「まんがタイムきららMAX'03年3月号」。
2013年 01月 23日 (水) 09:09 | 編集
と言うワケで19日発売のきららMAX感想、行ってみましょう!!


kirara_max_201303s


・表紙
表紙はアニメ化も決まった「きんいろモザイク」。もはや名実ともにMAXの看板作品ですね。

今月の表紙は白色が貴重。きらら系の表紙ってパステル調だったりが多めでホワイトって結構珍しい気もしますが、背景に散りばめられた雪の結晶と相まって冬らしい感じが出ていていいですね。

そこにアリス・シノ・カレンの三人娘。三人とも凄く可愛らしいです。

服装もとてもお洒落で可愛いですね。見た感じ三人ともスカートは制服のなんだけど、上に着たコートだったり足元だったりがそれぞれ三者三様違ってて凝ってますね。

特にアリスのもこもこファーの付いたブーツだったり、カレンちゃんのタイツ+厚手のソックスにワークブーツとか、この辺りに原先生のこだわりを凄く凄く感じます。

それにしてもカレンちゃん…ホント可愛いなぁ。ああ、僕はもういっそ彼女が手に持っている雪だるまになりたい。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・シノ部ニュースレター
と言うことで今月より始まった、「きんいろモザイク」アニメ化情報特設ページ。今回早くもシノとアリスのキャラクターデザインラフが公開されたんですが…おお!? 可愛いじゃないの!!

まだラフの段階なので何とも言えない部分はありますが、これ見る限り製作スタッフ凄い頑張ってらっしゃるのが分かります。原先生の絵の良さがきちんといい感じに表現されていますよ!! これならば期待出来るかも…しれません。

あとは制作会社がどこになるのか。それ次第でしょうね。

「きんいろモザイク」アニメ化決定に関しては色々ともやもやした気持ちがあって、先月の感想書いた時にもあれこれ書いてしまいましたが…でも決まった以上、もうファンとしては応援するしかないですよね!!


・きんいろモザイク
今月はヨーコ回でしたね。と言うか、以前一度登場したヨーコの弟&妹回と言いますか。

家のカギを忘れちゃったから…とヨーコ達の学校へ来た弟(空太クン)と妹(美月ちゃん)と、ヨーコとのやり取りとが微笑ましくも面白いですね。

空太&美月の何気なく出た「お姉ちゃんなんて好きじゃないし」の一言に本気で傷ついちゃって落ち込んじゃってるヨーコが…w彼女は本当にジョークが通じないと言うか、ストレートに言わないと伝わらないんですよね。

まあだからこそボケ役ばかりのこの作品内で、唯一のツッコミ役が務まると言いますか。

そして素直に「お姉ちゃん好き」と言った二人に対するヨーコと、更にそこに対する二人の「綾お姉ちゃんに同情する」の件がじわじわとおかしいですw

いやはや…アヤヤの想いはいつになったら報われるんでしょうね。まあ直球で言わないと伝わらないヨーコの性格と、素直になれないアヤヤの性格とを考えたら多分一生無理ですよね(涙)

あと今月のカレンちゃんは間違いなくこのコマ。

kirara_max_201303_knmz_s

エイプリルアヤヤってなんだよエイプリルアヤヤってw

あとこの裏ページのコマのカレンちゃんもなかなか捨てがたい表情してますよね。


・ご注文はうさぎですか?
今月はココアちゃんが風邪引いちゃって…な回。それもあってのこの扉絵なのでしょうが…。

kirara_max_201303_gcus_s

いやはやこれはもういかがわしいですね。どんないかがわしいコスプレ喫茶なのでしょうか。とか考えちゃう僕の頭の中がいかがわしいですね。最低ですね。

でもナース服と言うチョイスに合わせたのがこの三人と言うのが素晴らしいですね。作中でも最もナース服の似合いそうな三人…もっと言えばおっぱいの大きい三人と言うベストセレクション!!(最低

さて、お話自体は風邪引いちゃったココアちゃんに対する皆の看病がとても暖かくて…だけど何か皆どこか勘違いしてたりズレてたりでそれが可笑しかったですねw

チノちゃんがなんだかんだ言いつつもココアちゃんのことをしっかり思っている、それが伝わってきたのが良いですね。チノちゃんだけじゃなく勿論リゼさんも。

だけど個人的にはココアちゃんの裏でもう一人風邪引いちゃってた子…シャロちゃん側のお話が更にツボに来ました。

シャロちゃんに対する千夜ちゃんの看病、間違った民間療法とか色々アレな部分もあるんだけれど、でもきちんとシャロちゃんが眠るまで側にいたりとか…。

この、幼馴染みならではの独特の距離間の近さ。これがこの二人の関係の魅力なんですよね。

シャロちゃん的には憧れの先輩(リゼさん)のことが好きなのでしょうが、今回の話を読んで僕は千夜×シャロを激しく推したいと思います。ごちうさで一番の百合ップルはこの二人だと確信しました!!

