「増殖気味 X≒MULTIPLIES」。
2013年 01月 02日 (水) 21:50 | 編集
と言うワケで昨年の12月19日に発売された、HMOとかの中の人。さんのアルバム「増殖気味」のレビューと言うか紹介と言うか、行ってみましょう!!

その前にまずHMOとかの中の人。さんについて…まあ、ニコニコ動画のYMOのボカロカヴァーで一番有名な作者さんだと言えば分かる人には分かるでしょう!!w

最近はほとんどニコには上げられていないみたいですが、でもコミケやその他イベントで何か配布されたり、今作みたいに商業アルバムなんかも手掛けられていますね。


zousyokugimi01s

今回、初回限定版で買ったのですが、するとCD本体と別にねんどろいどぷちのオマケ付き。


こっちがCDですね。

zousyokugimi02s

収録曲は以下の通り。

1.JINGLE "Y.M.O."
2.NICE AGE
3.HMO ON THE AIR
4.TIGHTEN UP(JAPANESE GENTLEMAN STAND UP PLEASE!)
5.HMO ON THE AIR
6.HERE WE GO AGAIN -TIGHTEN UP
7.HMO ON THE AIR
8.CITIZENS OF SCIENCE
9.HMO ON THE AIR
10.DAY TRIPPER
11.HMO ON THE AIR
12.THE END OF ASIA
13.TAISO(BONUS TRACK FOR JAPAN ONLY)

曲名を見ての通り…と言うかYMOファンならパッケージ見れば一発で分かると思いますが(そしてこの作品買う人の大半はYMOファンでしょうが)アルバム「増殖」のカヴァーですね。

しかし13曲目の「体操」。日本版オンリーのボーナストラックと書かれてますが、と言うことはこの作品海外でも出すんでしょうか…?


さて、せっかくなのでまずはねんどろぷちから開封。

zousyokugimikusan_01s

「HMOミク増殖気味」と銘打ったこちらのミクさん、人民服が特徴的で可愛らしいですね。でも人民服って言うとYMO的には増殖よりもSSSの様な気が…w

また人民服であってもきちんとだぼだぼ袖なのがくぅさんのHMOミクらしいですね。


ちなみに帽子は取り外してアホ毛と交換可能。

zousyokugimikusan_02s


またねんどろぷちは基本、透明台座にセットして立たせるようになってますが、こちらのミクさんは髪と足でバランス取って立たせることも一応可能だったりします。

zousyokugimikusan_03s

その場合、台座をセットする背中部分にこんなパンダのリュックを装着可能ですw


さて、CD本編の方ですが、曲の方は相変わらずのHMOとかの中の人。さんのこだわりのアレンジっぷり全開で素晴らしいの一言。

基本的にはオリジナルをきちんと踏まえた造りで、極端なアレンジは加えていないのだけれど、でも全体的にオリジナルよりもぐっとエッジの効いた迫力ある、かつ現代的なサウンドに仕上がってますね。

オリジナルでもギターをフィーチャーした曲が多かったこのアルバム、こちらの作品でも勿論ギターの音は良い感じに主張をしています。

特に1曲目、4曲目、8曲目…この辺りのギターの音が実に心地良いです。

そのギターはHMOとかの中の人。さんの前作「MIKU NO POP」に引き続き大村真司さんが担当されています。YMOのギタリストと言えばこの人の大村憲司さんの息子さんなんですよね…。

世代を超えて、こういう形でYMOのサウンドが蘇ると言うことに何とも言えない感慨を覚えます。


またHMOとかの中の人。さんと言えばボカロの調教が本当に上手い方なのですが、この作品の調教は本当にもうさすがとしか言い様がありません。

今回、クレジット見るとぼかりすなんかも併用されているみたいですが、でも人間ぽい自然さとボカロっぽい可愛らしさと、その混ぜ具合のバランスがあまりに絶妙。

発音だとか歌い方に、ボカロ曲によくある不自然さと言うものが感じられないのだけど、でもだからと言って生っぽい・人間ぽいかと言うとそうじゃなくってきちんとミクさんの声だなぁと言う感じ。

ホント…どうやったらこんな風に歌わせられるのでしょうか。ため息が出てしまいますw


曲としては美味しいのが12曲目の「THE END OF ASIA」。

この曲って元々は教授のソロ曲で初期YMOのライブではよく演奏されてた定番曲なんですが、アルバム「増殖」ではごく短いショートバージョンになってるんですよね。

この作品の中でも増殖版と同じ雰囲気で始まるのですが…でもそれで終わりかと思いきやなんと、途中から「公的抑圧」ヴァージョンへ早変わり!!

これは本当にYMOファンにとっては嬉しいサープライズじゃないでしょうか。


また「増殖」と言えば曲と曲の間に入るスネークマンショーのコントが特徴だったのですが、なんとこの「増殖気味」でもコントが入っているんです!!

そのコントを演じているのが浅川悠さんと藤田咲ちゃんと言うのが…!!w

序盤のコントではなぜか車掌のアナウンスネタを繰り広げたりするのですが、その舞台が京急。京急と言えば…もう分かりますよね。ええ、浅川さんの「ダァシエリイェス」は必聴モノですw


あとラストの方のコントはオリジナル「増殖」の「若い山彦」のオマージュ。オリジナルではロックについて語ってるコントがボカロ曲について語ってるコントになってるワケなんですが…。

途中、ボカロから歌い手にまで話が飛ぶんだけど「歌い手に美味しいところ持って行かれるのは調教の甘さが」とかちょっと皮肉が効き過ぎですよwww

でもこの毒の効いているところがスネークマンっぽい感じでいいですね。


いやでもこれ、HMOとかの中の人。さんのファンや初音ミクファン、YMOファンは勿論だけれど浅川さんや藤田さんのファンにとっても外せない作品と言えるんじゃないでしょうか。

更にはCDだけじゃなくってDVDまで同梱されてたりします。こっちのDVDには「君に、胸キュン」と「体操」のPVが入っています。このPVも可愛らしいので必見。と言うかあの「胸キュン」のPVがこうしてきちんと映像作品として手元に残せるのは嬉しいですね。


このアルバム、昨日レビューあげた幸宏さんのライブ盤と並んで当分の間ずっとリピートで聴き続けそうですw


Comment
この記事へのコメント
ここでははじめましてかな?
スネークマン・ショーのほうから増殖にはまったminamiです。
ミクにはあまり興味ないんですけど(ゴメンナサイ)これは聴いてみたい気がする。
amazonの評価も悪くないし、ポチってみます。
2013/ 01/ 04 (金) 22: 45: 51 | URL | minami # 22hNL7Yc[ 編集 ]
>minamiさん
ここでははじめましてですねw
ようこそいらっしゃませ&コメントありがとうございます。

この作品オススメですよ。
作者さんはボカロ調教・オケ制作ともに素晴らしい方なのでYMOファンにも満足の行く仕上がりになってます。
スネークマンショーもどきも凄いです。本文中にも書いてますが浅川さんと藤田さんのシュールコントと言うのはとても貴重なものかとw
2013/ 01/ 05 (土) 09: 48: 27 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...