ラングドック「MANOIR GRIGNON」のワイン。
2013年 03月 06日 (水) 22:45 | 編集
いつの間にやら3月に入って少しづつ春めいてきた感じがあります。

そんな中昨日は休日でしたけど…相変わらず家に引きこもってましたwいやだって、先月末に買ったKRコミックスの「ご注文はうさぎですか?」2巻と「桜Trick」2巻が面白過ぎるんだもん。

これ読み返したりブログに感想書いたりとかしてたら時間なんてあっと言う間に過ぎちゃいましたわ。


まあでも…もう少し暖かくなってきたら乗り鉄にでも出かけようと思ってますけどね。とりあえず今年の目標(?)として、豊橋鉄道全線と長良川鉄道は乗りに行きたいなと。


そんなところで昨夜飲んだワインの感想でも。

昨夜はフランス・ラングドッグのワインですね。マノワール・グリニョンのワイン。金山駅構内のコーヒーショップKALDIで1180円。


まずは白…と言いたいところですが、たまには変わったものを飲んでみようと言うことで白じゃなくロゼをチョイス。


「MANOIR GRIGNON SYRAH ROSE 2011」
(マノワール・グリニョン・シラー・ロゼ)

WINE_20130305_01s

WINE_20130305_02s

ロゼ自体飲むのが久々ですが、このロゼは仕様品種がシラーと言うのがまた変わってますね。シラーって言うと重たい赤と言うイメージですが、果たしてロゼだと一体どんな感じになるのか?


さて、まずは抜栓。栓は人工コルク。抜いた栓をかぐとわずかにストロベリーのニュアンス。

グラスに注ぐと色はとても綺麗。透明感のある鮮やかなルビー…いや、ルビーよりももっと明るいですね。ピンクに近い位の明るい色調で、透き通っていて大変美しいです。色で言えばワインの中でロゼが最も綺麗なのではないでしょうか。

香りはとても甘やかで華やか。ストロベリー系の甘酸っぱいアロマがふわりと漂います。


口に含むと…とってもジューシィでフルーティ!! フランボワーズやストロベリーの甘酸っぱい果実味が口いっぱいに広がります。

飲み干して鼻に抜けて行く香り、後味にも非常に華やかで心地良いものが感じられます。

シラーは赤ワインでも重めでスパイシーな品種と言う印象ですが、ロゼだと全くイメージが異なりますね。タンニンの渋みだとかも全くなく、ただただ果実の美味しさだけがぎゅっと詰まっている感じ。

ロゼワインって白ワインに近いのか赤ワインに近いのか考えてしまいますが、でもこうして飲んでみると赤よりは白に近い感じでしょうね。合わせる料理も多分、白に合わせる料理の方が合うのではないかと。

(もっともウチで飲む時にそんなこといちいち気にしちゃいませんがw)


赤はこちら。

「MANOIR GRIGNON CABERNET-SYRAH 2011」
(マノワール・グリニョン・カベルネ・シラー)

WINE_20130305_03s

WINE_20130305_04s

赤はカベルネとシラーのブレンドをチョイス。

こちらも栓は人工コルク。抜いた栓を嗅いでみてもあまり香りはしない…?

グラスに注ぐと色はとても濃いスミレ色。いや…スミレよりは赤みが幾分強いでしょうか。そしてベルベットの様な光沢感と言うかきめこまやかさの様なものが感じられます。とても深みのある色合い。

香りは蒸れた様な感じが少しあって、あとはほくほくと甘いニュアンス。でもそんなに強い香りではなくやや閉じた印象を受けます。奥の方に赤黒い果実の雰囲気がわずかに感じられます。


口に含むと…実になめらか!!

色合いに感じたきめこまやかな印象が、味わいにもそのまま感じられます。濃厚ではあるのだけれど決して鈍重に重いのではなく、非常に豊かな果実味。

タンニンもしっかりしているのだけれど、ハッキリと渋いと言うのではなく果実味の中に上手に溶け込んでいて、ワインの骨格を支えている感じですね。

果実感は意外にもフレッシュで、サクランボやベリーのニュアンスを強く感じます。そこに樽由来と思しきバニラの風味が加わってとても心地良い味わい。

ボディはフルに近い、重めのミディアムと言ったところでしょうか。


時間が経つとバニラっぽさがより香りの前面に出て来ますね。またそれと同時に、シナモンの様に甘くそれでいてスパイシーなニュアンスがハッキリと感じられようになってきます。

それでいて味わい自体はよりまったりとまろやかになってきて、その対比と調和、バランス感が実に素晴らしいですね。


今回飲んだ「マノワール・グリニョン」のワイン。ロゼも赤もどちらも非常に美味しかったです。値段もお手頃だし、特に赤の方はまた見つけたらリピートしようかな…w


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...