でもココア×千夜とか青山さん×千夜とかも捨てがたいけどね…千夜ちゃんは誰とでも合う。

最後はチノちゃんが寝込んじゃってメグマヤちゃんが御見舞いに来て…と何気にオールキャスト出演だった今回。だけどたくさんのキャラ出してそれぞれにスポット当てながらもお話が破綻していない、この構成力の高さはホント凄いと思います。


・かなめも
ひなたの弟が訪ねて来て…と言う話だったのですが、はるかさん対ショタっ子のやり取りはなかなかに興味深いものがありました。

はるかさんって本当に「小さい女の子」にしか興味が無いんですね…それも代理曰く「匂いで判断する生物」ってことはもうこれは本能的な何かと言う風に考えて良いんですよね?

でも「越えちゃいけない」ラインを越えた時の対応とか見てると、はるかさんってアレな様でいて実はかなり真人間なんじゃないかって気もします。

いやこの人は、目の前に幼女さえ出さなければマトモだし出来る人のハズ。


・彼氏ってどこに行ったら買えますの!?
哉クンの為にクッキー焼くみすずちゃん家に遊びに行って一緒にクッキー作りする亜梨香ちゃんと護ちゃん…って、これってよくよく考えたら友人のおうちデートに同席してるワケなんですが、それって楽しいんですかね?

いや友人とその彼氏両方と相当に親しければ問題無いと思いますが、そうでない場合は…と言っても彼女達の場合、哉クンは親しくなろうと頑張ってるっぽいし護ちゃんはあまり気にして無さそうだし、問題は亜梨香ちゃん一人ですかねw

しかしドーナツ作って彼女(と友人)に持ってくるとかホントどんだけ哉クンはスペック高いんですかねこのやろう!!

あとお互いのドーナツとクッキー褒め合ってるみすずちゃん&哉クンに対する亜梨香ちゃんのツッコミが的確過ぎる。確かに「甘ッッ!!」


・いちごの入ったソーダ水
38ページ4コマ目の洗濯メカが一瞬、石見ロボに見えてしまった僕は疲れているのでしょうか…。


・○本の住人
夢に関するあれこれな話で夢の中での夢オチとかまあたまに見かけるなぁとは思うんですが、そう思いきやこれって更に夢ループしちゃってるんですかね?

いやもうどこまでが夢でどっからが現実か分からなくなってきたよ…w


・ホイップノート
ああそうか…この作品って作中での季節は夏だったのか!! 「夏野菜カレー」なんて単語が出てくるからビックリしたよもう…。

何気に新キャラ登場な回でしたね。園芸部に(独りで)所属している飛良泉さん。更に後輩キャラだったりもするんだけど…あまり後輩っぽくないですねw見た目、雰囲気共に。

まあ、メインキャラの中にるいせ・レコと二人もロリキャラがいるのでこれ以上妹系や後輩系のキャラは必要ないのかもしれません。

しかしレコちゃんはホント周りを引きつけまくってますよね。この作品の中でるいせ×ちーちゃんは鉄板だと思うのですが、レコちゃんは最終的に誰とくっつくんでしょうね(百合脳)


・ひろなex.
女子中学生交えて脱衣麻雀とか非常にけしからんですね!! いやめぐみちゃんが脱いでくれなくっても別にいいです。脱ぐのはこっちオンリーでもいいです。女子中学生の前で脱いで…はぁは(ry


・ホームメイドヒーローズ
鈴城先生の新作連載。ヒーロー戦隊になりたい家族の話…てことですかね? と言ってもなりたい(憧れてる)のは主におじいちゃんやお父さん達の様ですが。

しかしヒーローものをネタにするとやはり少年の名前は烈人クンになっちゃうんですね。昔そういえばサガフロンティアと言うゲームにもそんな名前の主人公いたなぁ…変身ヒーローの…。

4コマ一話一話のサブタイトルに結構パロディネタがあって面白いですねwパニッシュメントディスワールド吹きましたわww

兄妹の名前に戦隊モノの色に関するものがあるのでそれがそれぞれの個性につながりそうですね。早速今回、麻凛(まりん)ちゃん→冷静サブリーダーのブルーと言う展開がありましたし。

次回以降、どんな感じになるかが楽しみですね。


・スイーツどんぶり
いやはやもう…何がなんだか…本当に凄いですねこの作品は!!

