オーストラリア、サンダルフォードの白ワイン。
2017年 10月 10日 (火) 22:58 | 編集
では、先週末に飲んだワインの感想日記を。随分と久々のワイン日記となりました。


「SANDALFORD CLASSIC WHITE 2014」
(サンダルフォード・クラシック・ホワイト)

WINE_20171007_01s

WINE_20171007_02s

オーストラリアの白。地元のショッピングセンターでおつとめ品として安くなっていたもの。安くなった価格が税込み1598円なので、元の値段は2000円をちょい切る位の価格なんじゃないでしょうか。

裏ラベルを見ても品種は明記されていませんが、とあるネット通販のサイト見るとソーヴィニヨン・ブラン、ヴェルデホ、セミヨン、シャルドネとありますが…本当かな?

≫ "オーストラリア、サンダルフォードの白ワイン。" の続きを読む...
アンリ・エーラールのエーデルツヴィッカー。
2017年 09月 12日 (火) 05:31 | 編集
では、先週末に開けたワインの感想日記、行ってみるとしましょうか。



「HENRI EHRHART EDELZWICKER 2015」
(アンリ・エーラール・エーデルツヴィッカー)

WINE_20170909_01s

WINE_20170909_02s

地元のショッピングセンター内のKALDIで買ったもの。値段は1,382円。大好物のアルザスワインですね。


この「エーデルツヴィッカー」と言うのは、A.O.C.アルザスで認められているラベル表記で、ぶどう品種をアッサンブラージュした時に付記するもの…つまり、要するにアルザスのブレンドワインと言うことらしいです。

何がブレンドされているのかはラベルを見ても明記されていないので分かりませんが、大体アルザスの白でブレンドと言うとピノ・ブラン、ピノ・グリ、リースリング辺りを中心に混ぜていることが多い気がしますが…はてさてどうでしょうか?

≫ "アンリ・エーラールのエーデルツヴィッカー。" の続きを読む...
久々にアルゼンチンのトロンテスを。
2017年 09月 06日 (水) 22:02 | 編集
では、先週末に飲んだワインの感想日記を。

久々に、アルゼンチンのトロンテスを買って試してみました。


「BESOS DE CATA TORRONTES 2014」
(ベソ・デ・カタ・トロンテス)

WINE_20170903_01s

WINE_20170903_02s

キスマークのラベルがなんとも印象的なこのワイン、地元のショッピングセンターで売られていたもので値段は950円。アルゼンチンのワインって基本かなりお値打ちなのがありがたいですね。

一般に芳香豊かな白ワインて言うとゲヴュルツトラミネールやヴィオニエが挙げられることが多いですが、個人的にはこのトロンテスと言う品種もそれらに負けず劣らずに芳香の強い品種だと思います。

≫ "久々にアルゼンチンのトロンテスを。" の続きを読む...
日本産、シャトー・メルシャンのロゼワイン。
2017年 08月 31日 (木) 15:58 | 編集
昨日・今日と久々の連休でのんびりしています。と言ったところで昨夜開けたワインの感想日記を。

昨夜は久々にロゼワインを開けました。それも日本産のロゼと言うなかなか珍しいものを。


「CHATEAU MERCIAN ENSEMBLE MOMOIRO 2013年」
(シャトー・メルシャン・アンサンブル・ももいろ)

WINE_20170830_01s

WINE_20170830_02s

地元の酒ゃビックで先日見かけて、日本産のロゼとは珍しいと見つけた瞬間に速攻でカートに入れて買ったもの。値段の方は1,620円。

裏ラベルを見ると、品種はどうやらメルローなどの世界的に使われる黒ブドウに、国産品種のマスカット・ベーリーA種をブレンドしているみたいですね。マスカット・ベーリーAの赤は飲んだことありますが、ロゼになっているのはなかなかに珍しいかと。

ちなみに今回のワインですが、実は元々は白ワインを飲むつもりで準備していたのに、それが開けてみたら酸化していて…なので急遽このロゼを冷蔵庫から取り出して開けた、と言う裏話があったりします…w

≫ "日本産、シャトー・メルシャンのロゼワイン。" の続きを読む...
カリフォルニア・ダークホースのシャルドネ。
2017年 08月 25日 (金) 20:24 | 編集
では、先週末に開けたワインの感想日記、行ってみましょうか。

先週末は久々にカリフォルニアのシャルドネを。


「DARK HORSE CHARDONNAY 2015」

WINE_20170820_01s

WINE_20170820_02s


地元のショッピングセンターで買ったもので、値段は1598円。そう言えば最近、ちょっと変わり種の品種とかを多く飲んでいたのでシャルドネのワイン自体久々な気もします。

ところでこのワイン、シャルドネ種のワインなんですが、そこに隠し味としてヴィオニエとゲヴュルツトラミネールをブレンドしているらしいです。

ゲヴュルツとヴィオニエと言えば、どちらも芳醇にして甘やかで芳香の高い品種。僕も大好きな品種なのですが、それをシャルドネに加えることでどんなワインになるのか。非常に興味が湧きますね。


…あれ? オーソドックスなシャルドネを買ったつもりが結局これ、ゲヴュルツやらヴィオニエやら混ぜてるってことはやっぱりちょっと変わり種のワインと言うことに…?

≫ " カリフォルニア・ダークホースのシャルドネ。" の続きを読む...
数年ぶりのグリューナー・ヴェルトリーナー。
2017年 08月 19日 (土) 21:33 | 編集
では、水曜の夜に飲んだワインの感想日記、行ってみましょうか。

今回はオーストリアのグリューナー・ヴェルトリーナーのワインを開けました。


「Hugl Weine Grüner Veltliner Classic 2013」
(フーグル・グリューナー・ヴェルトリーナー・クラシック)

WINE_20170816_01s

WINE_20170816_02s

地元の酒ゃビックで先日見つけて買っておいたもの。グリューナー・ヴェルトリーナー置いてあるなんて珍しい!!ともう見つけた瞬間に即買いでしたw

グリューナー・ヴェルトリーナーのワイン…と言うかオーストリアのワインってなかなか見かけないんですよね。だから僕も飲んだことはほとんどありません。

このブログ内では何年か前に一度、グリューナーのスパークリングを取り上げていますがその一本のみ。スティルワインはこのブログを立ち上げる前に一度か二度飲んだことがありますが…多分もう、今から10年くらい前でしょうねw

だからどんな味だったかも全然覚えていません。そういう意味でかなり新鮮に楽しめるハズかと。

≫ "数年ぶりのグリューナー・ヴェルトリーナー。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...