「まんがタイムきらら'13年6月号」感想。
2013年 05月 15日 (水) 11:12 | 編集
ではすっかり遅くなってしまいましたが今月号の無印きらら感想行ってみましょう。ってよくよく考えたら明日にはもうミラクが発売じゃないですか…(汗)


kirara_201306s


・表紙
今月号の表紙も「ゆゆ式」。アニメ化終了までは当分ずっとこの作品表紙なのでしょう。

アニメの方はツイッターでの反応など見ているとおおむね、自分の周りでは好評ですね。と言うかこの作品が好きなきらら読者にとっては非常に魅力的なアニメになっていると感じます。

原作の雰囲気を上手に再現したアニメに仕上がってますね。正直、この作品の独特の空気感をあれだけきちんと出せるとは思いませんでした。

その一方、元々この作品を知らない人達には受け入れがたいアニメになっている可能性も否定出来なくはないです…実際、自分の知り合いで非きらら読者の人で「観たけどよく分からなかった」と言ってた人もいましたので…。

それはさておき表紙。メガネな二人がイイですね。やっぱり女の子×メガネっていいものです。


・おまけ
kirara_201306_omake_s

今月、おまけで掛け替えカバーが付いてきました。これが思った以上に出来が良いですね。ちっぱい×ひんぬーをダブルでと言うマニアックさ!! ああ三上先生分かってらっしゃる(?)

絵柄もさることながら、何気に紙質が非常に良い。それと、きちんと折り目が最初から付けられているので使い勝手も良さそう。

こういう掛け替えカバーって店舗特典でもよくありますけど、その大抵は折り目が付いていないので自分でサイズきちんと図りつつ折らないといけなくって大変なんですよね…こうやってセットしやすい形にしておいてくれると本当にありがたいのですけど。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・チェリーブロッサム!
今月の巻頭カラーはこの作品。表紙と巻頭カラーの作品が異なるのって、きららミラクでは毎月のことだけれどもその他では結構珍しい気がします。

夏の合宿編の続きと言うことでカラーで水着とサービス回。なんだけどあまりサービスっぽく感じないのは皆さんの脱ぎっぷりがあまりに潔良過ぎて色っぽさを感じないからでしょうか? あと、お兄さんのブーメランが全てを台無しにしていると言う可能性もありますw

しかし大倉山センパイはアレな言動ばかりしているクセに実はかなりウブですよね。と言うか最後の人工呼吸ってまさか…もしかして大倉山ルートなフラグ立っちゃいましたかねこれ。


・ゆゆ式
竜頭海老ってなんか新種の生物で出て来そう…リュウグウノツカイ的な、ああいう深海生物みたいな感じで。


・ゆゆ式制作現場レポート
アニメ「ゆゆ式」の制作レポ漫画。描いているのは「箱入りドロップス」の津留崎先生ですね。そう言えば津留崎先生って前も何かの作品のアニメ化の際にレポ漫画描いてませんでしたっけ?

「箱入りドロップス」もそろそろ芳文社のCMに来ても良い頃ですよね。

しかし…監督に対して「下着の色とかも聞いたら答えてもらえるのだろうか」って津留崎先生w確かこの方も女性作家さんですよね…?


・コドクの中のワタシ
なんかもう「いかがわしい」ですね。ただただ「いかがわしい」ですこの作品。

45ページのリズちゃんの下着干しシーンとか、一見何気ないシーンなのですがこの作品だと妙ないかがわしさを覚えずにはいられません。


・リリウムあんさんぶる

メガネ祭りじゃあああ!!

今月のきらら、表紙の「ゆゆ式」がメガネなのに本編ではそういうカット無いなぁと思ってたらまさかこの作品がメガネ大フィーチャーで来ましたよ!!

うるるんのメガネを皆でかけて…と言う話で皆それぞれに新鮮で可愛らしかったのですが、個人的に一番ツボだったのはやっぱりいとなさんのメガネ。

kirara_201306_llum_s

エプロン×メロン×メガネとかやばいよやばい…ヤバ過ぎるよぉ。
何がメロンかは聞かない。

あ、僕はこの作品ではいとなさん推しですので。ツイッター上で自分の周りの人はうるるん好きが多そうな感じなので被らなくってホッとしています(?)


