「まんがタイムきらら'13年7月号」感想。
2013年 06月 12日 (水) 00:36 | 編集
では7日に発売の今月きらら感想、行ってみましょう。

今月のきらら、発売がいつもよりも早かったんですよね。実を言うと発売日当日にもう読み終えてはいたのですが…なぜか感想書くのはちょっと遅くなってしまいましたw


kirara_201307s


・表紙
今月の表紙も「ゆゆ式」。アニメ放映もいよいよ今月一杯までとなりました…もう終わってしまうんだと考えると寂しくなります。まあ、原作はまだまだ続くでしょうから別に良いのですが。

それにしても今月の表紙もまた季節感があってイイですね。二人のバックにたくさんのアジサイと言うのがいかにも6月らしくて良いです。

ところで今月のこの表紙眺めてたら江ノ電に乗りに行きたくなってしまったんですが…そんな人間は多分僕だけですよね…?w


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・ゆゆ式
表紙に引き続いて巻頭カラーもこの作品。梅雨にちなんでか雨にまつわるあれこれ。

今月は何と言っても12ページの「淫雨」でした。その単語が出て来た時の唯ちゃんの「めんどくさい」て反応が実にいいですね。確かにそんな単語聞いたらゆずこ&縁が絶対に面倒くさいことになりそうです。

そして12ページ4コマ目と5コマ目の間には一体何があったのでしょうか。唯ちゃんが相当本気でゆずこの背中ドンした様ですが…一体どんだけ面倒臭い反応しちゃったんでしょうねゆずこはw

あと、皆に一緒に帰ろうと誘われて「うふふ…帰りたい」と言うおかーさんの返しがなんとも悲哀に溢れてたのが印象的。そうだよ…大人は帰りたくても帰れない時だってあるんだよ…(涙)


・チェリーブロッサム!
うーん騙された! 前回のヒキでてっきり人工呼吸は大倉山センパイだとばかり思ったのですが…。

綱島センパイだったんですね。で、大倉山センパイのあの反応は二人の人工呼吸見ちゃったのが恥ずかしくて目を合わせられない…って紛らわしいわw

しかし綱島センパイの行動には全く他意は無かった様ですね。ただ純粋に日吉クンを助けたかったと言うだけで。

でもどうせなら本当にお兄さんが人工呼吸の主だったらそれはそれで面白かったのかもしれませんね。まあきらら読者的には全く需要は無いと思いますが。


・箱入りドロップス
雫ちゃんのため息…からの、身長の高い低いに関するガールズトーク。そしてそれを男子勢に振った時の反応が面白いですね。

萌ちゃんから聞かれた時の相ノ木の反応…泣きながら「どう考えても私より雫ちゃんのが可愛いし」と萌ちゃんに訴えられた時のあの彼の顔の真意は…?

まあ、やっぱりきっとそうなんですよね。単行本2巻のカバー下でもそんなそぶりありますし…。

あと、陽一クンに皆が話を振った時の委員長の反応が良かったですね。「ショタもいけるのか」ってww委員長さんはどうやらもう完全にそっちへ逝ってしまわれた様ですね…。

それと純ちゃん。先生に対して身長うんぬん問いかけてますけど、確か純ちゃんの好きな人って…。

最後の相ノ木のセリフと言い、なんだか凄く青春してますね。単に身長の話だけかと思いきや、皆それぞれ気になる人がいて、相手の想いがどうなのかが気になって…ああもう青春だなぁ!!


