「まんがタイムきららMAX'13年5月号」感想。
2013年 03月 20日 (水) 13:26 | 編集
では昨日発売のきららMAX感想、行ってみましょう!!

…先日のミラクに続いて発売日翌日に感想書けるなんて奇跡だわw


kirara_max_201305s


・表紙
今月の表紙は「きんいろモザイク」。アニメの方の情報も色々出てきてますし、これはアニメ放映終わるまでは当分この作品が表紙となるのでしょうか。

個人的にこの作品は大好きですし、原先生の可愛らしくて美しいイラストを表紙で見られるのはとても嬉しいのですが…でもたまには他の作品表紙も見たいなぁと思ってしまいます。

前に「LSD」や「カレーの王女さま」が表紙を飾った月がありましたが、ああいう変化球的なことをやってくれるのもMAXの大きな魅力の一つだと思ってますので。

それはそうと今月の表紙。巫女さん姿のアヤヤとアリスがとってもキュート。アリスが手に持っているのはもしやお屠蘇…? いけませんよ、お酒はハタチになってから。

そしてアヤヤ…ああっもうこのアヤヤがなんか可愛過ぎてかわいすぎて…何と言うかイケナイことしたくなる衝動に物凄くかられます。いたずらしたいいたずらしたいいたずらしたい!!

アヤヤって物凄く、加虐欲を刺激されるキャラですよね(最低)


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・シノ部ニュースレター
とうとうキービジュアルが公開されましたね!!

これ見るとキャラデザに関してはすっごく頑張ってると思います。5人とも可愛い。とりわけアヤヤが非常に可愛らしいのでアニメでは恐らく一番人気になるんじゃないかな…と。まあキャスティングにもよるでしょうが。

そしてスタッフや制作会社も発表されました。

個人的に一番気になってたのは制作会社だったのですが、Studio五組だそうで。五組と言えばきらら読者にとっては「Aチャンネル」のアニメですよね。

あれはなかなか良い出来だったと記憶しています。原作の雰囲気を上手に残しながら挿入歌だとかアニメでしか出来ないことも取り入れて…このテの作品のアニメ化としては非常に王道的な、正しいアニメだったと思います。

ああいう雰囲気でやってくれれば言うことないんですけどね。

スタッフさんは名前聞いてもよく分からなかったのですが、調べたらシリーズ構成は「電波女」、キャラデザは「中妹」の総作監の方らしいですね。

あとはキャスティングがどうなるか…僕は声オタじゃないですし、正直この作品に関しては声のイメージもさっぱり分からないのでぶっちゃけ誰でもいいです。きちんとした演技の出来るまっとうな声優さんであれば。


・きんいろモザイク
今月は勇姉さんがスランプ→じゃあ皆でパーっと遊びに…がなぜかあれこれ写真を撮りまくってと言う話でした。こういう振りで始まる場合、通常なら勇姉さん主役回となりそうですが、でもこの作品はそうじゃないですよね。

基本、特定の誰か一人にスポットって話はほとんど無いんですよね。読み終えてみるとなんだかんだで全員に均等にスポットが当たってる、そんな場合が大半な気がします。

個人的にはカレンちゃん×クゼハシ先生の絡みが良かったですね。休日スタイルのクゼハシ先生とばったり出くわしてそのまま写真パシャパシャ→困惑するクゼハシ先生と言う流れがw

この二人って当初はクゼハシ先生の方が強キャラぽかったですが、完全に攻守逆転しちゃってますよね。しかしこうなるとカレンちゃんの相手はクゼハシ先生で確定なのかな(百合脳)

百合脳的にはこのコマがたまらないです。

kirara_max201305_knmz_s

勇姉さんの載ってる雑誌を憧れのまなざしで眺めるカレン×アヤヤ。二人の間のハートマークと言い、セリフをあれこれ差し替えて遊びたい。でもこの二人って絵的に非常にお似合いだと思いませんか?

