「まんがタイムきららキャラット'13年7月号」感想。
2013年 05月 29日 (水) 22:15 | 編集
さて、では昨日発売のきららキャラット感想行ってみましょう。

先月・先々月とキャラット感想書くのがかなり遅れてしまってましたけど、今月は久々に発売日翌日とかなり早くにアップすることが出来ました!!w


kirara_carat_201307


・表紙
今月の表紙は「Aチャンネル」。この作品が表紙に来るのも結構久々な気がします。ハートの風船たくさんの中にたたずむトオル&ナギの二人が可愛らしいですね。

トオルのこのきょとんとした様な表情、何とも言えないです。また、普段は絶対にしない様な花の髪飾りが一層可愛らしさを引き立てていますね。

一方のナギちゃん。彼女と言えばメガネがトレードマークなワケですが、これまた作中でいつもしているのとは違った、セルフレームのお洒落メガネがいいですね。

普段のあの、垢抜けないメガネも悪くはないのですが、お洒落メガネ推進派の僕としては断然こっちの方がいいなぁ…。

二人の可愛らしさに目を奪われてしまいがちですが、全体の雰囲気・デザインもいいですね。作品タイトルの文字も風船みたいな感じでとってもポップでキュート。

個人的にはここ数ヶ月のキャラットの表紙では一番好みかもしれません。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミその他もろもろ。

・Aチャンネル
今回はなんと、ヒラちゃん大フィーチャー回でした。

と言うワケで扉絵からしてもうヒラちゃん一色。

kirara_carat_201307ach_s

なのは良いのですが…なんだか読んでていつになく疲れた気が。と言うのもヒラちゃんのキャラが無軌道にボケ過ぎてて…ヒラちゃんってこんなキャラでしたっけ?

それにしてもナギ曰く「るんがまともに見える」って一体どこまでボケなんですかね…w

いやでも実際はるんちゃんのボケも相変わらずに酷いもんだから、相乗効果でとんでもないことになってた様に思います。ボケ×ボケは倍数ではなく乗数になってますね。

と言うか高校入学前はこの2人のコンビに対してツッコミ不在だったんだよな…考えてみたら恐ろしいです。


・ごきチャ
確かにぬいぐるみやマスコットの可愛い熊と実際のリアルな熊って全く別物ですもんね…。

実際のところ熊は本当に恐ろしい動物ですよ? どれだけ怖いかは「三毛別」とかでググればすぐ分かると思います。まあ、生半可な気持ちでググるのはオススメしませんが…。


・先輩には頭が上がらない!
社員旅行編後編。センパイの言う「社員旅行は大人の修学旅行」てセリフ、ああこれまさにそうだなぁと思いましたよ。

昨年のちょうど今位の時期に勤め先の社員旅行でとある国に行きましたけど、あれ…楽しかったなぁ。観光とかほとんどせずにずっと気の合う連中と何軒もはしごして飲んでただけだけど、でも凄く楽しかった。

だけどただ飲んでるだけ…と言いながらもその国の現地でしか見られない様な風景の中で、きちんと現地の空気・温度を肌で感じて現地の味を舌で味わって…そういうのって広い意味での勉強だと思うんですよ。

まさに学を修める為の旅行。そう、修学旅行なんですよね。

それはさておき後半のセンパイの本音パート。読んでて身につまされると言うか…自分ももっとちゃんと考えなきゃとか思ってしまいました。

僕もぶっちゃけ後輩とか部下とかいる立場なのでもっと相手のこときちんと考えて接する様にしないとなぁ…と普段の仕事場での自分はどうなのかと色々考えて反省することしきりでした。はぁ。


・ぱわーおぶすまいる。
謎のメイドさん登場…と思ったら環ちゃんとこのメイドさんでした。ってこの作品でメイドさんなんて出て来たらもうそれしか考えようが無いわけなんですが。

しかしこのコマ。

kirara_carat_201307pwsm_s

メイドさん(鈴音さん)のこのセリフから察するに、環ちゃんのバストは90センチオーバー確定ってことですね。でかいとは思ってましたがまさかそこまでとは…まあでも環ちゃんの場合は大きくても形も色も綺麗なハズ(確信)

あと鈴音さんは環ちゃんの微妙な乙女心を見抜いてるっぽいですね。果たしてそれが今後の展開にどう響くのか…?


