね。


だけどそんな雰囲気だったからこそ、最終回直前のあの展開は本当にビックリしました。まさかこの作品に限って悲しいラストにはならないだろう、そう信じてはいたけれど…でもそうは思っても最終回をこの目で見るまでは不安もあって。

そして迎えたラスト。これは掲載時のきららMAX感想でも触れましたが、本当に素晴らしいラストだったと思います。

読み切り時の話の造りを踏まえた、セリフトリビュートとも言える形で話を展開させると言う読者サービスをしながら、あおちゃんの気持ち・皆の気持ちとをしっかり描いて最後はあおちゃんも他の皆も、勿論読んでる僕達読者も幸せになれる、そんなラストで…。

これはこのところのきらら作品最終回の中でも、ベストに上げて良い素晴らしい終わり方だったと言えるんじゃないでしょうか。


上でも書きましたけど、あおちゃん達の放課後はまだまだ終わりじゃない!!

彼女達の楽しい放課後は、きっとこれからも世界のどこかで続いて行くんだと…そう思います。


Comment
この記事へのコメント
オウジーさん、はじめまして。

僕もゲーマーズ購入特典のブロマイドゲットしました。
確かにオウジーさんのおっしゃるとおり
こういうカラー特典嬉しいですね。
ちなみにこのブロマイド、写真立てに入れて飾っています。
「放課後せんせーしょん!」は残念ながら終了となってしまいましたが
是非とも「庄名泉石先生」にはまた
新作を引っさげて「きらら」に戻ってきてほしいですね。
2013/ 01/ 09 (水) 13: 41: 10 | URL | あずにゃん # -[ 編集 ]
>あずにゃんさん
初めまして。コメントありがとうございます。

カラーの特典はやっぱり嬉しいですよね。
ゲーマーズのブロマイドは、紙質が本当に写真みたいな感じなのがいいですね。
写真入れに入れる…そのアイデアいいですね!! 一層綺麗に見えそうです。

放課後せんせーしょん!は一般に大ウケする作品では無かったかもしれませんが、固定ファンは結構いると思うんですよね。
ホント庄名先生にはまた戻って来てもらいたいですね。
2013/ 01/ 10 (木) 23: 03: 09 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
最終話は本当に素晴らしかったですね。
5人がとても仲良しだという事を、コミックス2巻分、ここまで読んで来たからこそ、あのエピソードにはうるっと来ちゃいますよね。
最終回の扉絵をブロマイドにしたのはグッジョブ!
↑であずにゃんさんが書かれてるように写真たてに飾るのもいいですねぇ。

庄名先生にはやっぱりMAXに帰ってきてほしいです。
あの素敵なカラー絵をまたMAX誌上で見たい!
2013/ 01/ 13 (日) 20: 56: 34 | URL | クロスケ # vQU5PwVA[ 編集 ]
>クロスケさん
最終回は本当に素晴らしかったです。
おっしゃる通り、仲良しっぷりがこれでもかと言う位に詰まっていたと思います。
だからこそあおちゃんは、お母さんについて行くのでなく、皆とここにいると言う選択をしたのでしょう。

ホント庄名センセのカラー絵はうっとりしてしまいます。
もう一度MAX誌面で見たいものですね。
2013/ 01/ 14 (月) 13: 26: 05 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...