あとは勇姉さんとシノの姉妹愛も今回の見どころでした。シノの気遣いにありがとうと礼を言う勇姉さん、そしてシノの写真ばっかり見てる勇姉さん。彼女は本当に妹大好きなんですよねw


・ご注文はうさぎですか?
今回はココアちゃんとシャロちゃんが千夜ちゃん家に勉強会でお泊まり…な話。

と言うワケでココア×千夜の暴走がいつにも増して酷い回でした(注:褒めてます)

甘兎庵の制服を着たココアちゃんと言うのもレアですが、とにかく二人のやり取りが酷い。基本どっちもボケなのが、二人合わさると誰も止めないまま突っ走るハイテンションボケにパワーアップしちゃってますねw

しかし千夜ちゃんのセリフ回しがいちいちいかがわしく聞こえるのは僕の頭の中がいかがわしいだけなのでしょうか?

個人的に大爆笑したのが15ページ2本目の4コマ。勉強会開始でシャロちゃんを呼ぶ→集中力が切れそうになったらハリセンで叩いてほしい→課題のプリントが見つからない。

kirara_max201305_gcus_s

プリントそこかよwww

ああ…こりゃシャロちゃんならずとも「帰っていい!?」てなりますわ…。ホントこの二人の間に挟まれるとかシャロちゃん不憫過ぎますねw

でもその一方で、千夜×シャロの幼馴染みならではの良い関係も見られたり。

入学前の二人のエピソードは凄く良かったですね。千夜ちゃんが浮かない顔をしていたのは、自分自身のこともあるけどそれよりもシャロちゃんのことを心配していたから。

千夜ちゃんて言うといつもシャロちゃんのことを弄り倒してるイメージありますけど、でも実は凄く彼女のことを気にかけているんですよね。

そんな千夜ちゃんとシャロちゃんがココアちゃんに、それぞれお互いのことをよろしくと言っているのも良かった。この二人はホント良い幼馴染みだなぁと思います。

シャロちゃん的にはリゼ先輩が憧れで…なんでしょうけど、でもたぶん彼女を一番大切にしてくれる人はずっとそばにいる千夜ちゃんだよ。と言うワケで僕はこの作品のカップリングでは断然千夜×シャロ派です。

他にもシャロ×ココアのお風呂とか、リゼちゃんの前髪パッツンとか、中学生ズのつるぺったん水着とか濡れティッピーとか見どころ満載な今回。

ホントこれだけたくさん詰め込んでおきながら、ごちゃごちゃさせずにすっきりと読ませるこの構成力は凄いなぁと毎回ただただ感心&驚愕してしまいます。


・かなめも
久々の美華ちゃんかわいい回で大満足でした。新学期からのクラス替えがどうなるか…をあれこれ妄想しては悶えてる美華ちゃんがもう…もう…もうね!!!(バンバン)

kirara_max201305_knmm_s

美華ちゃんの言う「好き」はLIKEじゃなくってLOVEですよねもちろん(ニッコリ)


・R18!
エロゲ業界の飲み会とかそんなの本当にあるんですかね…まあ、こういうニッチな業界だからこそそういう横のつながりとかあるのかもしれませんが。

しかし確かに男女が同じ職場にいたら色々大変ですねこれは。塗りやらグラフィックの細かい指示を出す場合どうすりゃいいんでしょうねw

そんな業界の裏話的なやり取りも面白かったのですが、でも最後のオチで全部持って行かれた件。おんなのことおんなのこが出会いがしらにちゅーしておっぱい揉んでるとか頭おかしい(褒め言葉)


・彼氏ってどこに行ったら買えますの!?
kirara_max201305_krdk_s

扉絵からして大変にいかがわしい件。

話自体はまあよくあるダイエットネタなんですが、女の子ってホント体重とか気にし過ぎですよね。それにしても太ったと気にするみすずちゃんのおしりやらお腹やら触りまくる護ちゃん…。

扉絵でも亜梨香ちゃんのお腹もみもみしてますし、もしや彼女はそっちの人なんでしょうか。そう考えると大オチの亜梨香ちゃんとのやり取りも意味深なものに思えて来ますね。アオリ文に書かれたこととも相まって…。

これはもしや、この作品が亜梨香ちゃんの彼氏欲しい漫画から護ちゃんとの百合いちゃラブ作品へ発展する可能性も…?(百合脳)