・Pretty Prison
この作品が載ってると言うことは逆に…いや、なんでもないです。

さて、ここに来てまさかのまたまた新キャラ登場ですよ。しかも今回は囚人側ではなく看守側の新キャラ。新人看守のマーブルちゃん。

kirara_201307prpr_s

おかっぱ頭が可愛らしくて人気出そう。とりあえずツイッターの自分のフォロワーさんにも気に入りそうな人がちらほら…。

しかし、せっかく新人入ったのにも関わず所長は本当にダメダメですね。新人の前なのに囚人にバカにされるわコハクさんにひっ叩かれるわでまるで威厳のカケラもありません。この人、最初はここまで酷くなかったよね…w

あとマーブルちゃんはイイ子過ぎますね。文字通りにこの監獄唯一の良心となりそう。

そしてこの作品は一体いつになったら連載化されるのでしょうか? いやこれだけ新キャラも出て話も広がっているのですから、いい加減読み切りで終わらせるのは勿体無いと思うのですけどね…。


・しかくいシカク
猫の写真をうんぬん…な話なんですが、「二十歳以下で未成年」「いたいけな子」「ロリ」ってなぜわざわざそんな言い方を…それも今の時期に…。

いや、この作品ならあえて今だからそういうネタでぶっつけて来てると言う可能性もw


・女子大生生活様式
皆で登校…から授業シーンの一コマ。大学生活モノでこうやってきちんと大学生活の日常にスポット当てて描いている作品ってきららでも初めてではないでしょうか?

まあそもそも、JKモノに比べてJDモノは分母が恐ろしく少ないので比較のしようが無いかもしれませんが。

それにしても柚ちゃんはしっかり者かつ愛されキャラですね。皆に妹分みたいに凄く可愛がられているのがよく分かります。ただ、柚ちゃんしっかりしているので先輩の皆さんの方が妹みたく見えなくもないですが…w

あと、ねねちゃんの可愛いモノ好きは本当にブレないですね。授業を真面目に聞いていると思いきや、まさか教授の持っているキャラものボールペンに見入っているだけとは…。でもねねちゃんのそういうところ、凄く女の子らしくて個人的には大好きです。大事にしてあげたい。


・コドクの中のワタシ
言われるまで疑問に思わなかったのですが、そういや確かにドラキュラって十字架苦手とか言いながら、その棺桶には大概十字架のマーク入っていますよね…w

しかし「中からは見えないからいいのよ」って本当にそういう問題か?

どうもリズちゃんはこのメンツの中で、一番それっぽく無い気がします。今まで吸血鬼らしい描写ってありましたっけ? 他のコに比べて特技や特殊能力みたいのも無かったですよね…。


・萌え系美少女殺人事件
湖西晶先生の新作ゲスト読み切り。いやあこれ面白かったです!!

とある科学捜査研究施設にて、送られてきた骨のデータから生前の顔・姿を復元したらなんと萌え系美少女で…と言う話。いやはやその発想・展開はありそうで無かった。非常に新鮮でした。

真面目そうな科学者二人が真剣に議論しながらお互いの嗜好をぶつけつつ(?)少女の姿をプロファイリングしている姿はなんとも言えないおかしみがありますね。あと、時代のカラーにあわせた萌え絵の図柄とかも分かる人には分かるネタでたまらないですw

結局のところ、骨のデータはジョークで作ったサンプルが誤って送られてしまっただけと言うなんともなオチ。それも実はグレイ形宇宙人って…確かに骨格にしてしまえばグレイ形宇宙人と萌えキャラは似ているのかもしれません。

しかしそれで終わりかと思いきや実は研究所の助手がメガネを取ったら…と言うダブルオチ。このトリッキーさがなんとも言えません。

正直これは連載に出来る様な話では無いと思いますが、逆に単発モノだからこそやれたネタと言う感じですね。こういうのまた読みたいです。


・帰宅るまで学校です!
今回は「課外活動」と題して休日お買い物の話。休日と来ればいつもの制服とは違った私服姿…となるワケですが、噂の葵クンの私服に困惑している皆の反応が面白かったですねw

ただこの葵クンの私服なんですが、個人的には色合わせさえ間違えなければアリだとは思います。確かに柄物×柄物は基本的にはNGな組み合わせなんですが、カラーリングさえきちんとさせればあとは本人のキャラ次第ではむしろカッコ良く見えたりもしますし。

