「まんがタイムきららMAX'13年6月号」感想。
2013年 04月 23日 (火) 09:20 | 編集
では19日発売のきららMAX感想、行ってみましょう。


kirara_max_201306s


・表紙
今月の表紙は「きんいろモザイク」。まあアニメ化決定で当面はずっとこの作品が表紙のままなんでしょうけど…いや他の作品の表紙も見たいなぁというのが本音だったりします。

もちろん「きんモザ」は大好きですよ。原先生の可愛らしくて美麗なイラストが表紙で見られるのはとっても嬉しい、幸せなことだけれど…でも一つの作品に縛られない、ある種の雑多感がこの雑誌の魅力の一つだとも思ってますので。

これ、ちょっと前のMAXなら今月は単行本発売記念で「彼氏ってどこに行ったら買えますの!?」辺りが表紙に来たんじゃないかなぁ、と言う気もします。LSDやカレー王女が表紙に来てたあの頃ならば恐らくきっと…。

そう思うと余計に残念な気が。

それはまあそれとして、今月の表紙。春らしさ満開の表紙ですね。満開の桜と、それを見上げるシノとアリスと言う構図。タイトル文字がカラフルなのも華やかでイイですね。

後ろで見切れているのはこれ…カレンちゃんですよね…? なぜ見切れてしまったのかw

しかしこうして見ると原先生のカラー絵は独特の透明感みたいのがありますね。アリスの瞳やシノの髪に特にそれを感じます。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・シノ部ニュースレター
アニメ版の5人全員揃って記念撮影…なカットが来ましたね。これを見る限り絵に関してはやっぱりなかなかに期待できそうです。

次のページにはシノの部屋の図と、それにアヤヤとヨーコの表情集。アヤヤの照れ顔だとかが非常に可愛らしいのでアニメでは彼女が一番人気になるんじゃないかな…と言う気がしてます。

あとキャスティング。先月末のACEでもキャスト発表されましたね。ちょうどその日が仕事休みだったのでニコ生の中継で観ていましたが…見事に知らない方ばかりでしたw

知ってたのはヨーコ役の内山さんとアヤヤ役の種田さんだけ。それも内山さんはAチャンネルのナギ、種田さんはゆゆ式の縁とそれぞれ他のきららアニメの出演で知ってただけ…と言うw

で、最近気にとめていたらカレン役の東山さんは結構あちこちで出演されているみたいですね。今期のアニメでも某作品のヒロイン務めていて、それがなかなかに可愛らしいのでこれは期待出来るかなと。

アリスの田中さんとシノの西さんはほぼ新人…てことなのかな。まあでも逆にそれはそれで妙なカラーがついてなくて良いんじゃないかなと言う気もします。

あ。あと制作がStudio五組てのはもう先月のMAXで発表されてますが、僕は五組て言うとAチャンネルと中妹くらいしか知らなかったのですが、つい最近になって五組の前身となってる某制作会社が造った某アニメにどハマりしてるのでちょっと期待が高まってきてますw


・きんいろモザイク
冒頭からいきなり吹きましたw

kirara_max_201306knmz_s

「カレンが降ってきたり」

いや何をどうやったらそうなるんですか全くwでもうらやましい。カレンちゃんに降ってこられてるシノが本当にうらやましい。欄外のアオリにも「カレンが降ってくる…いい!」とありますが本当にいいです。ああ僕の元にもカレンちゃん降ってきて欲しい!!

でも夏モデルのカレンちゃんは正直どうかと思いました。いやこれダサイ…アリスならずともこれはダサイと言わざるを得ないwww

さて今回は前半はカレンちゃんスポットな感じでしたけど後半はアヤヤに焦点が。夏にどこか遊びに行こうと言う話の流れから海→水着となって、自分の体形にコンプレックスを持っているアヤヤがため息。

それに対するヨーコとアリスが酷かったですねw

まあヨーコのはある程度わざと言うかからかってる的な意図もありそうですが、アリスは純粋無垢に言ってるだけなので余計にタチが悪いですね。でも大声でクビレうんぬんとか言ったらアカンw

しかし今回水着や海と言うワードが出て来ましたけど、これは本当に水着回来るフラグとなるんでしょうか。この作品で水着回って今まで無かったですよね?

