珍品・ブルゴーニュのロゼ・ピノ・グリ。
2018年 05月 15日 (火) 22:21 | 編集
では、昨夜に開けたワインの感想日記でも。昨日は仕事は休みだったのですが健康診断でバリウム飲んだりしたので、本来ならきっとその晩はお酒控えた方が良いのでしょうが…でもそんなの関係ない!!w


「ALAIN&JULIEN VIGNOT BOURGOGNE COTE ST-JACQUES PINOT GRIS 2017」
(ドメーヌ・アラン・ヴィニョ ブルゴーニュ・コート・サンジャック・ピノ・グリ)

WINE_20180514_01s

WINE_20180514_02s

葡萄屋さんで買ったものなんですが、これはなんと珍しい。ブルゴーニュ産のピノ・グリ、しかもロゼなんです!!

ピノ・グリと言えばフランスではアルザスで造られることの多い品種。ブルゴーニュのピノ・グリ自体もあまり見かけないですが、更になんとピノ・グリのロゼと言うこの変わり種。

でもそう言えば昔、ピノ・グリでやたらと色の濃い、今で言うオレンジワインみたいな色のものを飲んだことありますし、ピノ・グリって白ブドウと言いつつ果皮が黒っぽいのでこういうロゼみたいなワインを造るのにも向いているのかもしれませんね。

ちなみにお値段は2780円と結構いいお値段しやがります…まあでも、珍しいものを飲むための投資と思えば仕方ないのです…。

≫ "珍品・ブルゴーニュのロゼ・ピノ・グリ。" の続きを読む...
イタリア・ピエモンテのシャルドネ。
2018年 05月 13日 (日) 22:16 | 編集
では、先日の休みの日の夜に開けたワインの感想日記を。


「MICHELE CHIARLO LA VESPA PIEMONTE CHARDONNAY 2013」
(ミケーレ・キャルロ ラ・ヴェスパ ピエモンテ・シャルドネ)

WINE_20180510_01s

WINE_20180510_02s

KALDIで買ったイタリアのシャルドネ。お値段は1598円。

そう言えばイタリアのワイン飲む時って地場品種のものが多くって、イタリアのシャルドネってあまり試したことなかったなぁ…と買ってみた一本です。

イタリアの白ワインと言うとスッキリ爽やか系のものが多いイメージもありますが、シャルドネだと果たしてどんな感じになりますか…。

≫ "イタリア・ピエモンテのシャルドネ。" の続きを読む...
南アフリカの爽やかなヴィオニエ。
2018年 05月 09日 (水) 21:56 | 編集
では、先週末に開けたワインの感想を。


「BOUTINOT CAPE HEIGHTS VIOGNIER 2016」
(ブティノ・ケープハイツ・ヴィオニエ)

WINE_20180506_01s

WINE_20180506_02s

葡萄屋さんで買ったワインで南アフリカのヴィオニエですね。そう言えばヴィオニエ単体のワインも久々ながら南アフリカのワインも久々。

そして恐らく、南アフリカのヴィオニエ自体は試すの初ですね。ちなみにお値段は920円とかなりのお手頃価格。葡萄屋さんでこれまで買ったワインの中では多分一番安い…w

≫ "南アフリカの爽やかなヴィオニエ。" の続きを読む...
オーストラリアの赤スパークリング。
2018年 05月 05日 (土) 22:07 | 編集
では、こないだの水曜の休みの夜に開けたワインの感想でも。

 
「THREE PILLARS THE GOURMET RED CUVEE」
(スリー・ピラーズ・ザ・グルメ・レッド・キュヴェ)

WINE_20180502_01s

WINE_20180502_02s

地元のショッピングセンターで1380円で売られていたもの。スパークリングワインなんだけれどラベルに「RED」と書かれているのが気になって買ってみたところ、どうやら赤ワインのスパークリングみたいですね。

なるほど…確かにラベルのデザインも赤基調となっています。

ちなみに生産国はオーストラリア、品種の方はシラーズを中心にプチ・ヴェルドなんかがブレンドされているみたいです。

ところで赤いスパークリングと言えばイタリアのランブルスコみたいな弱発泡のは飲んだことありますが、そうでない赤いスパークリングは恐らくこれが初めて。一体どんなワインなのでしょうか。

≫ "オーストラリアの赤スパークリング。" の続きを読む...
オーストラリアの素直な白ワイン。
2018年 05月 02日 (水) 17:40 | 編集
では、先月の終わりの晩に飲んだワインの感想日記を。


「BOUQUET DE FLOLIA CHARDONNAY VIOGNIER 2016」
(ブーケ・ド・フロリア・シャルドネ・ヴィオニエ)

WINE_20180430_01s

WINE_20180430_02s

地元のショッピングセンターで1080円で買ってきたもの。オーストラリアの白ワインでシャルドネにヴィオニエをブレンドしたもの。

ここ最近、オレンジワインだったりブラジルのワインだったり金箔入りのスパークリングだったり、とにかく変わり種のワインが続いていたのでいい加減オーソドックスなワインを飲みたいな、と。

そう思って買ってきた一本でありますw

≫ "オーストラリアの素直な白ワイン。" の続きを読む...
ジョージアのオレンジワインに再挑戦。
2018年 04月 27日 (金) 20:53 | 編集
さて、昨日と一昨日は連休だったのですが、連休初日の夜、一昨日の晩に開けたワインの感想日記を。


「Besini Qvevri SpecialReserve 2014」
(ベシーニ クヴェブリ スペシャルリザーブ)

WINE_20180425_01s

WINE_20180425_02s

葡萄屋さんで買ったオレンジワインですね。オレンジワインと言えば今月の初めに1本試してみましたが、なにしろそれが僕にとってのオレンジワイン初体験。

1本だけじゃどんなものか掴みきれないだろうからともう1種類買っておいたわけです。

さて、このワインなんですが生産国は前回飲んだものと同じくジョージア。品種はルカツィテリ100%とのことでジョージア産のワインはこの品種を使っているものが多いですね。

ちなみにお値段の方は2700円と、普段僕が買うワインとしてはかなり良いお値段します。まあ、珍しいものを飲むのにはそれなりの対価が必要ですよね…w

≫ "ジョージアのオレンジワインに再挑戦。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...