2018年7月・東関東の旅(6)
2018年 08月 11日 (土) 20:51 | 編集
- 三日目(前編)・漫画「恋する小惑星」聖地巡礼の旅1・地質標本館編 -

東京での一晩が開けて7月16日(祝)。この日は茨城県のつくばへと向かいます。

なぜつくばに行こうと思ったのか。その答えはこれです。

201807kantou085s

「恋する小惑星」

まんがタイムきららキャラットに連載中の、Quro先生による作品ですね。この作品の中でつくばにある天文や地学に関係のある施設が何箇所か取り上げられていて、作品を読んでいるうちにその場所に行ってみたいと思う様になったのが今回の旅行のそもそものきっかけでした。

あとはそこに千葉での鉄道旅をくっつけて…前半戦は千葉で鉄道旅、後半戦は茨城のつくばで恋する小惑星の聖地巡礼旅と、全く異なる二つの旅を楽しんじゃおうということになったワケですw


さて、ホテルで軽く朝食を取って出発。思えば前日は昼間からずっと飲んでましたので、朝起きた時は正直もう動きたくない…て感じでしたけど、朝ごはんを取ったらスッキリ。これなら聖地巡礼も楽しめそうです。

まずはホテルを出て、小伝馬町の駅から秋葉原へと向かいます。

201807kantou086s

するとこの時やって来たのがなんと日比谷線(正確には乗り入れ先の東武鉄道)の新車。そう言えば日比谷線はこれまではずっと3扉の車両が走っていましたけど、今後は4扉に切り替えていくとのことで新車が走り始めたんですよね…。

初めて乗りました。車内は新車の匂いがぷぅんとしましたね。


そして秋葉原駅にてつくばエクスプレスに乗り換え。

201807kantou087s

つくばエクスプレス、ホームいっぱいに止まる上にホームドアもあるので写真撮るのが非常に難しいですw

あと、昔乗った時は車内の一部がセミクロスシートになってた記憶があるんですが、今はほとんどの車両がロングシート化されちゃってるみたいで、非常に旅情味のない、面白くもなんともない列車になってしまってました…。

≫ "2018年7月・東関東の旅(6)" の続きを読む...
2018年7月・東関東の旅(5)
2018年 08月 04日 (土) 20:53 | 編集
- 二日目(後編)・東京へ戻り、そして飲み会 -

楽しかったレストラン・キハの旅を終え、大原駅にやって来ました。

と、列車を降りてふと、いすみ鉄道からJR線への連絡口を見ると、頭上にはこんな看板が。

201807kantou079s

大きく「ありがとうございました」との言葉が。

いすみ鉄道を利用した全てのお客さんに対しての感謝なのでしょうけど、むしろお礼を言いたくなるのはこちらですよ…レストラン列車での楽しい一時、本当にありがとうございました!!


さて、JRのホームへと向かい、列車を待ちます。

そして待つことしばらく、やって来た東京行きの特急列車に乗車します。

201807kantou080s

大原14時50分発の特急「わかしお」14号。これで東京へと向かいます。

ところで、房総特急というといつ乗っても割と空いているイメージがあったのですが、この列車に関して言えば自由席も満席で指定も全て売り切れだったとか…まあ、予め指定買ってある僕には全く関係無いんですけどねw


≫ "2018年7月・東関東の旅(5)" の続きを読む...
2018年7月・東関東の旅(4)
2018年 07月 30日 (月) 20:50 | 編集
- 二日目(前編)・いすみ鉄道レストラン・キハの旅 -

大多喜で一夜を過ごして7/15(日)、今日も天気は快晴の模様です。今日はホテルを素泊まりにしていたので朝食も何も取らずに、部屋でのんびりして、10時前くらいにいざ出発!!

朝食を抜いたのにはワケがあります。と言うのもこの日は今回の旅のメインの一つと言っても良い、いすみ鉄道のレストラン列車に乗る予定なんですね。

レストラン列車乗車が大体11時くらい。少し早めのランチを頂くことになりますので、じゃあいっそ朝食は抜いてしまえ、と。


さあホテルからタクシーに乗って、やって来ました大多喜駅。

201807kantou052s

いかにも田舎町の駅といった雰囲気で良い風情を醸し出しています。

駅舎に近づいてみるとこんな看板が。

201807kantou053s

こちらが本日乗車予定のレストラン列車の待合場所というわけですね。ちなみに「伊勢海老特急」だなんて書いてありますが、この場合の「特急」は「特に急がない列車」の略だそうですww