・天然あるみにゅーむ!
お茶積みの話。ああ…お茶摘みねぇ…子供の頃にやらされましたわ。ウチの地元って小中学生が時期になるとお茶畑に駆り出されてお茶摘みの手伝いとかあったんですよね。今もあるかどうか知りませんけど。

しかし女子高生パッケージのお茶はなんだかそれ、お茶とは別の違うナニカに見えそうで色々とアレな気がしますね…w


・三者三葉
皆の様子がいつもと違う…と思ったらああ、やっぱり夢の話でしたか。

しかし山路が先生→葉子様の平手打ちの流れには爆笑しました。まあ実際、あの山路が急に先生ヅラしてこんな風に言ってきたら葉子様ならずともイラっとして手を上げてしまいそうです。


・帰宅るまでが学校です!
どうしようこの作品どんどん好きになってるんですけど…前回の感想でもちょっと前の連続ゲスト陣の中で最も好印象だったと書きましたが、もはやそのレベルじゃなく今の無印の中でかなり上位レベルの好きな作品になりつつあります。

今回はツンツンな夏芽さんともなんとかメアド交換も出来て、ようやく彼女も本格的に帰宅部の仲間入りかな…と言う感じですね。

夏芽さんのことを悪く言うクラスメートに怒る葵クンとか、葵クンの為に夏芽さんに働きかけようとするしおん先輩にカンナちゃんとか、友情的に何気に良い話だったとも思います。

あとはやっぱりカンナちゃん可愛い。しおん先輩に「ちょろい」とか言われてますけど、彼女はそのちょろさが最大の魅力だと思いますw


・彼氏ってどこに行ったら買えますの!?
きららMAXからの出張ゲスト。そう言えば先月末のキャラットにもゲスト掲載されてましたし、コミックスも発売されて店舗特典も色々と手掛けられて…火曜先生大忙しだなぁ。

今回は占いネタ。相性占いにヤキモキする亜梨香ちゃんが可愛いですね。脳内彼氏との相性に妄想が吹っ飛んだり、みすずちゃん×ラムネ野郎哉クンの相性に対して呪い(?)をかけてみたり…。

そしていつもの決めゼリフ。

kirara_201306_krdk_s

「リア充爆発しろ!!」

出張ゲストだからと言ってやってること・話の展開がいつもと全くブレていないのですが、その繰り返しのパターンこそがこの作品の最大の魅力、面白さかと。この面白さが無印読者の方々にも伝わるといいなぁ。


・箱入りドロップス
クラス替えからも少し落ち着いて…いつものメンツ(+相ノ木妹)でお昼ご飯のワンカット。

今回は女子の恋バナパートと、男子のバトルパート(?)に分かれた感じの話でしたね。個人的に気になるのが女子パートの萌ちゃんのセリフ。

「あんなのがモテるとはみんな見る目無いね」

これは恐らく相ノ木クンのことを言っているのでしょうけど…これはもしかして…? いや実際相ノ木クンと萌ちゃんは結構お似合いな気がするんですけどね。実際のところどうなんでしょう。

あと妹ちゃんの悩み相談に対してきちんと気付いているのが純ちゃんだけと言う件。雫ちゃんはまだしも萌ちゃんも鈍いなぁ…。

男子パートの方、これは委員長さんが見てたらきっと大興奮でしたよね…?


・スマイル・スタイル
本当にこの作品の先生はロクな人がいませんね!!(今更)

体育の杉内先生、水泳の授業で水着忘れたからマッパで登場するって…新し過ぎるwwしかし全身モザイクと言うのもなんだか妙に卑猥に見えますね。

あと伊藤先生のアレさに対して他の教師陣が全くアレと思わずに好意的な解釈しかしていなくて色々と心配になります。伊藤先生の本性に気付いているのって寮長さんと馬場先生(ババァ)だけなのかな…。だけどあの二人も二人でやっぱりアレだし。

