オーストラリアのピノグリとシラーズと。
2013年 04月 24日 (水) 08:52 | 編集
実は昨日・今日と連休だったりします。でも家に引きこもってますw

本当は昨日はどこか乗り鉄にでも行こうかな…と思ってたのですが、でもイマイチ寒そうだしなぁと言うことで引きこもり。今日はもう天気が最悪なので当然に引きこもり。

まあでも最近ハマってしまった某アニメのブルーレイとか観てればそれで二日間退屈せずに過ごせてしまいそうなのでそれもそれでいいかな…とw


そんなところで昨夜飲んだワインでも。昨夜はオーストラリアのワインを。


まずは白。

「MOUNT CRAWFORD PINOT GRIS 2012」
(マウント・クローフォード・ピノ・グリ)

WINE_20130423_01s

WINE_20130423_02s

白はピノグリ。ピノグリと言うとアルザスが有名ですが、オーストラリアのもなかなかに美味しいものが多いので期待。

ちなみに金山KALDIで1780円と、ここ最近で僕が買うワインの中では結構なお値段w


まずは抜栓。栓はしっかり本物のコルクを使っていますね。抜いた栓をかぐとほんのりとバニラの風味があります。バニラってことは樽使ってるんでしょうか…?

グラスに注ぐと色はそんなに濃くはありません。透明感のある澄んだ色合い。だけどレモンイエローとかそういう系統の色じゃなく、もっと赤みがかっています。透明なオレンジとでも言えば良いんでしょうか。

香りは栓を嗅いだ時と同様、バニラの甘いニュアンスがまず最初にふわっと立ち上がります。その奥にアンズのジャムと言ういかにもピノグリらしい雰囲気の香りが感じられますね。

グラスの中で馴染ませてやると果実の香りが一気に花開きます。とても甘~い香り。


でもこれが口に含むと香りほど甘くはありません。しっかりとした酸があって、味わいに一本ピンと芯が通っています。

コクも膨らみもあるのだけれど、アルザスのピノグリの様に甘やかな感じではなく、しっかりとドライで切れ口鋭い感じがあります。

(勿論、リースリングの様に金気臭い程に鋭いわけでは無いけれど)


後口にはわずかな渋みがありますね。白ワインには珍しいけどピノグリにはしばしば感じるこの微妙な渋み、これが非常に良いアクセントとなっています。

飲み進めるとほんのりと蜂蜜のニュアンスも顔を出してきて、味わいに甘い雰囲気が徐々に出て来ます。とは言えやはりアルザスのピノグリと比べれば依然として非常にドライ。

これはとにかく、しっかりとした、辛口の美味しいピノグリでした。


赤はこちら。

「JINDA~LEE SHIRAZ 2011」
(ジンダリー・シラーズ)

WINE_20130423_03s

WINE_20130423_04s

こちらは貰いものだったりします。勤め先で普段から仲良くさせてもらってる先輩(と言うかほとんど飲み友達)から何故か頂いてしまいましたw

その人曰く、オーストラリアの安いワインだけれどなかなかに美味くてハマっている銘柄らしく、中でもこのシラーズが一番良かったとのこと。


なかなかにラベルが印象的なワインですね。ちょっと調べてみたところアボリジニーのアートをモチーフにしているのだとか。

ちなみにこのシラーズはカメが描かれていますが、他の品種はヘビだったり鳥だったりと別の動物が描かれているみたいですね。


さて、まずは抜栓。栓はスクリューキャップですね。

グラスに注ぐと色はやや濃いめの赤紫。黒ずんでいるんだけれど濁りきっている感じではなく、グラスの底がきちんと見える位の透明感もあります。

香りは果実のジャム中心。プラムやブルーベリーのジャム。グラスの中で馴染ませてやるとヨードっぽいニュアンスも出てくるけれど、基本はやはり果実のジャムと言う感じですね。


口に含むと舌触りは意外にサラリとしています。が、味に実に深みがある。

タンニン分もきちんとしているのだけれど、果実味にしっかり溶け込んでいて「渋い」と言う感じはまるで無くとても滑らか。非常に飲みやすいですね。ボディはミディアムくらいでしょうか。

果実味はプラムやブルーベリー、それにブラックチェリーの風味がかなりしっかりと感じられます。この果実感と舌触りはシラーズと言うよりピノノワールぽいかも…と一瞬思ってしまったほど。


でも後口にはシラーズらしい、胡椒系のスパイシーなニュアンスが感じられますね。またコーヒーの様な苦みばしった風味も漂います。

それと木の皮の匂いを思わせる独特の雰囲気があります。飲み進めるとそれがより顕著になってくるのですが、それがなんとも心地良いです。

これはなかなかに複雑で深みのある美味しいシラーズでした。


このジンダリーのワイン、赤も白も何種類かの品種がある様なので、一度探して色々と試してみたいですね。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...