僕、この作品って少年ジャ○プのバトル漫画をそのままきららの4コマに持ち込んだ様な、そんな作品だと思うんですよ。

パワーを数値評価する(CP)とか、悪の組織とか次々現れる刺客とかも勿論ですが、物語序盤は日常モノと思わせておいて途中から突如バトルに巻き込まれて行くとストーリーの手法そのものがジャ○プそのもの!!

更に言うと主人公の初期からの仲間が、バトルが激化していくうちについて来れなくなってただの解説役へ落ちて行ってしまうところまで…ね。

ただ、この作品の凄いのはそれで終わりじゃなかった。今回はそんな解説役に落ちてしまいつつあった仲間・柿崎さんのスポット回でした。

柿崎さんの過去の因縁の相手が復讐しようと仕組んだワナ。自分自身の料理部での存在意義を見失いつつあった彼女はそこにハマってしまい、相手のなすがままに…。

だけどそこに現れた酒井さん達の一言で蘇ります。「ウチの柿崎が」と言う一言で。

彼女は決して足手まといなんかじゃあなく、酒井さん達料理部の大切な仲間だったんですよね。きっと彼女にも、出来る何かがあるハズ!! ただの解説役を脱した彼女が一体今後どうなっていくのか…楽しみですね!!

と言うかこれ、料理バトルじゃなく単なるバトルならばダントツで柿崎さん最強なんでしょうけどね。蘇った柿崎さん、数百人からいた相手集団一瞬っでのしちゃってますし…w

そんなこの作品も今月とうとうコミックス一巻が発売!! 凄く楽しみです。

実を言うとこの作品、初期はあまり好きじゃなかったんですけどね…と言うかむしろ苦手な部類の作品でした。でもそれがいつの間にやらMAX誌上でも5本の指に入る位に気に入ってます。

単行本の表紙もいわゆるきらら系萌え4コマらしからぬ濃ゆい感じに仕上がってますし、あとは特典の類がどうなるのか…待ち遠しいですね。


・落花流水
結城さん(アーチェリー部長)×春河さんとはこれまた新しいカップリングですな!!

まあこの二人と言う組み合わせだけにそんなに百合百合しい感じは無かったですけど、でもそれまでさほど接点の無かった二人の微妙な距離感とか、その中でも気が合って楽しんでいる雰囲気。そんなのが素晴らしかった。

「ちゅー」の代わりに「ピロリン」のくだりとか実にいいですね。ゆー姉×暁とか水夏センパイ×秋穂とかそういう百合ップルの存在があるだけに、この何気なさが逆に引き立って見えます。

最近の真田先生は本当に絶好調だなぁと感じずにはいられません。

あと小ネタでは大谷×三成のネタとか結構ツボでした。何気にこういう史実ネタだとかがあなどれないんですよね、この作品は。


・R18!
最近では仕事帰りの電車ん中できらら読むことに何の抵抗感も感じなくなっている僕ですが、でもさすがに今月のこの作品の扉絵を車内で広げるのはアウトだと思いましたww

あと、美少女ゲームに出てくる登場人物が自分の知り合いや家族と同じだったら…てのは凄くすごく分かります。特にエロ系だとそれって致命的ですよね…途端に感情移入(意味深)出来なくなりますから。


・三種のジンギ!
校内の隠し通路探索…な話。途中のいろはちゃんの鏡のくだり、怖いんですけど…最後に出て来たセンパイ(?)も結局正体分からないし怖い、怖いよ!!

