2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅(4)
2017年 02月 04日 (土) 06:17 | 編集
- 二日目(前編)・観光列車「花嫁のれん」 -

1月22日(日)。旅行二日目。天気は朝からあいにくの雨模様…。

ホテルで軽く朝食を済ませ、朝9時頃に金沢駅へと向かいます。駅に着いてまず、構内のお土産屋さんを回って地酒やお菓子などお土産品をあれこれ購入。金沢駅は構内にこういう店が充実しているのが良いですね。


そしてホームへと向かいます。この日は観光列車「花嫁のれん」に乗車します。

と言うわけで花嫁のれんの出発する4番ホームへと向います。

201701noto040s

ホームへと上がる階段の下にきちんと「花嫁のれん」の案内が出ています。階段を上がっていく最中も花嫁のれんの紹介ポスターなどが何枚も貼ってあるのを目にしました。

4番線のホームは3,5番ホームの先の方にあるのでそちらへ行ってみると…。

201701noto041s

もうここも花嫁のれん一色!!


更に更に…なんとのれんが!!

201701noto042s

4番線ホームの、花嫁のれん乗車位置の手前にこんなのれんがあるんですね。こののれん、普段からホームに設置されているのではなく、花嫁のれんの入線時刻が近づくと駅の方がセットしに来られるみたいです。

(この日は朝、9時50分くらいに駅員さんが設置しに来られていました)

≫ "2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅(4)" の続きを読む...
2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅(3)
2017年 02月 01日 (水) 05:35 | 編集
- 一日目(後編)・金沢の夜 -

観光列車「べるもんた」の旅を終え、高岡駅から金沢へと戻ります。

戻りは在来線に乗って…と言っても北陸新幹線が開通した影響で並行区間の在来線はJRではなく、第三セクターのあいの風とやま鉄道になっているんですよね。

201701noto030s

201701noto031s

車両はブルーの鮮やかな車体が目立ちますが、JR西の521系と同一の車両ですね。車内には転換クロスがずらりと並んでいて快適です。


さあ、金沢駅へと戻ってきました!!

201701noto032s

やはり金沢駅は大きい…ホント大きいですね…。地方都市の駅の中では割とダントツででかい部類に入るんじゃないかと思います。

≫ "2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅(3)" の続きを読む...
2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅(2)
2017年 01月 30日 (月) 05:25 | 編集
- 一日目(中編)・ 観光列車「べるもんた」 -

新高岡を13時54分に出発した「べるもんた」3号はほんの2、3分で次の停車駅、高岡に到着します。この高岡を出発するのは14時25分。と言うことでまだ30分ほどありますのでまずは外へ出て写真撮影など。

201701noto015s

201701noto014s

先程、新高岡駅ではゆっくり撮影する時間が無かったので舐めるように撮りまくりw

この「べるもんた」、正式名称は「ベル・モンターニュ・エ・メール」と言うらしいですね。まあ実際には長ったらしいので「べるもんた」の名前で記載されている場合がほとんどですが。

それにしてもこの塗色が良いですね…深いグリーンにゴールドの帯。どこかで見たことある気がする…と思ったらこれ、トワイライトエクスプレスと同じなんですよね。

あと、この列車って一両編成の単行運転なんですよね。JR各車でキハ40系列改造の観光列車が走っていますが、その大半は2両編成なのにこの列車は一両…単行の観光列車と言うのもなかなか思い切ったことするなぁと言う気がします。

≫ "2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅(2)" の続きを読む...
2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅(1)
2017年 01月 27日 (金) 05:35 | 編集
- 一日目(前編)・新高岡へ向かう -

1月21日(土)~24日(火)の間、能登半島の方へ3泊4日の旅行に行ってました。今回の旅のテーマはずばり、「観光列車と美食」!! 色々と面白列車に乗って美味しいものを食べまくってきましたw

では、その旅日記をこれより綴っていきたいと思います。


さて、1日目の21日。まずこの日は北陸本線に乗って富山県の新高岡へと向かいます。目的地の能登半島とはちょっとズレますが、まずはちょっと寄り道、と言うわけです。

201701noto001s

今回の旅のトップバッターは特急「しらさぎ」。車両は681系。JR西日本の今の特急スタンダードを作り上げた車両ですよね。


201701noto002s

グレー系でまとめられた車内は落ち着きがあります。天井の照明以外に荷物棚にも照明が付いているので室内が明るく見えます。

個人的にはこの荷物棚の造作が、カーテンと同じ色の生地を貼り付けていたりとなかなかに小洒落ていて良いなぁと思います。

≫ "2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅(1)" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...