・セカイ魔王
魔王と勇者を作ったのは神。神に対してどうすれば…と言う冒頭の魔王様のくだりに対して「じゃあチェンソーでぶった切ればいいじゃない!!」と思ってしまった僕を許して下さい。

それはそうと今回、なかなか深い、良い話だったと思います。

記録係の先代魔王の回想のシーン。先代魔王が意外にも茶目っ気のある人間っぽい存在だったのもですが、何より記録係が回想しながら涙していた姿が印象的でした。いつもの姿がアレなだけに逆に心に響いたと言いますか。

それと最後のニッカさんのセリフ。結局なんだかんだでマオちゃんについて来てくれて、その時の彼女の心情「一人になるほうが寂しくなったから」なんだか凄く胸に来るものがありました。

この作品って物凄く良質なヒューマンドラマになる可能性を秘めていますよね。話的にもこれから佳境と言うところでしょうし一体どうなっていくのか…今後が楽しみです。


・さくらティーブレイク!
冒頭の皆が乗ってる新幹線グリーン車。

kirara_carat_201307skt_s

これはN700系ですよね。キャメル系の座席の色もそうですが、なによりヘッドレスト部に埋め込まれた読書灯。これが付いてるのはN700系始め限られた数形式のみ。

まあ…E5系グリーン車と言う可能性も無くは無いですが、でも次のページにちゃんと車両外部のカットもありますし…ねw


・とりあえず居合でも。
ゲスト作品。もしかすると代原…的な感じもしますが、個人的には楽しんで読めました。美○しんぼとかルパ○とか暴れん○将軍とか、こういう古いパロディネタやられるとおっさんとしては歓喜せざるを得ません。

特に暴れ○坊将軍ネタ。「その方…余の顔見忘れたか」の上様のセリフから「お命頂戴」の悪党の返し、更に「成敗」と言う上様の決め台詞までの流れが完璧です。作者さん時代劇お好きな方ですよねどう考えても。


・コドクの中のワタシ
無印からの出張ゲスト作品。

この作品、元々は単行本買う予定では無かったのですが…ツイッター上で盛り上がってたのもあってつい買ってしまいましたwで、実は今月のキャラットを読む前に一気に読破したところだったりします。

しかし人間って不思議なもので、単行本を買うかどうか迷っている位の作品って、いざ買ってしまうと一気にその作品への愛着が湧いてしまってそれまでよりも楽しく読めたりするようになっちゃうんですよね。

さて今回は調理実習(?)の話。まあこの作品なだけにただの調理実習で終わるワケもないのですが…。

個人的には優ちゃん×リズちゃんの絡みの部分がツボ。優ちゃんの言う「好きな人を落とすにはまず胃袋を掴め」ってそれってまさか…?

いやでもこの二人って結構いい感じだと思いますけどね。確かに優→リズのサディスティックないじりが目立っている部分はありますけど根底の部分はちゃんと繋がってると言う感じがします。

あれ? そう言えばこういう幼馴染みって何か違う作品でも見おぼえが。その作品でも確か黒髪の方が金髪に対していじめ役いじり役だった様な…。


・イキモノシステム
kirara_carat_201307ikmn_s

連載化キター!!

少し前にキャラットに連続ゲストで載った作品群の中では個人的に一番ツボだったので連載化は嬉しい限りです。

今月はドーナツうんぬん…なお話。ハカナちゃんの生ドーナツ(?)はさすがにアレですがwでも仲良しおんなのこ達が甘いもの囲んできゃっきゃうふふしている姿と言うのは本当に良いものですね。

このテのいわゆる日常系は回が進んでキャラの個性が表に出てくる程に面白みを増して来るので期待したいですね。あと、今回はほとんど出番が無かった「血塗られし漆黒の刃」ことエマーソンさんの活躍にも期待。