まあその辺り全てぶん投げてる辺りがなんともこの作品らしいですがw


・▲コンプレックス
篠峯さんの正月晴れ着姿が花魁…これ、つい最近ニュースサイトで「今年の成人式に花魁衣装」とかそういうの読んだところだったから妙にツボりましたw

しかしひのりちゃんと篠峯さんの関係ってひのりちゃんが振り回してる印象だったのですが、今回の話読むと完全に関係性が逆転しちゃってますよね。

ひのりちゃんは渋沢クンのことを意識し出してからどんどん女の子ぽく、可愛らしくなってきている様に思います。


・こっち向いてマカロン
読み切りゲスト作品。男嫌いな女のコが勇気を出してやってきたバイト先で素敵な男の子と出会って…と、MAXには珍しいまともな恋愛モノかと思いきや…!!

えっと…男の子かと思ったら女の子で、逆に女の子だとばかり思ってた同僚の子が男の娘とかもうわけがわからないよ!! さすがMAXに掲載される作品…一筋縄じゃいかねぇ!!

となるとこれ更に、今回名前の紹介だけだったパティシェ見習いの人も女の子なのかな。そう言えば登場人物全員、男なのか女なのか分からない名前ばかりだし。

しかし男の娘が持ってた写真がBL趣味だったと言うのはこれ、どう解釈すればいいんですかね。しかもそのBL写真の少なくとも片側は実際は女の子なワケで(混乱


・Free!
ああ…今月のこの扉絵…これこそカラーで見たかった…!!

kirara_max_201303_free_s

サンタ服の四人がもう可愛過ぎてたまりません。微妙に違う衣装がそれぞれの個性によくマッチしてて皆ホントに可愛いです。特にミサキちゃんのはちきれそうなけしからん色々が…。

今回はクリスマスでプレゼント交換な話だったのですが、ミサキちゃんのこの報われないっぷりはなんとも言えないものがありますね…自分が費用捻出のために作って売ったサンタ衣装が巡り巡って回って来ちゃうとか!!

でも僕ら読者にとってはミサキちゃんのサンタコスが最高のクリスマスプレゼントです(笑顔)


・コスプレの神!
この作品はホント毎月毎月古いネタを散りばめてくるので作者さんの年齢が一体お幾つなのか私気になります! どうにも自分と同年代なんじゃって気が…w

しかしプリ○ュアネタの後でセーラー○ーンとか…これは古い世代にも新しい世代にもどっちにも伝わる様にって言う配慮ですよね(違


・√中学生
欄外のアオリ文にもありますが、操ちゃんのジャージの着方はそれどうなのよ…いや僕ら読者達には別にイイと言うかむしろごちそうさまって感じなんですが、月ちゃん達との格差社会が…ああ…。


・アキタランド・ゴシック
今月号のMAX発売前に、サイトの方が一足早く更新されちゃってたんですよね。で、そこで載ってた来月予告に衝撃の一言。「アキタランド・ゴシック最終回」…!?

もうね、衝撃が走りましたよ。ツイッター上でも自分の周りの人皆ビックリしてた模様で…この作品って実は昨年の4コマオブザイヤーで新刊トップに輝いたんですよね。

つまり、4コマ読みの間では結構熱い支持を受けている作品なワケで…それが終了とかホントにビックリしました。まあ、投票している人間は4コマ読みでもコアな層も多いだろうし、きららとかの一般的な読者とはズレがあるでしょうし…。

実際僕もこの作品は一般受けする様な作品だとは全く思わないですしね。でも個人的には、この作品凄く凄く好きになってきたところだったので残念です。

と、今回が最終回目前の回となるわけですが、でもやってることは相変わらず。鉱山での新年穴掘り大会とか一体全体このアキタとやらはどこの雪国なんですかねw

更に掘った穴から地底人が出て来たり、その地底人とサバイバルゲームで対戦することになったり…全くもって最終回が来るとは思えないこの展開!!

一体、次号の最終回はどうなってしまうのか。地底人とのバトルは!!

もうね、こうなったら楽しみに待つしかないと思うよ。うん、楽しみに待ちましょう。


・ふわふわ科学
レアメタルはよく名前聞くけどレアアースってあまり聞いたことなかったなぁ。作中で触れられている以外にも光ディスクなんかにも使われているみたいですね。

しかし今回はいつも以上に薀蓄…と言うかお勉強っぽいムードがあったかも。リサイクルやリユースだとか、エコ的な視点にも触れていたからでしょうか。

それにしても登場人物でも一番ミステリアスなチエちゃんが街の電気屋の娘さんだったとは。いや逆にぽいと言えばそうなのかもしれません。


・カレーの王女さま
秋のバス遠足で立山・黒部へ…な話。この作品のことなので黒部へ行こうがどこへ行こうが当然、話の中心はカレーなワケなんですが…でも僕は今回、カレー以外の部分に色々と釘付けでした。

