「まんがタイムきららミラク'13年3月号」感想。
2013年 01月 19日 (土) 01:08 | 編集
では16日発売のきららミラク感想、行ってみましょう。

しかしもう今日の夜が明けて朝になればきららMAXが発売…何度も言ってますがミラクとMAXの発売日の間隔狭すぎるのは本当にどうにかなりませんかね…。

それもどっちかがライトでさくさく読める内容ならばまだしも、どっちもがこってり濃厚で密度濃くて読むの大変なんで本当にどうにかして下さい(悲鳴)


kirara_miracle_201303s


・表紙
今月の表紙は「幸腹グラフィティ」。先々月の表紙、先月の巻頭カラー、そして今月また表紙と確実にきららミラクの「顔」となりつつありますね。

でもこの作品は今きららミラクで一番勢いのある、「旬」の作品だと思うのです。だから看板として扱われるのも凄く凄く納得なのです。

そして今月のミラクはなんと独立創刊一周年記念号だったりするのですよね。

表紙を見るとリョウちゃんが手に持ってる美味しそうなズワイの足。よくよく目を凝らして見てみるとそこにさりげなく「1st miracle anniversary」の文字。って分かりにくいなおい!!w

(まあその下にも「食べごろ読みごろいっしゅうねん」と書かれていますが)

しかし何にせよそんな特別な号に表紙を飾る事が出来たと言うのは、本当にこの作品が看板として期待されている証拠だと思います。僕も大好きな作品ですし、心から応援していきたいですね。

それにしても…鍋美味しそうだなぁ…。ズワイと鮭とタラと…魚介だけで3種も入ってる。これは鍋の後の雑炊がダシがたっぷり染み出てとんでもなくヤバいことになりそうです。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・Good night!Angel
ハゲワシの部下の12センチで緑色の料理が下手な人(名前忘れたw)久々に登場したと思ったら完全なやられ役じゃないですか…。

と言うか本気の(と言うか色々ブチ切れた?)ゆりっぺ強過ぎな件。

しかし毎回言ってる気がしますが、彼女はどうして「普通の友人」にこだわるんだろうね。

ラストの大オチのコマとか、急にいなくなる時の言い訳を皆で一緒に考えてくれていたりとか、殺し屋仲間の皆の方がよほど本当の友達っぽく思えるのですが。


・城下町のダンデライオン
最初はキャラが多過ぎてとっつきにくい印象あったこの作品ですが、キャラが掴めて来るととても面白いですね。

今月は王家兄妹の、現時点での世論調査による順位発表。王になりたくない(と言うか目立ちたくない)茜ちゃんがビリで大喜び→だけど同じく底辺順位の修クンや光ちゃんにグサリと傷つけられて…と思いきや!!

まさかの得票ひとけた読み違いで結局一位だったと言うオチwそのことで物凄くショックを受ける茜ちゃんと、更にもっとダメージ受けてそうな修クンと光ちゃんと言うこの図が凄く面白かったです。

ただ、面白かったのは良いのですが…こんな風に兄妹で総選挙とかやってると兄妹関係マズくなったりしませんかね…それだけが心配ですw


・幸腹グラフィティ
今月は珍しく、きりんちゃんがリョウちゃんにお料理と言う話。

と言っても、インスタントラーメンに野菜炒めを乗せただけと言う簡単と言えば簡単なものではありますが。でも実はこれってバカに出来ないのよね。

インスタントラーメンもそのままだと味気ないけど、野菜炒めだったりカニ玉風なものだったりを作って乗せてやると…それだけでぐっと美味しくなるんですよね。

ちなみに僕のお気に入りは、カレー粉たっぷりで野菜炒めを作ってそれをあっさり系の塩ラーメンに乗せたもの。これだけでお手軽カレーラーメンの出来上がりです。って別にどうでもいい話ですねw

しかし…ホント美味しそうに食べるよなぁリョウちゃん。

kirara_miracle_201303_khk_s

「野菜達のローカロリーで素朴なのに食欲掻き立てる歯ごたえ…」

ああ分かる。すっごい分かる。野菜炒めの美味しさってまさにそんな感じですよ!!