あえてそういう回が無いこともこの作品のステータスだと思うので安易なサービス回に走って欲しくは無いけれど…でも皆の水着姿はやっぱり観てみたい。ああこのジレンマ…。


・ご注文はうさぎですか?
前回、ココアちゃんが千夜ちゃん家に泊まりに行って勉強会…と言う話でしたけど、今回はその裏側のラビットハウスサイドの話でした。

前回の話の中で、メグちゃんマヤちゃんがラビットハウスに泊まりに来てて皆でプール行ってると言うカットがちらっとありましたけど、まさかそっちのエピソードもきちんとやってくれるとは…ちょっとビックリです。

ところで今回メグちゃんマヤちゃんの本名も明らかになりましたね。

kirara_max_201306gcus_s

奈津恵と条河麻耶。メグちゃんは多分そのままナツメグが由来なんでしょうけど、マヤちゃんの名前の由来がどうにも分からない…。

この作品の女の子達って皆、名前が飲み物に由来していましたけどメグちゃんはナツメグ…てことは飲み物じゃなくて香辛料。そうなるとマヤちゃんも香辛料なのでしょうか。だとしてもやっぱり分からないな…うーん。

さて、メグちゃんマヤちゃんがラビットハウスのアルバイトをお手伝いしてその後は皆で温泉プールへ。彼女らの幼いスク水姿もたまらないですが、リゼちゃんのぷるんぷるんでばいんばいんな水着がまた…。

更に青山さんも参戦で色々と大変なことになってます。ティッピーを人質に取っちゃう青山さんのくだりが妙なおかしさがあって良かったですね。

と言うか青山さん…前回の話では甘兎でデザート食べてたのに今回温泉プールですか。恐らく時間軸的には前回の話と数時間程度の差しかないと思うんですが…本当に神出鬼没だなこの人w

他にもチマメトリオとかココアシック(?)にかかって半ばアホの子と化してきているチノちゃんとか、さりげに気の効くチノ父とか色々と見どころ満載な今月でした。

毎月の様に言ってる気もしますが、ホントこれだけ色々な要素を詰め込んでおきながら話を破綻させることなくすっきりと読ませて、笑わせて和ませて萌えさせてくれる。この構成力の高さは凄いものだと思います。


・かなめも
なにやら新キャラ登場…? 美華ちゃんや花日新聞に縁のある人っぽいですが。

26ページ2本目の話のタイトルで気になって「こんな人1巻にいたっけ?」と読み直してみましたがなるほど…このタイトルがかかっているのはこの新キャラ(?)のお姉さんではなく、4コマ目の防犯ぬいぐるみですかw

しかし今回の話、なにかストーリー的に大きな転換がありそうな予感。この作品、次巻でラストになるみたいですしそろそろ話の締めにかかっている様な気がします。


・いちごの入ったソーダ水
真夜ちゃん先生、おとなしい文学系女子でかわいいなぁ…とか、静かな放課後を文芸部で過ごしたい思いと裏腹にるなちゃん入っちゃって受難だなぁ…とか思いつつ読んでたのですが最後のオチで何もかもぶち壊された件。

「 俺 の 恋 人 は 淫 乱 ラ ガ ー マ ン 」

もうね。盛大に草生えまくったww


・落花流水
いつもポーカーフェイスな武藤さんはどうやったら笑うんだろう?て話をしていたハズなのに、ハズなのに…。

kirara_max_201306rkrs_s

(冴香ちゃんが3人がかりで攻められるの図)

どうしてこうなったwww

いや、くすぐったら笑うんじゃない?と言う発想は分かりますが、でもなんで冴香ちゃんが実験台にされちゃってるんですか。と言うか皆もう趣旨変わっちゃってるでしょこれw

千尋→冴香のくすぐりとか、本人はそういうつもりは無いんだろうけれどもうくすぐりとかそういうのとは別の責めにしか思えません。責められてる冴香ちゃんも笑いをこらえていると言うよりは感じている様にしか見えません。

それにしてもいかがわしい。本当にいかがわしい漫画だわ…。(注:絶賛しています)