・ネガ→ポジ
綾乃ちゃんが朝テレビで観た占いの結果が一位で…なお話。ラッキーアイテムだからとヘアゴムで髪を留めた綾乃ちゃんが普段とは違った感じで可愛くて良かったですね。

しかし綾乃ちゃん…女の子なのにシュシュ知らないってそれはどうなの? 少なくともパンツは無いだろパンツはw


・はるみねーしょん
この作品って普段ダジャレでやり取りしてるだけと思わせておいて、地味にきちんと宇宙人設定を織り交ぜて来ますよね。

二ヶ月に一回髪が急激に伸びたり縮んだりとか、ピンク髪が歳を取ると真っ赤になるとか謎過ぎるよこの宇宙人w


・幸腹グラフィティ
ミラクからの出張ゲスト。それも二ヶ月連続のゲスト…とこれはかなり異例なことですよね。

さて今回はタコ焼きの話でした。タコを丸ごと一匹送って来ると言う森野家の豪快さもさることながら、ちょっと調べただけでタコを捌けちゃうリョウちゃんにもビックリ。まあ、普段から魚とか捌いていればそう大差は無いのかもしれませんが。

だけど捌くのは出来ても、焼くのはそう簡単にはいかないみたいで…いや実際、タコ焼きって自分でやってみるとなかなかに難しいんですよね。生地の固さとか鉄板の温度とか、あとひっくり返すタイミング…。

だけどそれ故に二人にはゲーム感覚で新鮮な楽しみになった様です。特にきりんちゃん。

普段はリョウちゃんに楽しませてもらっていると言う思いが強かったのが今回のタコ焼きでは一緒に楽しんでいると言う感覚を強くすることが出来て…これで二人の絆はますます強くなったのではないでしょうか?

罰ゲーム(?)からリョウちゃんの敬語じゃない言葉遣いと言う辺りも良かったですね。「いつもありがとう大好きだよ」のくだりとか、もう読んでるこっちも一緒に恥ずかしくなっちゃう位。

それとこの作品恒例の食事シーン。

kirara_carat_201307khk_s

「いっそこの球体の衛星になりたい」「宇宙を感じますね」

タコ焼きは宇宙だった…!! 凄いわ…ホント凄いわこの作品。表現がどんどんパワーアップしてる。

この食事シーンの面白さや登場人物たちの心温まるやり取りはキャラット読者の皆様の心にもきっと響くものがあったのではないでしょうか? この作品を面白いと思った方、ミラクも是非読んでもらいたいなぁとそう強く思います。


・あまゆる。
今月は夏服へ衣替え日。そしてそこに突然の雨と雷も加わって…と言うお話ですね。

夏服姿の皆がかわいいのは勿論だけれど、雨が降って来ちゃって相合傘のシーン…いいですね。半袖の夏服で肌が当たっちゃって恥ずかしくなってるハルアヤコンビは読んでて悶えました。

そしてユウ×マオのカップルはマオちゃんが濡れない様にと自分を犠牲にしてるユウちゃんが健気過ぎてもう…。

irara_carat_201307amyr_s

何気にこの二人ってハル×アヤの主役カップルよりも濃密な百合ップルになりそうな要素を凄く秘めているんじゃないかと言う気がしてなりません。

あとは無人のバス停で雨宿り→雷鳴とか、こういう季節感のある田舎描写が個人的には物凄くツボります。

この作品、前回の鉄道ネタが思いっきり心の琴線にヒットしまくったワケですが、それ抜きでもホント自分の好みをくすぐられるポイントが多いんですよね。今のキャラットでは一番推したい作品です。


・インプロ!
鷹梨サンが劇団に戻っちゃう…?と言う疑惑からスタートした今回。まあそれは結局間違いで、それどころか鷹梨サンは劇団に戻るのをきっぱり断ったと言うのが真実だったワケですが。

しかし、鷹梨サンが事実と本心とを優希サンに打ち明けるシーンは良かったですね。

優希サンから見れば一つのことに打ち込んできた鷹梨サンは羨ましい存在だったのかもしれないけど、でも逆に鷹梨サンには優希サンの方がむしろ輝いて見えていたと言う。

つか、この二人がお互いに言い合ってお互いに照れているシーンはなんなんですか。読んでるこっちの方が恥ずかしくなるんですがw

まあでもこの二人はなんだかんだで良い百合ップルになりそうですよね(百合脳)

