日光旅行2013(観光編)
2013年 05月 13日 (月) 07:36 | 編集
さて、先週末なんですが金・土と連休を取って日光まで旅行に行ってました。

日光は僕は東京からこっちへ戻って来る直前に一度行ったことあるんですけどね、今回は両親・特に父が前々から行きたがってたのもあってじゃあ行ってみようと言うことに。


日光でまず訪れたのは東照宮。

201305nikko01s

前回に日光来た時にももちろん訪れているのですが、まあここはやはり外せないでしょうと。

201305nikko02s

201305nikko03s

金をふんだんに使った豪華絢爛で壮大な造りに圧倒されます。そしてこの時代における徳川の力の強さと言うものをひしひしと感じますね…。


またこの日、本殿の一部で修復作業が行われていて、その様子を近くで見学することが出来たのですが、漆や金箔と言った物を扱う職人さん達の技に感嘆…。こういう日本の伝統的な技術は大事にしなくてはいけないよなぁと強く思います。

他にも普段非公開の五重塔の内部が公開されていて、特殊な免震技術が使われていることが分かったりと非常に見どころの多い東照宮再訪となりました。

両親も陽明門や三猿、眠り猫と言った前々から観たがっていたものを観れて満足してくれた様なので良かったかな。


次に訪れたのは東照宮の隣にある二荒山神社。

201305nikko04s

201305nikko04s

この二荒山神社、境内のあちこちに世界遺産に認定されている建物だとかがあるんですね。それと高さが60メートルもある大きなご神木だとか…。

こちらもなかなかに見ごたえのある神社でした。


あとは輪王寺の三仏堂はなにやら大がかりな修復工事をやっている様だったので諦め…輪王寺でも少し奥にある大猷院の方を見学して来ました。

こちらは奥の本殿で聞けるお坊さんのお話が非常に興味深かったです。建物の造りから歴史・将軍家との関わりと言ったことを分かりやすく聞かせてくれて…。


一泊して二日目はバスで中禅寺湖・華厳の滝へ。

今回の日光旅行、僕自身としては最初に書いた様に一度行っている土地になるのですが、でも華厳の滝だけはもう一度行きたいと思ってたんですよね。

と言うのも前に行った時は濃霧で全く滝が見えなかったんですよね…。


そんなリベンジとなる今回。果たして結果は…。


201305nikko06s


やりました!! バッチリ観えました!!

あいにく、天気は快晴と行かず曇り空の中での観賞となってしまったけれど、でもしっかりきちんと観ることが出来たので大満足です。

とにかく非常に雄大で雄々しい滝ですね。なにしろ毎秒1.5トンの水が流れ落ちていると言うのだからその水量・勢いは物凄いものがあります。

写真では分からないですが、滝の上にはたくさんのイワツバメが舞っていて…可憐なその姿が滝の雄々しさと好対照でした。


滝を観た後は中禅寺湖を観光船でぐるりと周遊。

201305nikko07s

201305nikko08s

湖上から見るとすぐ近くの山(男体山?)のシルエットが湖に映って…それがなんとも美しかったですね。この中禅寺湖、今の時期でも良いのですが紅葉のシーズンなどはさぞかし綺麗な景色が見られるのではないでしょうか。


さて、今回の旅行で宿泊したのはこちら。日光ステーションホテルクラシック。

201305nikko09s

JR日光駅の真ん前にある小洒落た雰囲気のホテル。決して大きなホテルではないのですが、クラシックモダンと言った感じで落ち着きの中に洗練されたムードが漂っています。

客室も清潔で快適。大浴場があってのんびりとくつろげます。


ところでこのホテル、夕食はバイキングがご自慢とのことで、勿論それで申し込みをしていたのですが…この日は急遽都合により(会場の一部が貸し切られていた模様)コース料理へ変更…。

最初はちょっとガッカリしたのですが、結果的にはこれで良かったかもしれません。

201305nikko10s

201305nikko11s

出て来た料理は前菜からメイン、デザートに至るまでどれも本当に美味しくて…。

予め苦手な食べ物だとかを聞いてもらえたので、それで肉がダメだと伝えたところメインディッシュはマダイのソテー。こんがり焼き上がった皮のパリパリした食感が絶妙で、付け合わせの野菜達との相性もバッチリ。

また、一般的なコース料理に較べてメインディッシュの量が少し多めですね。更に、コース料理なのになぜか茹でズワイガニが食べ放題となっていたのでお腹はもう大満足を通り越して満腹そのものでした…w


洋食なので飲み物はもちろんワインをチョイス。

201305nikko12s

201305nikko13s

白はミュスカデ。

いわゆるシュールリー製法で造られたもので、青リンゴの清涼感溢れるアロマたっぷり。舌の上にほんのりピチピチと微発泡のような感じもあって、初夏にピッタリの一本でした。

赤はボルドー。

メルローにカベルネソーヴィニヨン、カベルネフランのブレンド。果実味たっぷりで濃厚、それでいてまろやかで優しい味わい。時間が経つとカラメルの甘やかさも出て非常に美味しかったです。


と、そんな感じで色々と名所を観れて美味しいものも味わうことが出来て、大満足な一泊二日の日光旅行でした。

なにより、一緒に行った両親が非常に楽しんでいたのでそれが一番良かったかな。

(もっとも…僕からのプレゼントじゃあなく割り勘なのが…ですがw)


ところで今回の旅行、鉄道を使って行ったのですがそちらはそちらで色々とネタになりそうなのでまた後日別途記事を上げる予定です。一応このブログは鉄道ネタ中心のブログですしね(?)


Comment
この記事へのコメント
私は日光には特別な思い入れがあります。
亡くなった母親が東京に遊びに来てくれた時に、
日光に行きたいと言うので連れて行ってあげました。
小さい頃から家族旅行なんてした事も無かったので、
日光へ行ったのが母親との唯一の旅らしい旅でした。
とても喜んでくれたので、行って良かったと思いました。
帰りには宇都宮に寄って餃子を食べてきました。
懐かしい思い出です。
2013/ 05/ 13 (月) 21: 12: 02 | URL | メボチャン # wCTfycm6[ 編集 ]
日光ですか。行く人多いですね~。
自分も過去にいった事がありますが、再びこうして見るともう一度行ってみたい気分になりますね。
旅の情報にいいもの見せてくれました。ありがとうございます。
2013/ 05/ 13 (月) 22: 58: 50 | URL | ヘイホー # -[ 編集 ]
>メボチャンさん
ああそうだったのですね。日光にそんあ想い出が…。
でもそれはきっと、お母様にとっても良い想い出となったのではないでしょうか? 僕はそう思います。

>ヘイホーさん
今回の日光は僕も再来と言う形になったのですが、でも行ってみると良いものですね。
機会があれば是非また一度行ってみて下さい。
2013/ 05/ 15 (水) 11: 16: 55 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...