・ホイップノート
明ちゃんのもじゃもじゃ…そのネタ引っ張るのはアカン!!w


・√中学生
今回はカツラをかぶるとキャラがチェンジしちゃう操ちゃんの二面性について。操ちゃんの問いに対する皆の受け答えが面白かったですね。

ショート→意地が悪い/ロング→性格が悪いと言う月ちゃんの答えもあるイミとても的確で良かったですがw一番はやっぱりアルネちゃんの答え。

kirara_max_201306rjc_s

「ロングの操もおっぱい」

ショートもロングもおっぱいと言うこれ以上無い的確過ぎる答え。ええ、操ちゃんと言えばおっぱいですから(断言)


・彼氏ってどこに行ったら買えますの!?
今月は遠足前日のお話。遠足に備えて靴やらお菓子やら色々買い物回…ですね。女の子同士3人で買い物に来てたのに、結局また哉クンと出くわしちゃってと言ういつものパターン。

今月はもうこの一言でしょう。

kirara_max_201306krdk_s

「リア充買い物しろ!!」

いやだから買い物に来てるんでしょうがww

他にもその前の4コマでのオチの亜梨香ちゃんの表情なんかもいいですね。眩し過ぎるリア充を目の前で見てしまった時…ああこういう顔になるわw

あと111ページの唐突なドラゴンフルーツネタとかもツボりました。こういうどこから湧いたのか分からない突拍子も無いオチとか大好きです。こうして見るとこの作品も絵は物凄く可愛いけどやはりきららMAXらしい頭のおかしい作品ですよね(注:褒めてます)

さて、この作品いよいよ今月にコミックス1巻発売ですね。「きららのソムリエ」でも紹介されていますが表紙が実に素晴らしいです。亜梨香ちゃんの涙目見てると色々といじめたくなります。ああっ加虐欲をそそられるっ…!!

それにまたスカートとニーソとの間の絶対領域が…絶対領域がっ!! 更に程良く張りとボリューム感のあるおっぱいがっ…!! 亜梨香ちゃんって実は物凄くスタイルいいですよね。

火曜先生のHP見ましたけど特典も素晴らしいので複数買い行きますよ。楽しみです。


・Free!
ゲーム世界でのお話後編。なんだかんだでこのゲーム、アトリ達4人だけじゃなくってサブキャラ軍団もほぼ総出演でしたね。まさかネコヅナ君まで出るとは思いませんでしたが…w

しかしミサキちゃんがいかがわしく見えたのはあの踊り子服のせいかと思いましたが、最後の現実世界での彼女を見たら服装のせいじゃなくおっぱいのせいだなと再確認。反則ですよこのおっぱいは。

ところでこの作品しばらく休載って…マジですか…?

まあ必ず戻ってきて頂けるとのことなので楽しみに待ち続けるとしますよ。あとは欄外の「来月は意外なところで再会するかも」の言葉が物凄く気になります。


・○本の住人
新しい花札を皆で考えよう…的なネタ。最後のオチの役が酷過ぎる。見切り品のカツオに当たってお迎えが来た人って!!w

まあそもそも1月→モチ→おじいさんと言う発想の時点で酷いですよね…。


・スイーツどんぶり
前回の続きで七ツ星の一人・池神さんとの対決突入編!!

と思いきや…

え? もう対決終わったの!?

いやこの展開にはビックリしましたわ。前回の引きからてっきり、池神さんとの料理バトルに突入して色々とシリアスな流れになるのかと思いきやまさかバトルシーンまるごとすっ飛ばすとは…。

まあ最近はバトル物の少年漫画でも一週経ったらバトルシーンまるごと飛ばしていきなり勝敗付いてるってケースもしばしば見かけますが、そんなところまで律儀にマネしてみなくたってw

などと思ったのですが、しかし読んでみるとまた今月も味わい深かったですね。

バトルそのものはすっ飛ばしはしたものの、その後の酒井さんの落ち込みっぷりとそれに対して真摯に向き合おうとする池神さん達(まあ栗原さんはところどころ歪んでますがw)

この作品って凄くぶっ飛んだ漫画ではありますけど、それと同時に深いヒューマンドラマでもあるなぁと。特に柿崎さんの言葉にはぐっと来るものがありました。

しかし池神さんの能力は便利と言えば便利ですが…これ、本当に恥ずかしい能力でもありますねw


・カレーの王女さま
今回の話ってこれネタ的に大丈夫なんでしょうか? 今までも現実に存在する様々な店の様々なカレーを取り上げて来たこの作品ですが、今回の舞台ってこれどっからどう見ても千葉にある某夢の国ですよね…。あそこ舞台にしちゃってOKなのか…?