あと亜梨香ちゃんのみすず・哉カップルへの反応がこれまでの「リア充○○!」から壁殴りと言う新たなパターンが増えたのが地味に可笑しかったですw


・○本の住人
非常に感想書きづらいのですが、でも非常に面白かったです。今月MAXの中では間違いなく一番大爆笑しちゃいました。

とりわけ個人的には47ページの聖徳太子ネタ。なんでいちいち押し戻すんですかw

あと女子会ネタの反復とかオチのフリーダム過ぎる俳句とか。こういう頭のネジが一本どころじゃなく取れまくってるぶっ飛んだ作品が長々と続いているのもMAXと言う雑誌の面白いところですよね。


・いちごの入ったソーダ水
部活動をどうしよう…の話。るなちゃんが実は運動能力物凄くって体験入部した色々な運動部から引っ張りだこと言うのはまあ、ありがちと言えばそうなんですが…体が鍛えられた理由の「中学のやんちゃ生活」。

53ページのシルエットを見るとやんちゃとかもうそう言うレベルじゃないのですがそれは…。

あと咲太郎クンはオチキャラとして非常に良いですね。女子高の運動部の部室の匂いってどんな匂いなのか…気になるのは多分大半の読者がそう。彼は読者の良き代弁者ですねw


・こずみっしょん!
万能銃はこれもはや「銃」じゃないんじゃ…万能な「何か」ではありますけど。


・ひろなex.
「カッコいい男のコ」と言うワードに対するひろなとめぐみちゃんの認識のブレがおかしかったです。あとジオングの頭部…w


・▲コンプレックス
センターカラーの扉絵見て…ああ、ひのりちゃんは青髪だったのかと。なんとなく赤とか茶色とかそっちのイメージがあったので意外な気もします。

ところで最近この作品読んでると、欄外のキャラ紹介に少し違和感が…凛子ちゃんのところ「破天荒なひのりにいつも振り回される」とありますが、最近はむしろ凛子ちゃんがひのりちゃん振りまわしてますよね?

いや…振り回すと言うよりは掌の上でもてあそんでる的な…?

しかしひのりちゃんのチョコを貰った時の鋼太クンの反応。義理と分かってホッとしている辺りひのりちゃんには望みが…そう考えると切ないなぁ。


・ホームメイドヒーローズ
兄妹の名前、烈人クンがレッドだから紅里ちゃんはレッドじゃなくピンクかな…と思ってたのですがどうやら普通にレッドだった様で。

そんなワケで名前の由来あれこれな回だったのですが、真白ちゃんの名前を他の色と悩んで結局黄色は止めたくだりには凄く納得。うん、確かにある一定の世代にとって戦隊モノの黄色と言えばカレー好きのイメージ強過ぎて…w
ワタシもたぶんその世代引っかかってますが。

しかしクラスメイトのぴんくちゃん…一休と書いて「ぴんく」って。でもこういう名前が現実に増えてきているのが笑えないですよね。


・落花流水
前半は自転車乗る時のうんぬん、後半はお風呂で身体を洗う時…の話。

自転車乗る時にスカートを下に敷くか敷かないかと言うことなんですが、これって敷くのが普通なのかと思ってました。だって敷かずにってことはつまり…サドルの上に生のぱんつがそのまんま…。

ああっ自転車のサドルになりたい!! 俺はサドルだ!! サドルになるぞおおお!!!

身体を洗う順番なんですが、夕ちゃんの答え…自分のじゃなくって暁ちゃんを洗ってあげてる時のかよ!! 全くホントぶれないなこの方(達)は…。

でもそんな二人でも大事なとこは洗いっこしてないんですね。てっきりこの二人なら全て経験済みかと思ってましたのにちょっと意外。


・うにうにうにうに
青田めい先生の新作読み切り。この方ってMAXに何回か読み切り描かれてますが、連載はしないんでしょうかね? 今回のも単発ゲストっぽいですし。

とりあえず今回の話、今までのこの方の作品で一番好みだったかもしれません。妖怪(?)のうにちゃんが可愛過ぎます。そりゃお姉さんならずとも連れて帰りたくなりますわ。

でもこれ、お姉さんのやってることって未成年略取とかそういうのに引っかからないですかねw


・うぉんとふれんど
読み切りゲスト作品。最初のページの「子宮」があまりに出オチ過ぎるwww

でもその出オチで持って行かれてしまったのか、全編楽しく読むことが出来ました。何気に今月のゲスト作品の中では一番ツボでしたよ?


