春の烏山線の旅(後編)
2009年 04月 13日 (月) 08:33 | 編集
烏山の町をぶらぶらと散策し、時刻もお昼過ぎ。昼食を取ることにする。

町中にあった、「松月」と言う割烹のお店に入る。割烹なんだけれど、蕎麦が美味いと評判らしい。割と大きな、立派な店。

200904karasuyama_17

200904karasuyama_18

入る前は「凄く高いんじゃないか…」などと心配もしたのだがw、メニューを見てみるとまあ一般的な値段だったので一安心。



この時期限定と言う「ちたけそば」と言うのを頼んでみる。「ちたけ」って何だろう?と店員さんに尋ねてみると、本当は「チチタケ」と言う名のキノコのことらしい。

200904karasuyama_19

冷たい蕎麦を、「ちたけ」の入った温かいつけ汁に付けて食べると言うもの。汁には「ちたけ」の他にナスも入っている。

「ちたけ」はボキュボキュと変わった食感のキノコ。風味も独特で今までに食べたことの無い味わい。汁の味付けも良い感じで、付け合わせの漬物がわさびの茎でこれがまたいいアクセント。

そして何より、蕎麦が美味い。白くて細い、綺麗で繊細な感じの蕎麦なんだけれど、香りも味もしっかりとしている。これだけきちんとした蕎麦なら、むしろ逆に普通の「ざる」でシンプルに味わってみるのも良かったかもしれない。


美味しい食事を終え、満足してお会計。と、その時のレジ係の女の子との会話。

女の子「どちらからいらっしゃったんですか??」
僕「東京からです」
女の子「え!! …わざわざ、烏山まで…ですか…?」
僕「え、ええ…まあ…」
女の子「…珍しくないですか!!??」


…どうやら東京から烏山までやって来る人は珍しいらしいw
でもぶらりと旅に訪れたと言ったらなぜか「ありがとうございます!!」と凄くお礼されたwww



さて。食事の後はこの烏山随一の観光スポットと思しき、「山あげ会館」へ。

200904karasuyama_20

烏山には「山あげ祭」と言う有名なお祭りがあって、そのあれこれが展示されている。この「山あげ祭」、文字通り「山を上げる」お祭りなのだ。烏山特産の和紙で出来た、風景などが描かれた巨大な山を立ち上げ、それをバックに歌舞伎などの野外演劇が繰り広げられる。

山あげ会館で、その祭りの様子を映像なんかで観たのだが、なかなかに勇壮にして盛大なお祭りで、ちょっと訪れてみたくなった。

しかし、こういう祭り系の博物館などを見学するといつも思うのが、こういった祭りのある地方の人は大変だなぁ、と言うこと。外から観光客の立場で観る分には面白いが、実際に祭りの主催側として参加しろと言われたらどうだろう。

「祭りごと」と言うのは往々にして非常に体育会的な香りが強いもので、僕みたいな純度の高い文化系人間にはとても務まりそうに無い気がする。体力的にも…精神的にも。


さて、山あげ会館の後は、僕的には今回の旅のメイン「島崎酒造」へ。

200904karasuyama_21

事前に予約で酒造所見学をお願いしていたので、入っていって尋ねてみるのだが…。


「今の季節は酒造りを行っていない」と言われ、一体どうなるか?と思いきや、車に乗せられて別の場所へ連れて行かれる。10分近く走っただろうか。緑に囲まれた小高い丘の中腹に突如現れる門の様なもの。

200904karasuyama_22

実はこれ、第二次世界大戦中に造られた地下工場の後で、洞窟になっているのだが、そこを今はこの島崎酒造さんが借りてお酒の貯蔵庫にしているとのこと。

酒造所のおじさんの案内で中を見学させてもらう。洞窟の中はとてもひんやりとしている。この季節で気温が10度を切る位。真夏でも15度位にしか上がらないらしい。そんな中にあれやこれやと日本酒が置かれている。中には30年ものの大吟醸とかが眠っているらしく、非売品なのだが、もし売るとなるととんでも無い値段になってしまうらしい。

そして、この洞窟貯蔵庫ではコンサートを演ったりすることもあるのだとか。その時には島崎酒造さんの日本酒も出るそうで、洞窟内で日本酒を飲みながらの音楽鑑賞、なんとも面白そうで興味をそそられる。

30~40分かけて洞窟を案内してもらったのだが、おじさんもとても親切で色々と興味深く、楽しいひと時だった。

そして酒造所へと戻り、お待ちかねの試飲タイム。純米・純米吟醸を中心に片っ端からあれこれと試してみる。洞窟貯蔵もののお酒などもあり、飲んでみるとなるほど、味がしっかりどっしりと濃い。

色々と試飲し、結局、実家へ送るお酒を一升瓶で2本、自分用に中瓶で3本購入。一万円位使ってしまったw でもたくさん買ったからなのか、お店のおばちゃんが酒瓶の可愛らしいストラップと、それに大吟醸の酒粕をおまけにくれた。こういうの、なんとなく嬉しい。


たくさんの美味しいお酒と、酒造所の人達の暖かい心に触れ、烏山の旅は大満足で〆。

帰りの列車では日本酒の酔いが程良く回って来て、僕はキハ40のディーゼルの響きと揺れに身をまかせながら、心地良い眠りに落ちて行くのだった。


******************************


さて。先月頭の米坂線から続いた、春の旅行ラッシュもこれでおしまい。青春18もなんとか無事使いきったことだし、しばらくはあまり外出もせずにおとなしく過ごすとしますかな。部屋にこもってやりたいことも色々と溜まってることだし。特にボカロさん関連をいい加減どうにかしないとw


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...