そしてまさかのシャクリーンオチ。一体もうどこから何を突っ込めば良いんですかね…。


・女子大生生活様式
今回は皆でゆずちゃん歓迎会…なお話でした。この作品って最初にゲストで載った時から主役三人組の関係性が凄く良くって、だからそこにもう一人下級生が入ることに一抹の不安もあったりしたのですが、でも今回の話見るにそれは全くの杞憂だった様ですね。

ゆずちゃんは三人皆から可愛がられそうだなぁ。三人ともタイプは違うけどある意味で面倒見は良さそうな気がしますし。

あと今月のねねちゃん。

kirara_201306_jdsy_s

ゆずちゃんが動物の小物集めてると言ったのにピクっと反応して、でもその直後に実家に置いてきちゃったと聞いてガッカリしているこのシーン。

本当に彼女は可愛い小物とか大好きなんですね。そんなねねちゃんにぬいぐるみとかいっぱいプレゼントしてあげたい。むしろ僕がぬいぐるみになりたい(?)


・すいまさんといっしょ
今月はセンターカラーで登場。で、ようやくふみんさんのカラーが判明w

kirara_201306_smsn_s

彼女は緑色っ子だったのですね。ちょっと意外だった気もします。もっとこう、白っぽい感じかと思ってました。でもこれもこれで可愛らしいし、あくむちゃんやすいまさんと並べてみるとそれぞれの色合いが映えて良いですね。

しかしあくむちゃんがすいまさんを探していたのは長さまの差し金だったのですね。そしてその理由が…うーん、長さま全くもって謎な人です。どこまでが本心か読めませんねw

しかし長さまのセリフ「二人とも人間の所でのお仕事ははじめたばかりでしょう?」って…すいまさん達のアレは仕事だったんですか。なんかユウ君を困らせてるだけにしか見えないんですがw


・プレフレ
今月は先生サイドのお話でしたね。きらら系の作品ほぼ全てに言えることなんですが、こういう先生サイドの話の時の方が妙に共感出来たりしちゃうんですよね…でもそれってきっと、僕がもう歳だから…(汗)

脳筋な体育教師や花壇弄りしかしていない校長はアレですが、女性教師三人組の仲良さ感はいい雰囲気ですね。主役三人が「あんな感じになれるといいね」と思ったのも分かります。

最後の彼女らのやり取りにこの作品のタイトルに込められたテーマをしっかりと感じました。


・JOB&JOY
いつぞやの話であった、綾奈ちゃんといっちゃんが意気投合して今度二人で遊びに…の伏線回収来ましたね。

綾奈×いっちゃんの仲良しぶりにヤキモキしたり、お互いに張り合ったりしている舞花&優也の可愛らしいジェラシーとか、逆に二人の心配ばかりしている綾奈ちゃんとか、なんだかんだでやっぱりこの三人は仲良いなぁ…と読んでてなんだか微笑ましくなりました。

最後の展開、これはもしかして5人で遊ぶ回本当に来ますかね? そうなったらそれはそれでますます賑やかな感じで楽しみですね。


・ごめんね。夏目ちゃん
おままごとに愛人とか入れると非常にシュールですね…更に娘役のしえちゃんの返しが鋭過ぎてもうこれおままごとってレベルじゃないですw

あと桜子ちゃんの「大人になるってこういうことなのかなぁ」いやいや違います。全然間違ってますから。そんな大人ばっかじゃないから!!w


・My Private D☆V
今月のこのコーナーはきららMAXで「こずみっしょん!」連載中の榛名まお先生。

「D☆Vを語れと言うことですが基本的に女の子に手をあげるのは言語道断」って先生、それDVの意味がたぶん違ってますww

あと。「あくまで性的な意味です」


…ハッキリと「性的」とお書きになったよこのお方!!

このコーナーは半ば作家さん達の特殊性癖暴露コーナーとなりつつありますけど、それでもハッキリと「性的」なんて書いた方は今までいなかったハズ。恐ろしい…恐ろしいよまお先生!!