さて、なんでインスタントラーメンだったかと言うと、海外にいるリョウちゃんの両親からたくさん送られてきたから…なんですよね。

そんなこともあって、今回はリョウちゃんの内に秘めた本当の気持ちも少し分かったり…そんな話でもありました。大人びた様に見えたってまだ中学生なんだもん寂しいに決まってるよね…。

でもきりんちゃんがいてくれるから、だからその寂しさもきっと大丈夫で…やっぱりじんわりと暖かいですよこの作品は。本当に良い作品。今月発売の単行本1巻も凄く楽しみです!!

しかし…リョウちゃんの両親は一体何をなさってる方々なんでしょうね…私、気になります!!


・桜Trick
今月は一年の終わりの日・大晦日のお話ですね。そして今回がちょっと変わっているのが春香ちゃんと優ちゃん、終始電話のやり取りに徹していると言う点。

今までって学校での一コマにせよ休日にせよ、春香&優と言うペアは常に一緒にいる…と言う描写が大半だったと思いますが、今月はずっと電話でお喋りしているだけで一緒にいるわけでは無いんですよね。

しかし電話で話しているだけなのに…なのになんなんでしょうねこの濃密な空気感は。

例えば、電話をかけてきた春香ちゃんに対する優ちゃんの「何の要件なの?」と言う問いかけと、その後の二人のやり取り。

「優ちゃんの声が聞きたくなっちゃって…」
「優ちゃんは聞きたくなかった?」
「私も聞きたかった……」

もう完全に恋人同士のやり取りですね。それも付き合いたてのカップルのそれ。やはり前々回の話辺りから二人の関係性は次のステップに移行したんだと言うことが伺えます。

さて、そんな二人ですが…この作品と言えばもうお馴染みのキスシーン。ずっと電話のやり取りだし一体どうするのだろう? 先月は初めてキス無し回だったけどもしかして今月も…なんて思っていたらとんでもない!!

kirara_miracle_201303_strk_s

「春香にキスした音です!」

や…やりやがった…。

電話越しにキスしやがったこいつら!!w

キスを先にしたのは優ちゃん。その後当然「春香は私にキスしてくれないの…?」とせがみ、お互い電話越しに何度もキスを交わすわけなんですが…何、なんなの一体これは!!

実際に唇と唇とを交わしているのよりも、もっと余計にエロくかつ特殊なイミを持ったものに感じられてならないのですが…いやはやまさか電話越しのキスがこんなに破壊力あるとは思わなかったよ!!

なんと言うかもうね…この二人は行き着くところまで行ってしまえばいいと思う。うん。

さて、電話越しのキスも衝撃だった今回ですが、見どころはそれだけじゃあない。今回重要だったのは春香ちゃんと美月会長との会話。

美月会長曰く「廃校式」なるものが春香ちゃん&優ちゃんの代には行われるのだとか。第一話目の冒頭で出て来た「廃校」と言うキーワードがここに来て生きて来ましたね。

実はあれ以来殆ど出てこなかったからもしかしてその設定自体忘れられているかも…と思ってしまってたのですがそんなことは無かった!! (タチ先生本当に申し訳ありません>汗)

きっとこの作品の最後のクライマックスのイベントとして出てくるのでしょうね。でもそれはまだまだきっと当分先のこと。

来月には単行本2巻が早くも発売されますが…どうやらいわゆる「2巻の壁」も突破した様ですし、彼女達の高校生活はまだまだ続いて行くのでしょう。

そして来月はいよいよ…待ちに待った巻頭カラーで登場と言うことで本当に楽しみです!!


・くじらジュブナイル
キザだしよく分からない部分あるし色々アレだよなぁと思っていた架クンですが、実は何気に結構いいヤツなんじゃないかって気がしてきました。

これまでの出方からすると、それこそ本当に抑制能力の限界をネタに歩を元の並行世界へ帰そうとするんじゃ?とも思ったのですが、どうやらそれは彼自身も望んではいない様ですね。

恋に関しては正々堂々勝負しよう…てことか。うん、かっこいいね。

しかしそれだけに余計に、別役サンとフラグ立った気がますますしてしまいます…w

あとはオルハさんがどう動くか…か。しかし彼女のおっぱいマシーンが気になって仕方がないのは読者だけではなく、作中の登場人物達もだったのね…ww


・TEI OH-!
まさかの紗江さん回でした。そしてまさかの、紗江さん特撮マニアと言う…やはり帝王部の人はホント濃ゆい人ばっかりですねw

あと紗江さんだけじゃなく、別人格(?)のクイーンもやっぱり特撮好きと言うのが…このネタは今後も引っ張って色々と応用が効きそうで面白いですね。

でも紗江さん回と思いきや結局今回も一番美味しいところさらって行ったのは琴音サンだった様な気が…「戦隊モノのピンクのフトモモの張りが大好物」とか本当にブレないなぁこのお方は。