そして最後のオチ。え…これ一体どこまでが本当なんですか? もうわけがわからないよ…。


・アリノス☆ワンダーランド
今月のゲスト掲載作品の中で個人的には一番ツボに来ました。

怠け者ニートちゃんとしっかりマジメちゃんのコンビと言うのはよくある設定と言えばそうですが、マジメちゃんがニートちゃんに元に戻って欲しくてだらしなく振舞ってみると言うこの逆転のくだりが新鮮で面白かったですね。

そしてまた、お互いがお互いに「この子単純だもんね!」と自らの作戦が上手く行ってると勘違いしちゃってる辺りが…w

あと何気に百合百合しかったのもポイント高いです。でもマジメなみかちゃんは一本何かが外れると暴走しちゃう怖い子ですね。ルリちゃんの貞操は大丈夫だったのでしょうか…?


・R18!
聖地巡礼ネタの192ページ4コマ目、その学校みたいな建物はどこからどう見ても滋賀県にあるアレですよね…w


今月は以上で。

やはりMAXは面白いなぁ…とつくづく思います。そして来月はなんと、「落花流水」が連載第100回だそうで。これまた色々と特別な号になりそうで楽しみですね。

でもそういう時くらいは表紙も変えればなぁ…と言う思いはしてしまいますねぇ。まあ雑誌的にアニメ化作品推したいのは分かりますが。


Comment
この記事へのコメント
ダサくない夏モデル、あります。

ホイップノート、レコちゃんの夏制服(2巻または11年9月号より)。
にしても制服を改造できる学校って…。

ホイップは好きな作品なんだけど、最近ページ減&休載が続くのが残念。
新連載当時は表紙を飾るほどの看板だったんですけどね。
2013/ 04/ 26 (金) 19: 03: 47 | URL | YOU_NA_RING # -[ 編集 ]
>YOU_NA_RINGさん
確かにホイップノートのレコちゃんのは夏モデルでもダサくなかったですね。

仰る通り最近、ちょっと安定してないのが気にかかりますね…また看板クラスとして復帰して欲しいものです。
2013/ 04/ 27 (土) 07: 53: 21 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
1巻発売のせいもあって、亜梨香ちゃんひっぱりだこですね。きんモザやゴチうさが同じ1巻発売で同様に記念アイテムを抽選配布がありましたから、この作品もかなり人気があると見ていいでしょうね。もしかしたら3番手かも。広告にもよく使われた、単行本p25の亜梨香ちゃん、いじめてオーラが出ていてたまりませんっ!
2013/ 04/ 28 (日) 18: 00: 34 | URL | minayuta # 22hNL7Yc[ 編集 ]
>minayutaさん
亜梨香ちゃんホントに引っ張りだこですね。キャラットにもゲスト出張来てましたし、来月の無印にも…。

確かに仰る通り、3番手と見ても良いかもしれません。「きんモザ」のアニメ化がなければ表紙も飾ったんじゃないかな…と言う気すらします。

25ページ…確かにオーラ出てますね。と言うか亜梨香ちゃんはいじめたくなるお嬢様キャラですよねw
2013/ 05/ 01 (水) 07: 34: 27 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
はじめまして
マヤについてですがジョガマヤという紅茶がありますね
今更ですが今知ったもので
2013/ 10/ 30 (水) 18: 19: 58 | URL | / # 9/ic6umQ[ 編集 ]
>/さん
はじめまして。コメントありがとうございます。

ジョガマヤ、この記事書いた後で知りました。リゼちゃんの元ネタもですが、いちいちマニアックな飲み物出してきますよねこの作品は…w
2013/ 10/ 31 (木) 21: 29: 16 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...