「まんがタイムきららキャラット'13年2月号」感想。
2012年 12月 30日 (日) 00:58 | 編集
さて、昨日発売のきららキャラット感想、行ってみましょう!!


kirara_carat_201302s


・表紙
今月の表紙は「ひだまりスケッチ」。アニメ4期放映もいよいよ佳境…と言うか先日最終回を迎えたと言う地域が大半だと思いますが…。

でも東海圏ではまだ放映されてないんだぜ最終回(涙)

ところで今月の表紙、なんと言うか凄く凄く可愛らしくて良いです。なんだろう、絵のタッチと言い色合いと言い、絵本みたいな優しくて暖かみのあるカットですよね。

また文字の書体が可愛らしいのもいいですね。雰囲気が合っていて。


ところで今月、ひだまりスケッチのクリアしおりがおまけで付いてきています。

kirara_carat_201302omake_s

ひだまり荘の6人の絵柄。切り離して使える様になっていますね。と言っても僕はもったいなくて切り離せそうにありませんが…。

しかしこのしおりですが、表紙をよくよく見ると「クリアおしりしおり」の文字…。


編集やりやがったなwww

まさか表紙から笑わせてくれるとはホント思わなかったぜ…w


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・ひだまりスケッチ
沙英さんヒロさんの受験が終わって、皆で打ち上げのカンテツ(完全徹夜)パーティ…と思ったらなんか徹夜でゲームしてるだけで終わったんですがwなんだこれwww

いや、もっとこう、徹夜でパジャマパーティ的な甘~い(?)流れになるのかなと期待しながら読んでたので完全に肩透かしを食らった感。まあこれもこれで面白かったので良いのですが。


・ぱわーおぶすまいる。
なんと言うか…この漫画の「いかがわしい」が止まらないんですがww

皆で川で水遊び→ぱんつまでびしょびしょのまゆちゃんとか、大きなおっぱいの谷間が溢れんばかりの虎道サンとかその辺りも全ていかがわしいのですが、何と言っても今月は観久ちゃん回。

kirara_carat_201302_posm_s

なんですかこのいかがわしい水着姿は!!

と言うかシチュエーションがおかしいです。なんで宗馬クンがお風呂入っているところへ水着でやってくるんですか貴女は…。

つーか水着へやって来るだけならまだしも、そのまま宗馬クンと同じ湯船に浸かるわ体をピッタリ密着させるわ…これで正気を保ててる(かろうじてだけど)宗馬クンはある意味凄いかもしれません。

しかし観久ちゃんはおとなしそうに見えて物凄く積極的だな…いや彼女の場合は感覚が物凄く普通とズレてるので、積極的とかそういうのとは違うのかもしれませんが。

とりあえず彼女は宗馬クンのお父さんと何かありそうですね。と言うことで完全にフラグ立ちまくってるんですが…ホント宗馬クンはどれだけモテれば気が済むんでしょうかww


・ネガ→ポジ
今月キャラットで最もニヤニヤ出来た三作品その(1)。

元々この作品は始まった当初から雰囲気だとか魅かれるものがあって「これは期待できそう」と思っていたのですが、最近ますます良くなってきている気がしますね。

なんだろう。なんと言うか上手く言葉で言い表せないんだけれど、とにかくこの作品は可愛い。

まず絵的な可愛らしさ。最近の作品にしてはそんなに描きこんでいる感じじゃなくって、どちらかと言うとシンプルなタッチなんだけれど、でもそれが逆に新鮮で可愛らしいと言いますか。

そしてキャラクターの可愛らしさ。人見知りの綾乃ちゃんに、綾乃ちゃん大好きな音々ちゃん、世話好きな知沙ちゃん。その三人のキャラクターのバランスと関係性が見てて微笑ましくって、読んでるとつい顔がニヤケちゃいますw

今月は家庭科でケーキ作り…な話。ここでも三人の個性が良く出ていましたね。また今回は真白ちゃんのキャラが面白かった回でもあります。面白かったと言うより若干壊れてましたが…ww

そんなこの作品も遂に来月コミックス1巻発売とのこと。勿論買います。カバー下とか描き下ろしとか色々期待しています!!


・Aチャンネル
今月の読んでて思ったんですが、ナギちゃんって実は意外と受難体質ですね…。この作品の受難キャラって言うとユー子ちゃんなイメージありますが、でも何気にナギちゃんもかなり悲惨な目にあってるかも。

体育館で寒い目にあった上に突き指…ご愁傷様です…。
あと脂肪うんぬんとか…w


・くじらジュブナイル
ミラクからのゲスト掲載ですね。最近、ミラク作品がきららの他誌にゲスト掲載ってケースがしばしば出て来ましたけど、どうもそのチョイスがよく分からないな…。

いや、選ばれる作品が分からないと言うイミではなくって、載せる先の雑誌のチョイスがよく分からないと言いますか。この作品の場合キャラットに載せたのが妥当なのかどうか。個人的には無印の方が合いそうな気もしますが。

そういうイミでは「桜Trick」→MAXと言うのが今のミラク作品の中で一番わかりやすい気がするのですが…でも不思議とその動きは無いのよね…。


・セカイ魔王
記録係さんの扱いが…扱いが…www

確かに見た目骨っぽいかもしれませんが、それにしてもマオちゃんの食べ残しだなんて…でも最後の攻撃→やるなら殺すぐらいの流れは完全に自業自得。と言うかなんでこんなのを記録係としてそばに置いてるんですかねマオちゃんも。


