日間賀島ショートトリップ(2013年版)。
2013年 01月 12日 (土) 13:55 | 編集
昨日、日間賀島まで行って一泊して来ました。

目的は勿論、日間賀島の冬の味覚・フグをたらふく食べる為ですねw


思えば日間賀島って先月会社の同僚と行ってますし、去年の冬にも両親と行ってます。で今回は誰と一緒に行ったかと言うとまた両親と。

まあ、先月ボーナスも入りましたし、たまには親孝行でもしよう…と言うことで今回は宿泊と料理・酒は全て僕持ちで。いやホント普段やりたい放題親不孝に生きてますからたまには罪滅ぼししないと申し訳が…(汗)


今回泊まったのは、日間賀島の東港の方にある小さなお宿。おばあさんが一人でやっている様な民宿なので名前は伏せておきますが…。

(と言っても去年の記事読むとバレてしまいますが)


しかし東港は本当に寂れているなあと、今回訪れてつくづく思いました。先月が西港の方へ行ったから余計にそう感じます。

でもその寂れた感じもまた味わい深くて良いんですけどね。


宿での夕食はまずお刺身の船盛り。

201301himaka_02s

ヒラメにミル貝、そして伊勢海老。どれも新鮮なのでとても美味しい。特に伊勢海老のあのたっぷりと甘くてとろける感じが凄く好きですね。あと付け合わせの取れたてワカメがまた美味しい。刺身の合間に食べると味覚が変わって良いですね。


煮魚。

201301himaka_03s

この日は大きなメバルが出て来ました。煮魚って色々な魚がありますけど、僕はこういう、いわゆる根魚を煮付けたのが一番美味しいんじゃないかなと思います。メバルやカサゴなどですね。

身がほくほくとして、淡泊なんだけれど甘くって…。


そしてお待ちかねのフグ。

201301himaka_01s

なんと言ってもこれですよ。フグ刺し。これを食べに日間賀島まで来たんですから!!

薄く切られた身はあくまで透明に透き通っていて…これを2,3切れ箸でつかんでアサツキを巻いてポン酢に付けて食べるともうたまりません!!

皮のくにゅくにゅしたゼラチンの部分と、湯引きもまた味と食感が変わっていいですね。

それにしてもフグと言うのはあっさりと淡泊で全くクセがなく、味が無い様な味なのにでもすごく味わい深いと言う本当に不思議な魚。


これ以外にもタコのまるごと茹でたものや(日間賀島はタコも有名)、フグのアラの部分を唐揚げにしたもの、そしてフグの鍋と盛りだくさん。

最後はフグ鍋の汁にご飯を入れて雑炊で…この雑炊がまた、とてもいいダシが出るんですよね。フグって本当に淡泊なのにどうしてこんなにしっかりしたダシが出るのか、本当に不思議です。


と散々食べて飲んで大満足。上に書いた様におばあさんが一人で切り盛りしている様な宿だから料理に派手さや華美さは無いけれど、でも実質本位・味本位で本当に美味しかった。

一泊二食×三人分は結構な散財になってしまったけれど…でも両親が喜んでくれたの僕としては良かったかなと。自分の近しい人、大事な人の喜ぶ顔が見られればそれでいいかなと思うのです。


さて、日間賀島へ泊まってきたのですが、他にどこも行かない・何もしないのも勿体ない…と言うことで行きがけに南知多ビーチランドへ寄って来ました。

ビーチランドなんてほんの子供の時に一回行ったきりだから…軽く20年ぶり以上ですねw

でもこれが思いのほか良かった。ビーチランドと言えばイルカのショーが目玉なんですが、この日は四頭のイルカが出てきてショーを見せてくれました。

ハンドウイルカとハナゴンドウが一頭ずつ、それにカマイルカが二頭。観ているとハンドウイルカはパワフル、ハナゴンドウはおっとり、カマイルカはスピーディでトリッキー、そんな違いがショーに出ていますね。

201301himaka_04s

201301himaka_05s

(写真は上下ともにカマイルカ)

イルカのショーと言えば秋に行った九州・九十九島の水族館でも観ましたけど、あちらよりもこのビーチランドの方がトレーナーもイルカ自身もショー慣れしている様な印象を受けました。

まあそりゃ、オープン以来30年もショーに力注いでやってるんだから年季が違いますよね。


屋外のスタジアムで行われるショーの他に、屋内からプール内のイルカを眺めるショーもあります。

屋外の方はとにかくイルカ達のその運動性能を活かした、ハイジャンプやボール投げなどを見せるショーですけど、屋内の方はイルカの生態に詳しく触れたショー。

イルカの耳は・鼻はどこにあるのか。視力は幾つ位なのか。超能力で物との間隔や形状をつかむエコロケーションなど、そう言ったことを係員のお姉さんが説明しながら、イルカに色々と実演させることによって分かりやすく見せてくれます。

これは子供が観ても勿論面白いけど、僕みたく生き物が好きな大人だったらかなり興味を持って観入っちゃうんじゃないかなと。



あと、ビーチランドは「ふれあい体験型水族館」と言うコンセプトらしく、様々な動物と触れ合うことが出来ます。ペンギンに餌をあげたり、イルカやアシカ・アザラシにタッチしたり…。

中でもユニークだったのがこのアザラシ。ゴマフアザラシ…だったかな?

201301himaka_06s

なんとこのコ、顔芸をするんですよ。「ニッ」と笑った様な表情を作るんですwたぶんこの写真はその顔をしている時のだったと思うけど…。

これ、実際に観てみるとかなりおかしいです。興味のある方はぜひ行って観てみて下さい!!


しかしビーチランドは水族館の中ではファミリー向けと言う感じですね。観たところ小さい子連れの家族ばかりで…うん、いい歳こいて両親とこんなとこ来てたのは僕だけだったよwあははw

(まあでも鴨川シーワールドに一人で行った僕にとってはどうと言うことは無い)


と、そんな日間賀島ショートトリップ・2013年版でした。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...