葵クンみたいにボーイッシュで雰囲気あるコならば上手くやればかなりいい感じになると思いますよ。ただ学生鞄はアカンw

そして私服コーディネイトから下着の話へ。きちんと上下セットで買ってると言うしおんセンパイに対してバラバラだと言う葵クン。

いやこれ実際のところどうなんでしょうね。「勝負」の時はお揃いでも普段はバラバラ…て人も結構多いんじゃないんでしょうか。あと、カンナちゃんみたく洗濯されてバラバラになっちゃうとか…ね。

でもさすがにしおんセンパイの様に「家では付けない」はごく少数派だと思われますがw

あとなんだかんだで葵クンの為に服やら下着やら選んで買ってあげてる夏芽ちゃん…この子はツンツンかと思いきや意外に面倒見が良いと言うかなんと言うか。なんだかんだで結構「帰宅部」楽しんでいますよね。

それとカンナちゃんの下着バレのオチが良かったですね。これは葵クンGJです!!

それにしても薄いピンクのフリフリかぁ…カンナちゃんには凄く似合いそう。これは是非とも見てみたいですね。次号のセンターカラーで(アカン)


・JOB&JOY
ハンバーガーテイクアウトのおつかいに来た小さな少年(まーくん)と皆との掛け合いがなんだか微笑ましくてとっても可愛らしかったですね。読んでて心が和みました。こういうのを本当の癒し系萌え4コマって言うのかなと。

しかし、まーくんが綾奈ちゃん(の「まー君」呼び)にときめいている姿、ああこれ納得。いや男なら誰しも想い出あると思うんですが、小さい頃は年上のお姉ちゃんが好きだったりするんですよね。

男は幾つでも…とかそういうんじゃなく、純粋に綺麗で優しいお姉さんが好きなんですよね。小さな男のコって。

しかし店長…もうアナタは店頭に出ない方が良いと思う。いや実際、店長の仕事って店頭接客よりも大事なこと幾らでもありますし、もうずっと裏にこもって仕事してて下さいw


・すいまさんといっしょ
たまにはすいまさんが真面目に仕事をしようとしてた話でした。ってやっぱりすいまさんの仕事って人を眠らすことだったんですね…w

しかしすいまさんのひざまくらは本当にけしからんですね。

kirara_201307smsn_s

うん、「いけない気がする」どころの騒ぎじゃありません。完全にアウトです色々と。

これだとマズイからとシャツを着せてみたもののそれでも気になると言うのも分かります。いやむしろすいまさんの場合、下手にシャツとか来た方がよりえっちに見えると思うのですが。

でも最後の手を繋ぎながらのおやすみ…なシーン。こういう描写見てると何気にこの作品ってまっとうな恋愛モノにもなりえる可能性がある様なそうでも無い様な…?


・リリウムあんさんぶる
前回の引きでいとなさんが出張店舗を咲来さんにおまかせとか言っていましたが…今月そう来ましたか!!

京グループに入社した新人さん(柊野さん)が出張店舗の厨房を担当するので、咲来さんにはそのサポートをして欲しい、と言う展開。

柊野さんはいとなさんに対して憧れの様な気持ちを抱いている様ですし、そしていとなさんと咲来さんの間の微妙な関係に早くも勘づいちゃった模様。そしてなおかつ咲来さんに対してちょっと面白くない感情を持ち始めている…?

これは確かに、ままな&カリンの二人ならずとも面白くなりそうと思わずにいられません。確実に修羅場突入フラグ立ってますがワクワクが止まらないぜ(アカン)

しかしそれにしても…冒頭のスーツ姿のいとなさん。

kirara_201307llum_s

とても高校生には見えません。いやどう見ても隣の柊野さんよりも年上っぽく見えます。まあそんなところもひっくるめて僕はいとなさん好きですが。


・スマイル・スタイル
山咲百合ラ部とかそんな怪しい(?)部に連れて行かれちゃった百合ちゃんはさておき、歩ちゃんと桜ちゃんと言うなんとも珍しい組み合わせの話でした。

しかしこれ…一体どんなテンションで読めばいいんですかね。桜ちゃんのお姉ちゃんに対する気持ちだったり、歩ちゃんの過去への想いだったりといつに無くシリアスムード…かと思いきや肝心なところで笑いを入れて来るのでしんみり出来やしねぇ!!w