・イキモノシステム
先月に引き続いてのゲスト作品。正直先月読んだ時はそんなに印象に残らなかったのですが、今月のはなかなか良い感じですね。

なんだろう…女の子達がかわいい。個人的にはミサキちゃんが気に入りました。キリちゃんのことをきりたんぽって言いながら抱きよせる辺りが物凄くツボ。オチの二人のカットもいいですね。

と言うか要するに可愛い女の子同士がくっついているのが好きなんでしょうね僕…。

でも中二病っぽいネコ(エマーソン)のキャラもなかなか味わい深くて面白いですね。某中二病アニメにハマってたせいかこういうノリが最近ツボになりつつありますw


・はるみねーしょん
作中のはるみの描いたオチなし4コマ…これはもしやきらら作品に対するアンチテーゼ的な(違う


・先輩には頭が上がらない!
今月キャラットで最もニヤニヤ出来た三作品その(2)。

今回はアニメ最終回をリアルタイムで視聴してそのままセンパイと長電話…という話。

深夜アニメは録画して観るけれど最終回だけはリアルタイムで観たいとか、こういうこだわりとかオタクならば確かに共感出来る話なのでは?

と言っても自分の場合、最終回でもリアルタイムで…と言うのはほとんどありませんが。最近だと「まどかマギカ」位ですかね、リアルタイムで最終回観たのは。
しかも最近と言って良いのかどうか。

今月キャラットで一番ニヤニヤした作品の一つと書きましたが、でもそれって上の「ネガ→ポジ」なんかとは明らかにベクトルの違うニヤニヤなんですよね。

「ネガ→ポジ」の場合はただただキャラクターや世界観が可愛くてニヤけてしまう感じですが、こっちのは「ああ、あるあるww」的なそんなノリ。共感のあまりにニヤニヤが止まらなくなってしまうと言いますか。

アニメについて語るセンパイのこのリアルさ加減とかね。確かに作品について語る時ってこんな感じになっちゃいますよねw

で、主なニヤニヤは共感から来るものなんだけれど、それだけじゃなくってやっぱり可愛さでもニヤけちゃったり…。

kirara_carat_201302_snpi_s

センパイの寝顔可愛かったです。あと魔法少女姿も可愛かった。

そして「ライブカメラ」と言ってしまう時任クンにまたも「あるあるw」とニヤニヤが…。


・あまゆる。
連続ゲスト三回目ですね。そして今月キャラットで最もニヤニヤ出来た三作品その(3)。

今月のこの作品はなんかもうヤバかった。ヤバかったです自分的には。いわゆるお風呂回だったのですがもう全編ニヤけっぱなしでした。

アヤちゃんに「一緒にお風呂入ろ」と誘うハルちゃん。

kirara_carat_201302_amyr_s

誘ってる時のこのカットとか最高に百合百合しくてたまりません。

そして嫌がりつつも最終的にはオッケーしている時のアヤちゃんのデレっぷりが最高に可愛いらしくてたまりません。

でも彼女はあくまでハルちゃんと「二人で」入るものだと思いこんじゃって嫌がりつつオッケーと言う流れだったのが、でも実は皆で入ろうと言ってただけと言うオチ…w

実際にお風呂入ってからも、皆の前で「じろじろみないで…」と恥ずかしがってるマオちゃんとか、ユウちゃん→マオちゃんの背中流しとかアヤちゃん→ハルちゃんの髪洗いとか女の子同士のスキンシップ満載で本当に大満足。

いやはや、まさかキャラットでこんな風に百合的なイミで満足出来る作品が来るとは思わなかったですよ正直…そしてこの作品、来月から連載スタートとのこと!!

これは超…期待しています。


・インプロ!
前回の流れでラストに出て来た女性、やっぱり鷹梨サンのお母さんでしたね。と言うワケで今回はちょっとシリアス寄りの話でした。

鷹梨サンが演劇団をやめて高校の演劇部に来た理由が明かされたり、その一方での母の気持ちだったり…この辺り、まだもうちょっと深い何かがありそうですね。特にお母さん側の方に。

そして優希サンの「まっすぐだけどバカな意見」に同調しちゃった鷹梨サン。まあでも何にせよこれで闘志を燃やしてヤル気になったのはきっと悪い結果にはならないハズ…。舞台本番がどうなるのか楽しみですね。

…とシリアスで終わるのかと思いきや、まさかのローズちゃんおしっこオチwww

本当に引っ張るなぁこのネタ。どうも最近の真田先生は完全にスイッチ入っちゃったとしか思えませんw


と、今月はこんな感じで。

自分で感想書いてて思ったのが、やはりキャラットはMAXなんかに較べると触れる作品数も少なめだし、全体的にあっさり目になってしまうなぁ、と。

とは言え自分の中で好きな作品が増えてきているのは嬉しいことです。上に書いた様に「ネガポジ」「先輩」「あまゆる」の三つが特に良かったですね。

とりわけ「あまゆる」連載化は本当に嬉しい限り。是非ともキャラットの百合担当として頑張って欲しいですね。


Comment
この記事へのコメント
オウジーさん、こんにちは。
「イキモノシステム」は
キリちゃんとミサキさんのちょっとした百合シーンの他
エマーソンの中二セリフも面白く
今この作品に凄くハマっています。
出来れば「あまゆる」に続いて連載化してほしいです。
2013/ 01/ 11 (金) 16: 46: 09 | URL | あずにゃん # -[ 編集 ]
>あずにゃんさん
「イキモノシステム」は微百合感がいいですね。
あと、エマーソンの中二病ぽい感じは確かに読んでるうちにじわじわ来ますねw

この辺りのゲスト作品になんとか頑張ってもらって、新しい風を吹き込んでもらいたいな…と個人的に思います。
2013/ 01/ 12 (土) 17: 06: 54 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...