いや個人的にアルペンルートの方って一度遊びに行ってみたいんですよね。とりわけこの作品の中でも取り上げられていた「トロリーバス」に凄く興味があるんですよ。

何かと言うと、まるで電車の様に架線からの電力供給で走ると言うバス。バスだから線路は無くって道路の上を走るんだけど、でも架線から外れると動けなくなると言うシロモノ。

言わば路面電車とバスの中間的存在みたいな感じですね。実際、日本ではバスじゃなくって鉄道として扱われてたりします。

立山・黒部にしか走っていない珍しい乗り物なので一度乗ってみたいんですよね…。

あと黒部ダムも観てみたいですし。

どうも僕はこの作品、カレー漫画ではなく、旅漫画として読んでしまっている様です。


と、今月はこんな感じで。

いやはや…やっぱりMAXは濃いですね。濃いMAXがこれまた濃いミラクと日をそう開けずに発売されるもんだから読者としては本当に大変ですw

なので最近はなるべくこの周囲で仕事休みを取る様に考えてます。でないと読むことも感想書くこともなかなか難しい…デス…。


Comment
この記事へのコメント
今月のMAX読みました。
やっぱりMAX作品には個性が感じられますね。でも年齢的には大人方向ですが。
きんもざのアニメ情報が楽しみです。こんかいの忍とアリスのラフがめっちゃよかったです。今月のフォワードにはストーリー漫画が連載される上にカレンのラフが載るらしいですぞ。ぜひぜひフォワードもチェックであります。
2013/ 01/ 24 (木) 03: 29: 48 | URL | ヘイホー # -[ 編集 ]
>ヘイホーさん
MAXの個性は確かに大人向けな感じはありますよね。だから面白いと言うのもあるかもしれませんが。

きんモザの忍&アリスのラフ、予想外に良かったです。
フォワードは普段買ってないのですが、今月はもう買わざるを得ないです。なにしろストーリー漫画に、僕の一番好きなカレンちゃんのラフまで載ると聞いてしまっては…w
2013/ 01/ 24 (木) 07: 44: 59 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
こんにちは

フォワードのきんいろモザイク、立ち読みしました。
きんいろモザイクのストーリー漫画は珍しかったです。

今月のMAXでは、落花流水の石田三成と大谷吉継の話が印象的でした。
これでちょっとは頭が良くなった気がします。

きんいろモザイクのアニメ、とても楽しみですね。ラフも可愛かったです。

2013/ 01/ 28 (月) 16: 30: 35 | URL | shijimi # -[ 編集 ]
>shijimiさん
きんモザのストーリー漫画、普段の4コマとはちょっと違う雰囲気で新鮮でしたね。
それでもまあ、やっぱりいつもの5人だなぁと言う感じでしたがw

カレンちゃんのラフも可愛らしかったですね。

落花流水の石田三成と大谷吉継の話は前にどこかで読んで知ってはいたんですよね。
こういうちょっとした歴史ネタだとかがちょいちょい挟まれたりと、マニアック心をくすぐるのもMAX連載作品の良いところだと思います。
2013/ 01/ 28 (月) 18: 32: 47 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
かなり遅れましたが感想読みました~

亜梨香ちゃんの「甘ッ!!」は面白かったです。
ツッコミがあまりにも的確過ぎてww

スイーツどんぶり、柿崎の料理も結構破壊力あると思うんですけど…(汗)
でも気がついたら立派な解説役になってますね。
個人的にはこれからも解説役してそうな予感がしますが…どうなるんでしょうね。
今後も楽しみな作品です^^
2013/ 01/ 29 (火) 00: 41: 30 | URL | クロスケ # vQU5PwVA[ 編集 ]
>クロスケさん
亜梨香ちゃんのツッコミは超的確でしたね。ホント彼女は読者の言いたいこと全部言ってくれてる気がしますw

スイどん、冷静に考えると柿崎さんの料理(目玉焼き)は殺人兵器ですよねこれ…。
CPとは別ベクトルでの凄いパワーを秘めていそうな気がしますw

LIFEとの戦いとか、これからどうなるのかホント目が離せない作品ですよね。
2013/ 01/ 30 (水) 12: 06: 09 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...