そんなこの作品も次回がいよいよ最終回とのこと…まあ、最近の展開から言って終わるのは予想はしていましたが…ああ、でもまた一つ楽しみにしていた作品が終わってしまう。

まあでも次回の最終回。彼女達がどんな「インプロ」を演じてくれるのか。期待して待ちたいと思います。


・ぷらいまリィずむ!
ココちゃん始めてのおつかいな話。動物さん達が仲間に…の流れはともかく、パンダがお父さんなのは読者的にもバレバレでしたw

でも大オチ…まあそりゃパンダきぐるみのおっさんがカメラ持って幼女尾行してたり幼女の写真持ってたりしたら捕まりますよね。と言うか「…おりの中に帰ったのかなあ」ってオリ違いだよこれじゃあ!!w


今月は以上で。

今月は早くに感想書けたと言うだけでなく、キャラットにしては珍しくしっかり感想書いたなぁ…と我ながら思ったりします。一時期に比べれば自分の中でのキャラットの評価はかなり上がって来たなぁという印象がありますね。

とりわけ、新しめの作品には色々と期待したい作品が多いですね。どんどんと誌面の雰囲気を変えて行って貰いたいなぁ…なんて思ってます。


Comment
この記事へのコメント
あまゆる。の画像を見て驚愕。まさか同じ物を晒してるとは思いませんでした。今の連載群の中でいちおしということまで全く同意見です。
さくらティーブレイク、列車の描写がちゃんとしてるのは、鉄ちゃんとしては嬉しい限りでしょうか?こういう一見どうでもいい(ゴメンナサイ)ことにも手を抜かないのは、読者に好感を与えますよね。
Aチャンネル、私もなにか違和感を感じたのは、ヒラちゃんに圧倒されて疲れたのですね。納得。
2013/ 06/ 01 (土) 07: 36: 47 | URL | minayuta # 22hNL7Yc[ 編集 ]
>minayutaさん
今、minayutaさんの感想も読ませて頂いたのですが…本当に同じところキャプチャーしてましたねw

さくティーの新幹線は先月あまゆるの気動車に比べれば特定は非常に容易だったと思います。(と言いつつ先月のも瞬殺で分かりましたが)
それはさておき、こういう描写の細かい部分は鉄ちゃん的に嬉しいのは勿論ですが、ひいては作品全体の質にも繋がるんじゃないかなと言う気がします。
2013/ 06/ 01 (土) 08: 08: 11 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
都桜先生の作品は、こういうオタク気質を感じる描写が
たまに見受けられますねえ。『うらバン』では先生の車なんかが、
そういうニオイを発していたと思います。

『幸腹グラフィティ』はたこ焼きの描写とかストーリー内容とか、
出張版には勿体無いぐらい濃厚でしたね。
最近ミラクの方では世界が広がってきていますが、
キャラットの前回今回はリョウ・きりんの2人の世界で、
また違った楽しみがありました。
2013/ 06/ 05 (水) 00: 39: 55 | URL | himoto # JEJJFKlk[ 編集 ]
>himotoさん
うらバンと言えば、鉄道的には今は無き新潟交通の車両や駅っぽいものがたびたび登場していたのを思い出しました。
(ググるとそれもひっくるめて聖地巡礼などされている方も結構いらっしゃる様で…)

幸腹グラフィティ、そう言えば今回の話はリョウときりん二人っきりでしたね。
そう言う意味ではミラクのここ最近の話とは良い好対照と言える話だったかもしれませんね。
2013/ 06/ 05 (水) 06: 43: 36 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
イキモノシステムの連載化、嬉しいですね!
おっしゃる通り、キャラの個性が出てくるほど面白くなると思うのでこれからが楽しみです!