・ふわふわ科学
科学うんちく4コマと言うなかなかありえないジャンルで楽しませてくれたこの作品。ああ…とうとう最終回を迎えてしまいました!! でも最後はセンターカラーと言うことで、きちんと綺麗に終わってくれたので満足するしかありません。

さて、今回は流れ星の話でした。この作品の最終回って一体どんな感じになるのか全く想像がつかなかったのですが…なるほどそう来たか。

話の序盤~中盤は流れ星の燃える仕組みだとか星の種類だとかにまつわるあれこれ。最終回と言ってもやることは全く普段と変わらずきちんと科学うんちく4コマを通してます。この安定・安心感。

それにしても流星塵なんてそんな簡単に拾えるものなんですね。ちょっとネットで調べてみたらこういう物体は絶えず地上に降り注いでいるとかなんとか…なるほど。

ラストは大量の流れ星に皆で願い事を…と思ったら皆にはめられてミソラちゃん一人だけが願い事を言ってたと言うオチ。だけどその願いが「みんなと一緒に居られますように!」てのがイイですね。

作品自体はこれで終わってしまうけれど、ミソラちゃんの願い通りにいつまでもずっと、彼女達は一緒にこうして科学を楽しみながら仲良く日常を過ごして行くんだと思います。

田仲康二先生、本当にお疲れさまでした。4月に発売の単行本2巻楽しみにしています!!


・√中学生
アルネちゃん覚醒回でした(?)

しかしかわいいものを見るとおかしくなるのに月ちゃんの護衛やってたんじゃ、毎日毎日おかしくなっちゃいますよねきっと…w


・スイーツどんぶり
前回、酒井さんに声をかけてきた黒スーツの青年(池神さん)と酒井さんがデート…な回。となると当然面白くないのが栗原さんなワケで、柿崎を連れて尾行に行くワケなんですが…。

栗原さんの色々な表情や壊れっぷりがもう面白過ぎますね。ツイッターでFBC先生が「今月は栗原さんを描くのが楽しい」みたく言ってるのが流れて来たのを見かけたのですが、うん…納得w

でも最後の最後で明かされた池神さんの正体。

え…マジでそう来たのか!!

いや、先月の感想で僕、もしかすると七ツ星の4番なんじゃないか…なんて書いたものの、さすがにそれは深読みかなとも思ってたんですよね。でもやはりそうだったか。

しかし池神さんの酒井さんに対する態度もあながち演技で造ってるだけにも見えないし、この二人の対決は一体どうなっちゃうんでしょうね。魅かれあう二人が戦わなくてはいけない…とか、そんなシリアスストーリーの展開も充分あり得る。

前にまどマギのアンソロでFBCさんの作品読んだ時に、この方は深いストーリーだとかもイケると感じたので、今後話がシリアスに向かって行く可能性も十分あると思うんですよね。

次号がどうなるのか本当に楽しみです。

あと今月、いつもと絵のタッチが少し違う様に感じました。先月のと較べると線がちょっと濃くて太い様に思います。


・カレーの王女さま
ああ…そう言えばこの作品ってあの有名某チェーン店をまだ取り上げて無かったんですね。もうとっくにやってる位のつもりでいましたが…。

僕もあのカレー屋さん、長いこと行ってないですねぇ。たまには行って激辛のを頼んでみるのもいいかも。でもあそこの激辛って味が無くってただ辛いだけって気もしなくもないしなぁ…。

にしても渚お姉さんは本当にブレないですねw


・Free!
事前にGAN先生のブログでラフ画を見ていたので想像はしていましたが…やはりゲーム世界でのお話でしたか。アトリちゃんが作って来たゲーム世界での話。

にしても…この扉絵…。

kirara_max201305_free_s

ミサキちゃんがいかがわし過ぎる!

踊り子と言うことでのこの衣装ですが、彼女のあの身体でこの衣装は反則過ぎる!! そして身体中を濡らす汗のしずくがなんともエロス…!!