・寄り道ファミリ
雨の日の下校シーンの一コマ。と言うワケであやちゃん(お父さん)と夕希ちゃん(お母さん)の二人にスポット当てた回でした。夕希ちゃん好きの僕としては何と言う俺得回だったと言わざるを得ない!!

しかしこの二人は本当になんと言うか…二人でいるのがごく自然と言うか…いや夫婦っぽいですよね本当にwなんだろうなあ。百合っぽいとかそういうのはあまり感じないんだけど、ごく自然体過ぎて本当に夫婦みたい。

あと、雨に濡れた二人がそれぞれお風呂入った時になぜかサナちゃんが一緒に入りに行ってるんですが、あやちゃんのげっそりした表情…一体どんな背中の流し方したんですかね?w


・柳暗花明
前回に引き続きまたもやゲストで登場。いやこの作品面白いですよ。もうこれゲストじゃなくって連載にしましょうよ!! 個人的にはこのところのミラクのゲストでピカイチだと思います。

今月はギャルゲーしてた花ちゃんに対して柳ちゃんのジェラシーが爆発!!と言う話でした。その時の「こんな平面女のどこがいいんだ!」と言う柳ちゃんに対する花ちゃんの返し。

kirara_miracle_201303_rokm_s

「女の子なら二次元も三次元も大好きだよ!」

名ゼリフ入りました!!w

いやこれはホント、このところのきらら作品中でも三本の指に入る位にインパクトのあるセリフだったかと。ああ、清々しい位に女好きだな花ちゃんは…w

その後ケンカしちゃったものの結局仲直りするのですがその時のやり取りがまた…。

「ゲームと私どっちが大事なの?」
「そんなの柳に決まってるじゃん!」
「ゲームした三倍私と遊ぶって約束して…」

なんなんですかこのバカップル。うん、これはあれだ。ミラク誌面で桜Trickの春香&優に次ぐバカ百合ップルが産まれたと言っても過言ではありません。

でもホントこれはハイテンションでノリとテンポがいいし、それでいて百合度も高いし面白い作品だと思います。もう一度言いますが連載化激しく希望します!!


・スイートマジックシンドローム
ここに来てまた新キャラ登場とは…一体どれだけキャラ増やすつもりなのでしょうかこの作品は。

まあもっともこの作品の場合キャラ増える→CUTEG先生絵の可愛い女の子がいっぱい見れると言うことなので増えれば増える程嬉しくなるのが困りものなのですが…。

ところで今回の話に出て来たトルクコーヒー(トルココーヒー)占い、これってMAXの「ご注文はうさぎですか?」に出て来た「カフェ・ド・マンシー」とは別モノなんですかね?


・飛ぶことを許された迷路
神経衰弱のルール、「取ったカードの数字を足して合計数多い人が勝ち」ってあれ…そんなルールだっけ…と思ったのですが、ああなるほど。2048年版ルールってことかw

でも何気にローカルルールとかでそういうのもありそう。


・おゆうぎ小町
ゲスト作品。

世間知らずなお嬢様が「遊びを全然知らない」「色々な遊びを覚えたい」とか言ってるのを見るとどうしてもいかがわしい想像しか出来ないんですがそれって単に僕の頭の中がアレなだけなんでしょうか…?


・Lisa Step!
リサ先生の服、胸の部分が開き過ぎだと思うのですが…。

kirara_miracle_201303_lstp_s

こんなに谷間が見えちゃう服で授業とかされたら男子生徒の皆さんはもう授業なんて全く頭に入らないと思います。と言うかリサちゃん、僕に課外授業をぜひ(最低

あとは今月はペン回しに興味を持つマリー先生が可愛かったですね。葵サンがペン回し余裕で出来ちゃうのはまあ予想通りと言うか当然と言うか…w

あとリサ先生の夢。これ確かに怖いです。パソコンで作業してたのに保存する前に閉じちゃうってそれ一番怖いパターン…(冷汗)