ネガ→ポジ、綾乃ちゃんは今回みたいな髪が他もいいですねー。
シュシュとパンツ見間違えるとは思いませんでしたw
綾乃ちゃん女子力ないですね(汗)
2013/ 06/ 08 (土) 21: 04: 18 | URL | クロスケ # vQU5PwVA[ 編集 ]
>クロスケさん
綾乃ちゃんの女子力の無さにはホントがっかりです! だが、それがいいw
でも今回みたいな髪型可愛かったですよね。

イキモノシステムの連載化はツイッターのフォロワーさんにも喜んでいる人が結構いそうな気がします。
これからが楽しみですね。
2013/ 06/ 08 (土) 21: 44: 50 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
いや、都桜和さんの乗り物描写は考証が正確ですよ
以前、うらバンで、都桜さんの地元・新潟の名物だった、「新潟交通バスの北村製作所製スケルトンボデー架装いすゞP-LV314Q、通称“大鯰”」を描いてくれた時は(確か実物の引退の直前だった)感動しましたよ。
因みに、村上温泉合宿の話では、さらに古い、「北村製モノコックボデー・バス窓のいすゞBA30」も描いていました(ちゃんと後部エンジン点検蓋の開口部が丸かった!!)。
お馴染みのフィアット500(旧)なんぞは言わずもがな。
可愛い女の子絵“だけ”の人ではないのです。

そう言えば、「ゆきんこ*」に出て来た路線バスは、「北海道中央バスの日野ブルーリボンHU」とまで、ほゞ特定可能。
「気動車と電車は違う」(TV番組でさえ、時々リポーターが、架線の無い所で「電車、電車」と連呼しているのを見て苦々しく思ったのは、紅玉だけでは無い筈だ!!)の、「あまゆる。」のマウンテンプクイチさん(ご出身は九州らしい)と言い、
きらら系漫画で乗り物描写は案外に正確です。

まぁ、「すぷりんと!」で、track(走路、軌条)とtruck(貨物自動車)を勘違いする「訳が分からないよ。」なギャグもありましたけれども……。
2013/ 06/ 16 (日) 12: 04: 36 | URL | 紅玉国光(富山市) # xTjF.3u6[ 編集 ]
>紅玉国光さん
なるほどなのです。僕は都桜さんの作品はうらバンとさくティーしか知らなかったもので…。

「気動車と電車は違う」で色々苦々しく思われる気持ち、すごくすっごく分かりますw
僕も旅番組のレポーターだったり、雑誌記事なんかで間違われているのを見る度にもやもやしてしまう方なので…。
その点、「あまゆる。」には感心を通り越して感動すら覚えました。ああいう細かいところに気を付けた描写がされていると、それだけで作品に対する好感度が大幅にアップしますね。
2013/ 06/ 18 (火) 17: 31: 58 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
あれ?“さくティー”~?
紅玉は「STB」と略しております。
AKなんとか(*露国の自動小銃では無い)の真似ではないつもりデス(苦笑)。
別名“都桜和さんの放課後ティータイム”。
……いゃぁ、「けいおん!」人気の内に、余勢を駆って「うらバン!」もWでTV漫画化しないかなァ……と思っていたのに、結局、見送られてしまったので、
今度こそは!!STBのTV漫画化、切望!!
2013/ 07/ 07 (日) 12: 50: 50 | URL | 紅玉国光(富山市) # xTjF.3u6[ 編集 ]
>紅玉国光さん
AKなんとかと言われると僕の場合はAKGが頭に浮かんでしまいますね…w

※オーストリアの音響機器メーカ

うらバン、一時期アニメ化の噂がありましたよね…結局噂のままで終わってしまいましたが。
2013/ 07/ 07 (日) 17: 50: 22 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
ありがちな?誤変換
「佐倉ティーブレイク!」

……。


何だか、杏子とマミさんの合同必殺技……みたいだ……。

マミさんが魔法で出した紅茶を、杏子が例の自在槍に乗せて、カップごと敵に叩き付ける技。
カップの破片に熱々の紅茶の相乗作用で大変なダメーヂを与える。

……なんて (出鱈目を書いてすみません!!)
2013/ 07/ 21 (日) 17: 50: 05 | URL | 紅玉国光(富山市) # xTjF.3u6[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...