そして安定の大オチ。頭にぱんつ被った和沙先生のおかげで何もかも台無しになりましたw


・さつきコンプレックス
男子トイレで弟のお手伝い(意味深)するさつきちゃんとかもういかがわしい以外の何物でも無い気がします…。


・かいちょー☆
修学旅行回。舞台は九州ですね。とりわけ鹿児島は自分も10年ほど前に行ったことがあるのでなんだか懐かしい気持ちに浸りながら読みました。

194ページ5コマ目にある「天文館」。ここって鹿児島県中心の商店街・繁華街なんですよね。僕は白クマは食べませんでしたが、この天文館界隈にある飲み屋さんとか行った様な記憶が…。

しかし桜島行きフェリーで船酔いしてる先生…あのフェリーって、そんな船酔いする程の時間は乗らなかったと思うのですがw

あと修学旅行と言えば当然(?)のお風呂シーン。

kirara_201307kch_s

なんですかこのパラダイスは!?

ああ…おんなのことおんなのこが…おっぱいとおっぱいがいっぱいでおっぱお(混乱)


・My Private D☆V
今月のMPD☆Vは「リリウムあんさんぶる」のあそか先生。

いやはや…これは正直意表をつかれた感がありました。てっきりもっと「おかっぱかわいい」的な感じの何かが来ると思いきやなるほど…「普段は隠れて見えないものがふいに見える」「それでいて見せない」ですか。

チラリズムの極致と言いますかなんと言いますか…でもおんなのこの腋とかおへそとか、普段見えない部分がふいにちらりと見える瞬間ってたまらないものがありますよね。

そして「敢えて画面から切って『つけてない・はいてない』を演出」。なんと言う…なんと言う上級者過ぎる…いやはや恐れ入りました。


今月は以上で。

今月の無印きらら、全体として非常に読みごたえあって面白かったのですが、ただここからはちょっと苦言と言いますか何と言いますか。

今月、突発的な休載がまたありました。無印の突発的な休載に関してはもう、作品がほぼ決まってきてるんですよね。これは正直かなり異常な事態だと僕は思います。

休載も事前から分かっているケースなら別になんとも思いませんし、突発的なものであっても体調不良や何かやむを得ない事情ならば勿論仕方の無いことだと思います。

でも、いわゆる「落とす」のが常態化しているのは明らかに異常としか思えません。

「落とす」と言うのは言ってみれば納期を守れないのと同じことなんです。一般企業で納期が守れなければどうなるか。分かりますよね? 勿論、作家さんの仕事と一般企業とを同じ様に考えるのは必ずしも正しいことではないかもしれません。

でもね。

特別な理由があるわけでもなくただ「落とす」のが続くのならば、それはプロ意識に欠けると思われても仕方がないことだと。僕はそう考えます。

一部にはコミケ等の同人活動を優先して本業の連載を落とす人もいると言う噂も聞きます。それが本当ならばプロ意識に欠けるどころか、読者や他の真面目にやっている作家さんを馬鹿にしている行為だと、そう言わざるを得ません。

読んでいるこちらとしてはやっぱり、毎月楽しみに読んでるんですよね。それはきっとどんな漫画雑誌であれそうだと思いますが、きららと言うのはどちらかと言えばマイナーな雑誌。

そう言った雑誌を買っている層と言うのは言ってみればコアな層、ディープな層なんですよね。だから単に暇つぶしに漫画雑誌買っているのではなく、かなり思い入れを持って真剣に読んでいるんですよ。

そんな人達からしたら…自分が読みたかった漫画があまりに休載続きだったりしたらガッカリするじゃないですか? 作家さんには読者をガッカリさせるようなことはして貰いたくないんですよね。読者としては。