でもミサキちゃんって今のきらら全作品全キャラ中で最も肉感的だと思うのですよね。単におっぱい大きいとかじゃなくって、出るとこは出る、引き締まるところは引き締まると言うそのバランスと対比が絶妙。まさに肉体美。

あとキスカ姫ちゃんの魔法使いは似合い過ぎですね。魔法使いと言うよりは魔法少女…いや昔懐かしい魔女っ子と言う感じでもありますがw

しかしこの話、一話限りかと思えば次回にも続くとのことで。と言うことはこのまま魔王征伐とかそんなところまで行っちゃうのでしょうか。何にせよ次回が楽しみです。


・コスプレの神!
とうかちゃん達がとうとう雑誌デビュー…な話。

今月はとにかく、最後の理事長先生のセリフに大爆笑でした。

「んまーっなんざますこのいかがわしい生徒はっ!?」

たぶんこのセリフがツボってしまった人は、僕が普段ツイッターで絡んでいる方々には多いんじゃないかと思われます…w


・三種のジンギ!
ああ…終わってしまいましたよ…。同じ最終回でも上の「ふわふわ科学」みたくきちんと完結してくれる分には良いのですが、こうして単行本2巻が出ないままに終わってしまうのは本当に残念で無念です…。

でも話としては凄く綺麗にまとまってましたね。いなくなってしまった乙女ちゃんのお兄さん。とうとう見つかりました…それも、教育実習でやって来たと言うまさかの展開!!

しかしお兄さんが教師目指した目的って…うん、まあそうだよねw

あと、乙女ちゃんが楓美ちゃんやいろはちゃんときゃっきゃしてる姿を見て「キマシタワー」とかそのブレ無さっぷりが素晴らしい。

最後は何やらイベントの匂いを嗅ぎつけて突如去ってしまったお兄さんと、それを追う皆のカットで締め。今までの登場人物も全員集合で、ああこれがきちんと単行本完結まで行ってればまさに大団円だったのに…。

なにはともあれ、羽咋あみ先生本当にお疲れさまでした。


・ソラミちゃんの唄
ライブに出ると決めたものの結局尻込みしそうなソラミちゃんが、やっぱり変わらなきゃと決心するまでの流れが良かったですね。

特に218ページのギターの音で決意を固めるシーンは非常に良かったです。動きと言うか、妙な迫力の様なものを感じました。


今月は以上で。

MAX的にはきんモザのアニメ化で大いに盛り上がっていると言う感じでしょうか。でもそれだけじゃあなくって雑誌全部、どこからどう切り取って読んでも内容濃くっていかがわしくって面白いのがこの雑誌の良いところですね。

やはり個人的にはMAXは他のきらら誌と較べてダントツに好きだなぁと言う感じです。

一風変わった作品が多いこともですし、きんモザやごちうさの様な一見正統派の可愛い系作品であっても実は相当に頭おかしい(褒めてます)と言う辺りが本当にたまりません。


Comment
この記事へのコメント
こんにちわ

三種のジンギ!ついに終わってしまいましたか・・・。
少し寂しいですね・・・。

さて、きんいろモザイクのアニメの作成も着々と行われているようです。
Studio五組・・・。
どこかで聞いたことがあると思いましたが、Aチャンネルでしたね。
それと、咲の阿智賀編もたしかStudio五組だったかなと思います。

非常に話がそれましたね。

私はきんいろモザイクのアニメはかなり楽しみにしています。
7月放送待ち遠しいです。

最近は公式サイトがリニューアルしましたね。

それと、「ゆゆ式」も楽しみです。

2013/ 03/ 20 (水) 16: 31: 49 | URL | shijimi # -[ 編集 ]
きんもざのアニメ制作がAチャンネルのスタジオ五組とは驚きでした。でも、Aチャンネルでも大変楽しく見れたので期待大であります。
ふわ学が終わってしまいましたが、凄く勉強になりました。もう少し見てみたかったんですけどね。
Free!はセンターカラーカッケーとなんども見ちゃいました。いや~GAN先生本当に漫画をあまり描いたことないとかいって、めちゃうまいんだから読み応えあります。
MAX今月も楽しくよめました。声優さん誰になるのかな。放送も楽しみです。
2013/ 03/ 20 (水) 22: 25: 58 | URL | ヘイホー # -[ 編集 ]
なんだかツッコミどころが多すぎてコメしきれそうにない今回。