受付まで少し時間があったので、駅舎内にある売店を見学。いすみ鉄道のグッズがたくさん売られていて、結構色々と買ってしまいました。でもそう言えば、なぜかいすみ鉄道以外の鉄道会社のグッズも置いてあった様な…ローカル線同士、助け合いましょうってことなのでしょうか。


さあ、時間になりましたので待合場所へ。

201807kantou054s

そして本日の日程表や、切符などを一式もらいました。ちゃんと切符を入れる為のカードケース(これもキハが描かれている)が付いてくるのが良いですね。

≫ "2018年7月・東関東の旅(4)" の続きを読む...
2018年7月・東関東の旅(3)
2018年 07月 26日 (木) 20:52 | 編集
- 一日目(後編)・大多喜町歩き、そして夜は美味の寿司を -

大多喜駅を出て、まずは駅前の観光協会で情報収集。そして向かったのは駅から歩いてほんの2,3分のところにある「房総中央鉄道館」。

201807kantou034s

やたらと年季の入った趣きのある建物。その前に踏切が立っているのがなんともミスマッチな雰囲気で面白いです。


中へ入ってみます。

201807kantou035s

201807kantou036s

大きな鉄道模型のジオラマ、それにたくさんの駅名標が飾られています。また、奥には写真撮影の出来ないコーナーがあって、そちらの方へ行くと本当に貴重な、それこそ鉄道文化遺産的なものが色々と展示されていました。

あとは入り口の方に売店があって様々な鉄道グッズを販売しているのですが…その中にとんでもないものを見つけてしまったので迷わず購入!!

201807kantou037s

小湊鐵道キハ200形のサウンドトレイン。DMH17エンジンの音を鳴らせると言うシロモノ。これ実は小湊鐵道の売店だと売り切れてて買えないんですよね…でもそれが、なぜかここで販売されていたんです。

館のご主人曰く、ここに売られている数個が最後とのこと。僕がここで1つ買ってしまったので多分あとはもう残り2つ位しか売られていないと思います。

そんなこんなで館のご主人や奥さんと色々と話が盛り上がって、最後には小湊鐵道のカレンダーまで頂いてしまいました。

≫ "2018年7月・東関東の旅(3)" の続きを読む...
2018年7月・東関東の旅(2)
2018年 07月 21日 (土) 20:46 | 編集
- 一日目(中編)・房総半島縦断の旅 -

小湊鐵道の里山トロッコ列車の旅を終え、やってきました養老渓谷駅。

201807kantou017s

ホームの向こうにはたくさんのひまわりが咲いていて、夏ムードを盛り上げています。


外に出てみます。

201807kantou016s

山間のこじんまりとした駅と言った風情。

≫ "2018年7月・東関東の旅(2)" の続きを読む...
2018年7月・東関東の旅(1)
2018年 07月 19日 (木) 16:19 | 編集
- 一日目(前編)・小湊鐵道里山トロッコ列車 -

2018年7月14日(土)~18日(水)の5日間、千葉県と茨城県の2県、東関東の方を旅してきました。目的は千葉県では乗り鉄、茨城県ではつくばで漫画「恋する小惑星」の聖地巡礼という、全く別の目的を無理矢理2つくっつけたと言う旅に…w

では、これからその旅についての旅日記を綴っていこうと思います。


さて、出発の日。全国的にほぼ梅雨明けもして旅行中ずっと天気は良さそう。というかとんでもない暑さになることが見込まれそうです…。

そんな中、まずは名古屋を7時24分発の「のぞみ」102号で東京に向けて出発。

201807kantou001s

ぶっちゃけ東海道新幹線の旅は何も面白いこともないので、車中ではスマホでゲームなり持参した漫画本なり読んで過ごしますw


東京駅には9時03分に到着。ここで京葉線に乗り換え。そして蘇我で内房線に乗り換えて小湊鐵道との接続駅、五井までやってきました。

ちなみに東京駅で当初予定していたのよりも1本早い京葉線の列車に乗れたおかげで、結局小湊鐵道の列車自体もここで1本早いものに乗れることに…。

201807kantou002s

五井を10時26分に出発する養老渓谷行きに列車に乗車。車内は結構混んでいます。あと、本来なら冷房装置付きの車両ですがこの日は外気が高すぎるせいか冷房が全く効かず、むしろ窓を開けた方が涼しいと言うあべこべなことに…w

あと、車内ではアイドル(声優?)の写真集を持った三人組の人たちを見かけたのですが、小湊鐵道の駅には趣きのある駅が多いので、多分それらの駅を舞台にした写真集で、その舞台探訪にでも来てるんじゃないかな、とか想像。

≫ "2018年7月・東関東の旅(1)" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...