この件に関しては、作家だけじゃあなく編集側にも問題があるのではと僕は思います。言ってみれば編集サイドのマネジメントの問題。

作家さんにもそれぞれ資質・特性があると思うんですよ。どんなに仕事量が増えても平気な人もいればそうじゃない人だっている。メンタル面の強い人もいれば弱い人もいる。

そう言った作家さん一人一人の特性を見極めた上で仕事を振るべきじゃないか、と。それが編集の行うべきマネジメントでしょう。

場合によっては隔月掲載だとか、長期休載だとか、そう言った判断をしても良いと思うんです。現にミラクでは一部作品は隔月掲載となっていますが、それはミラクだけじゃあなく他のきらら誌でも行えば良いと思うんですよね。

最初からその様に分かっていれば、読むこちら側としてもモヤモヤすることなくスッキリと読むことが出来ますし…。

作家・読者どちらもが極力納得の出来る、そんな誌面作りをしていって頂きたいと切に願います。


Comment
この記事へのコメント
「ラムネ食べてるおかーさんかわいい」
「ダメだ…それ以上感想が出てこない」

いつぞやの氏のコメが妙に印象あったりするあの原作の空気感を
アニメで“癒し”に変えてしまったスタッフ陣にただただ脱帽です。
配信されてる某サイトでもおおむね評判がいいようですし。

さて7月からのきんモザはどうなりますか。
2013/ 06/ 13 (木) 18: 27: 25 | URL | YOU_NA_RING # -[ 編集 ]
>YOU_NA_RINGさん
ああ…確かに昔の感想でそんなこと書きました。改めて言われると恥ずかしいですねw

ゆゆ式のアニメはよく出来ていますよね。
あの原作の空気感をアニメで出せるのかと始まる前は半信半疑でしたが、観てみたら実に上手く出来ているなぁ、と。

きんモザはどうなるでしょうか…期待したいものですが。
2013/ 06/ 15 (土) 08: 06: 19 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
お久しぶりに不定期運行デス
「けいおん!」無き後、きらら本誌は「JOB&JOY」目当てで読んでいた様なものですが、「リリウムあんさんぶる」が“綺麗なだけじゃないドロドロ感”を押し出して来るし(紅玉は、最初から咲良×潤香派なので、複雑なものがあるのですが)、「帰宅るまでが~」の絵柄も好きだし、「すいまさん~」まで、先月号の“制服あくむちゃん”でヤラレター!!な状態で(苦笑)。
「三者三葉」の安定運行っぷりも相変わらず(紅玉は双葉が好き)、「チェリーブロッサム」は良い具合にはっちゃけていますし。
本当に“綺羅、星の如く”。
目が離せません……あは~いい気持ちだ、ちにゃ!!(←嬉しい悲鳴)。
2013/ 06/ 16 (日) 11: 49: 49 | URL | 紅玉国光(富山市) # xTjF.3u6[ 編集 ]
>紅玉国光さん
「リリウムあんさんぶる」は推しカップルがどれかによってかなり見方が変わってきそうですね。今月の展開でまたひと波乱あるかも…な感じですし。

最近の連載陣は勢いのある作品が多くて良いですね。「すいまさん」「帰宅るまで」共に僕もお気に入りの作品です。
2013/ 06/ 18 (火) 17: 35: 06 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
先月号の分に今頃コメントってのもどうかと思いつつ
表紙ですが縁の右袖とゆずこの左袖が濡れてるってことは、ゆずこが持ってる傘であいあい傘してましたね
いいなぁ~

ところで「ごめんね。夏目ちゃん」が最終回も書かれず終わっていたのですが……あんねこ氏になにかあったのでしょうか……
2013/ 07/ 30 (火) 01: 17: 27 | URL | グリムロッド # dAL7rdlc[ 編集 ]
>グリムロッドさん
初めまして…でしょうか? コメントありがとうございます。

>>あいあい傘
ああっそうか…そうですね確かに。これはうかつでした…まさか気付かないなんて…。
これでは百合好き失格ですワタシ(涙

「ごめんね。夏目ちゃん」ですが、ツイッターのフォロワーさんつてで作者さんの体調不良とか聞いた気がします。
何らかの形で再開出来れば良いのですが…。
2013/ 07/ 30 (火) 18: 04: 25 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...