「ごちうさ」甘兎でのココアが生き生きしてる件。
もし下宿先が甘兎だったらきっと毎日を飽きさせない…?
でも隣のシャロが徹底ツッコミ要因で気疲れダウンするかも。

かなめもアニメ化頃からMAXを読み始めたのですが、
きんモザ&ごちうさがツートップになるとは思い返せば驚きです。
確かに他作品の表紙登場が少ないのも気がかりですが。
2013/ 03/ 21 (木) 19: 42: 04 | URL | YOU_NA_RING # -[ 編集 ]
>shijimiさん
きんモザアニメ、Studio五組を期待している人は結構多かった模様ですが本当にそうなったとは…。
五組と言えばあとは「中妹」のアニメもそうでしたね。
個人的にはAチャンネルみたいな感じで創ってくれればいいなぁと思います。

三種のジンギ終わってしまったのは寂しいですね。
終わる作品あれば始まる作品もあって、それで当然なのですが…でもきちんと単行本完結せずに終わってしまったのはどうも悲しいと言うか切ないです…。

>ヘイホーさん
きんモザアニメ、どんな風になるのか楽しみでもありちょっと心配でもあり…w

ふわふわ科学は個人的には連載開始以来ずっと興味深く読んでました。こういう、ちょっと変わった薀蓄系作品が載ったりするのもMAXの面白いところだと思います。

Free!のセンターカラーは凄かったですね。仰る通り確かにカッコいいです。
(ミサキちゃんは大変でしたが…w)

>YOU_NA_RINGさん
ごちうさ、ココアちゃんの下宿先が甘兎だったら確かにシャロちゃんが毎日疲れちゃいそうですね…wたぶん千夜ちゃん一人の相手でも苦労してそうなのに。

僕もMAX読み始めたのはかなめものアニメをやってたか、放映直後位だったかの様な気がします。
きんモザもごちうさも開始から連載開始から結構早い段階で人気に火が付き始めた印象ありますね。
2013/ 03/ 21 (木) 23: 59: 40 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/ 03/ 27 (水) 16: 52: 06 | | # [ 編集 ]
今月もいかがわしかったですね(一部作品が)
Free!のミサキちゃんはもう反則だと思います…!!
買ってきて、ぱらぱらとめくってみて、この扉絵が目に入ったときはどうしようかと思いました…

もはや「いかがわしい」がMAXのキャッチコピーと言っても過言じゃなくなってきましたねw
2013/ 03/ 28 (木) 23: 01: 54 | URL | クロスケ # vQU5PwVA[ 編集 ]
○本の住人の感想は難しいですね。
私も毎月すごく笑っているので、何とかその面白さを表現したいのですが、
どうにも上手く書けません。

『ご注文はうさぎですか?』で今月最もツボだったのは、
私も千夜ちゃんのハリセンのコマでした。
困り顔ながら恍惚としているようにも見える表情に、
持っているのがハリセンという兵器なこともあって、
千夜ちゃんがシャロちゃんを無意識に弄んでいるのを
象徴しているようなシーンに思えました。

一方で高校入学時のエピソードは、
千夜ちゃんの心配症なところやシャロちゃんを想う気持ちが
感じられてよかったです。
2013/ 03/ 28 (木) 23: 32: 10 | URL | himoto # JEJJFKlk[ 編集 ]
>クロスケさん
ほんといかがわしいですよねこの雑誌(の一部作品)は!!
Free!のミサキちゃんはもう反則と言うレベルを超えて反則でしたよね…wこれは人前で本を開くのがためらわれるレベルかと。

>>もはや「いかがわしい」がMAXのキャッチコピー
確かにそんな気もします…w

>himotoさん
○本の感想はホント難しいです。凄く笑えるのですが言葉にし難い笑いだったりするんですよね…。

ハリセンの一コマ、あれは千夜ちゃんと言うキャラを象徴した一コマだったかと思います。
シャロちゃん弄って困らせて喜んでますよね確実にw
その一方で根っこの部分で実はお互いきちんと大事に思ってる、あの二人の関係性は凄くいいなぁと思って読んでます。
2013/ 03/ 30 (土) 11: 44: 45 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...