・メイドなボクとお嬢さま的あるじ
前回に引き続いてのゲスト掲載。ここ最近のミラクのゲストの中では先に上げた「柳暗花明」に続いてこの作品も結構気に入っています。

いわゆる男の娘モノなんだけれど、男の娘を二人にすることで、更に男の娘(メイド)に好意を寄せる女の子メイドを出すことで百合なのかBLなのか分からないカオスな作品になってますねw

更に今回、男の娘(ご主人)を好きなクラスメートが出て来たりと余計にカオスなことに…まあ今回の刺客騒ぎの件、どう考えても黒幕はこのコだろうなぁと言うのは容易に想像が付きましたが。

この後どうなるのか続きが読みたいですね。再掲載希望します!!


と、今月はこんなところで。

いやはや…上でも散々述べましたが「桜Trick」の破壊力は一体なんなんでしょうね…本当はもっともっと触れたいネタが色々あったのですがもう幾ら書いてもキリが無いので諦めましたw

まあとにもかくにも来月は初の巻頭カラーってことで超・期待しています!!

そして今月発売のコミックス「幸腹グラフィティ」「TEI OH-!」も超・期待しています!!


Comment
この記事へのコメント
初めまして、ヘイホーと申します。度々ブログを観覧しているものですが、今回が初コメントですのでよろしくです。
私もミラクを買いました。今年最初のミラクも楽しく読むことができました。ミラクもあっという間に創立一周年ですね。作品がまだまだ分からない展開やミラクならではの作品方を見ていて、今回も全作品をぶっつうしで読んでしまいました。来月も楽しみです。

違った視点からのまとまった感想に作品の新たな発見ができました。ありがとうゴザイマス。これからはしっかり観覧していこうと思いますので迷惑でなければよろしくお願いします。
2013/ 01/ 19 (土) 02: 18: 33 | URL | ヘイホー # -[ 編集 ]
>ヘイホーさん
ようこそいらっしゃいませ。コメントありがとうございます!!

ミラク、いつの間にやら一周年が立ちましたね。この雑誌は続きのストーリーものが多いこともあって他のきらら4コマ誌に較べるとややとっつきにくい点もあるかと思いますが、個人的にはとても面白い雑誌だと感じています。

迷惑だなんてとんでもありません!!
コメントを頂けるのは感想書いている身としてとても嬉しいことなので、こちらこそこれからも宜しくお願い致します。
2013/ 01/ 19 (土) 07: 54: 14 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/ 01/ 19 (土) 22: 47: 18 | | # [ 編集 ]
あ、間違えて「管理者にだけ表示を許可する」にチェックしてしまいました。
普通に表示してもらって構いません。
別に大した内容は書いていませんので・・・。
2013/ 01/ 19 (土) 22: 49: 56 | URL | メボチャン # wCTfycm6[ 編集 ]
>メボチャンさん
では普通にこちらに返信しちゃいますが…w

幸腹グラフィティの表紙良いですね。
何と言うか本当に美味しそうで幸せな表紙だと思います。
単行本も楽しみです。描き下ろしとかどんな感じになるんでしょう…(ワクワク)
2013/ 01/ 20 (日) 00: 38: 47 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
こんばんは
ブログいつも楽しみにしています。
無印きららの更新がなかなかなく心配していました・・・。

ミラクもいつの間にか一周年ですね。
何かいい百合は無いものかとふら~っと寄った本屋でミラクを立ち読みし、桜Trickにど肝を抜かれたことを思い出します。

柳暗花明、私も好きです。
連載化希望ですね!

リリィ スマスタ 幸腹グラフィティ TEI OHー!の単行本も楽しみです。

どうかお体に気をつけて。

2013/ 01/ 20 (日) 20: 00: 02 | URL | shijimi # -[ 編集 ]
>shijimiさん
コメントありがとうございます。
楽しみに読んで頂いてるとのことで本当にありがとうございます…!!

無印きららの感想、前後で出張やら何やらが重なっててなかなか書けずにいました…ご心配かけてすみません。

桜Trickは初見だとかなり衝撃受けますよね。僕もミラク創刊号で第一話読んだ時は頭ぶん殴られた位のショックを受けました。

柳暗花明はホント連載化して欲しいですね…ぜひとも。
2013/ 01/ 23 (水) 09: 36: 46 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...