次回のこのコーナーは「リリウムあんさんぶる」のあそか先生とのことでこれまた楽しみ。でも大体想像は付きますが…恐らくおかっぱかわいいまみれになっているハズw


今月はこんなところで。

今月、きららが出たタイミングで旅行に出たりしたせいで読むのも感想書くのもちょっと遅くなってしまいましたが、個人的には非常に楽しんで読めました。

実は3つほど休載作品があったんですけど、そんなの気にせずに楽しめたと言うのは何気に層が厚いと言うことなんじゃないかと思います。とりわけ、比較的新しめの作品に勢いが感じられて、これは誌面の活性化と言う点でも非常に喜ばしいことなんじゃないかと思いますね。

そのうち幾つかは単行本発売も秒読みでしょうし…今後も期待したいですね。


Comment
この記事へのコメント
2誌出張ゲストで大盛況な「彼買の」

遅ればせながら1巻買ってきました。
いわゆる某水戸時代劇風の安定感と言っていいのかな。
にしても亜梨香ってネットスラング多様してますが、
生粋のお嬢様ですよね?

無印感想もひとつ。
すいまさんカラー扉絵3ショットいいなあ。
こりゃ1巻購入確定か?
2013/ 05/ 15 (水) 19: 10: 16 | URL | YOU_NA_RING # -[ 編集 ]
りりうむ...いとなさんが似合うと思うのは私も同じ。でもひそかにいとなさん推しだったとは驚きですね。ツイッターではうるまなが好評のようで...あれ?主役なのに咲来推しってもしかしてわたしだけ?あ、いとなさんのことはもちろん好きですよ。単に咲来さんの相方というだけでなく。
箱入りドロップス...萌ちゃんのセリフは自虐でしょうねw ところでこの作品、一番好きなのが今回のような春日井と相ノ木のどつき漫才なのですが、こういう読み方で合ってますよね?(おずおず)
女子大生...柚ちゃんすっかり馴染んじゃって、もう4人組とまで言っても過言じゃないですね。漠然と読んで気づきませんでしたが、これって意外とすごいことですよね。作者の力で、学年の壁なんて簡単に乗り越えちゃうみたいです。
2013/ 05/ 16 (木) 06: 16: 49 | URL | minayuta # 22hNL7Yc[ 編集 ]
>YOU_NA_RINGさん
「彼氏ってどこに行ったら買えますの!?」どうやらかなりの人気みたいで、発売早々に増刷が決まったらしいですね。

仰る通り、水戸○門的な安定感のある作品だと思います。
確かに亜梨香ちゃんはお嬢様とは思えない程におかしいですよね、色々なイミでw
ただ、お母さんがラノベ作家と言う設定があったので、彼女の言動にはその辺りの影響もあるのかもしれません。

「すいまさんといっしょ」、僕は単行本買うのはもう決定済みだったりします。

>minayutaさん
「リリウムあんさんぶる」、ええ、僕はいとなさん推しです。
あのメロンが…と言うのもありますが(汗)、咲来さんとのやり取りだとか見ていてキュンキュンします。

「箱入りドロップス」は確かに男二人の絡みがいいんですよね。どつき漫才でもありますし夫婦漫才でもありますし(?)

「女子大生生活様式」のゆずちゃんの自然な溶け込みぶりは凄いですよね。あれは確かに作者さんの力量がなせる技だと思います。
2013/ 05/ 16 (木) 07: 36: 21 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
チェリーブロッサムはサービス回でした…よね?
お兄さんのブーメランパンツは見なかったことにしましょうw

津留崎先生も監督さんも女性ですよね…
「下着の色とかも聞いたら答えてもらえるのだろうか」て、女性同士でもそんなこと聞くのかと、ちょっと百合思考に走ってしまいましたw
2013/ 05/ 17 (金) 23: 46: 31 | URL | クロスケ # vQU5PwVA[ 編集 ]
>クロスケさん
チェリブロのブーメランは積極的に記憶から消去したいですねw
あれが無ければ間違いなくサービス回だったのに…いやあれがあるからこそ、この作品らしいと言えるのかもですが。

下着の色、むしろ女性同士だからこそ聞くのかもしれません(?)
2013/ 05/ 18 (土) 07: 56: 58 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...