2017年9月・レストラン列車乗り比べの旅(3)
2017年 10月 11日 (水) 13:05 | 編集
- 一日目(後編)・高田の夜 -

大満足の雪月花の旅を終え、そして上越妙高のホームで回送列車として出発していく雪月花を見送ります。

その後すぐ、上越妙高を17時05分に出る普通列車に乗車します。と言うのも今回の宿は上越妙高ではなく、ここから2つ隣駅の高田に取ってあるのです。

…と言うか、上越妙高って駅の周りほとんど何も無いんですよね。最初はこの駅の近くで宿取るつもりだったのだけど、探しても宿らしきもの全く無い…w

201709shinsyu046s

やって来た列車へと乗り込みます。えちごトキめき鉄道には日本海ひすいラインと妙高はねうまラインの2つの路線がありますが、この上越妙高を通っているのは妙高はねうまライン。

妙高はねうまラインを走っているのはET127系電車。

201709shinsyu047s

ステンレス車体三扉ロングシートの、まあよくある車両で特筆すべきことはありません。個人的には東北地方を走ってる701系を思い出してしまいましたw

ちなみにえちごトキめき鉄道、日本海沿いの日本海ひすいラインの方はET122系と言う気動車が走っています。全線電化されているのになぜ気動車かと言うと、交流・直流と電化方式が異なっている区間をまたぐから、らしいですね。

≫ "2017年9月・レストラン列車乗り比べの旅(3)" の続きを読む...
オーストラリア、サンダルフォードの白ワイン。
2017年 10月 10日 (火) 22:58 | 編集
では、先週末に飲んだワインの感想日記を。随分と久々のワイン日記となりました。


「SANDALFORD CLASSIC WHITE 2014」
(サンダルフォード・クラシック・ホワイト)

WINE_20171007_01s

WINE_20171007_02s

オーストラリアの白。地元のショッピングセンターでおつとめ品として安くなっていたもの。安くなった価格が税込み1598円なので、元の値段は2000円をちょい切る位の価格なんじゃないでしょうか。

裏ラベルを見ても品種は明記されていませんが、とあるネット通販のサイト見るとソーヴィニヨン・ブラン、ヴェルデホ、セミヨン、シャルドネとありますが…本当かな?

≫ "オーストラリア、サンダルフォードの白ワイン。" の続きを読む...
「まんがタイムきららキャラット'17年11月号」感想。
2017年 10月 08日 (日) 06:09 | 編集
では、先月28日発売のきららキャラット感想、行ってみましょう。


kirara_carat201711s


・表紙
今月の表紙は「ブレンド・S」。もう今月からテレビアニメ放映開始ですもんね。月日の経つのって早いなぁ…などとしみじみ。

そして今月の表紙は苺香×ひでりのコンビ。しかし…テレビアニメ放映開始直前発売号に男の娘を表紙に持ってくるとか、ある意味すごくチャレンジャーだと思うのですがw

それにしてもひでりきゅんあざとい…カエルの着ぐるみとかホントあざといわ。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららキャラット'17年11月号」感想。" の続きを読む...
2017年9月・レストラン列車乗り比べの旅(2)
2017年 10月 07日 (土) 06:22 | 編集
- 一日目(中編)・雪月花の旅 -

13時過ぎに駅へと戻り、えちごトキめき鉄道の改札を通ります。すると改札の向こうに雪月花の受付所がありますが、受付は13時半から。ただ、駅員さんに聞いてみたらホームへ行ってみても良いとのことだったので降りてみると、もう雪月花が停まっていました。

201709shinsyu018s

午前の便が終点の糸魚川までやって来て、そしてこれから僕の乗る、午後便となって折り返すと言うわけですね。しかしこの時、今思えば受付済ませる前に一度ホームに来て正解でした。

と言うのも、受付後に降りてくるとこれから乗る客がホームにたくさんいて、とてもゆっくり写真撮ったりとかそれどころじゃなかったので…w

それにしても雪月花、かなりインパクトのある車体です。真っ赤なボディは天井方向に高い造りで、車体限界いっぱいまで車両を大きく造ったんだろうなぁと言うのが伺えます。前面のフェイスも非常に独特で印象的。

とりあえず写真撮影を済ませて再び上へ。13時半に受付を済ませてホームへと降ります。

ホームでは、雪月花の車内でこれからの午後便に向けての準備が始まっていました。

201709shinsyu019s

この時凄いなと思ったのがこの雪月花、車内を準備する際はカーテンを完全に締め切って、外から車内が見えない様にして行っているんですよね。なるほど…こういうところから雰囲気作りが行われるのだな、と思った次第。


雪月花のサイドビュー。

201709shinsyu021s

201709shinsyu020s

金の装飾文字やロゴ、赤字に白で描かれた桜吹雪…至るところに雪・月・花を思わせる装飾が施されていますね。

≫ "2017年9月・レストラン列車乗り比べの旅(2)" の続きを読む...
「桜Trick」8巻特典コンプ。
2017年 10月 03日 (火) 11:25 | 編集
先日の日記で感想を書いた桜Trickの8巻ですが、特典の方も全て手元に揃いましたので改めて特典レビューと行ってみたいと思います。


20170929sakuratrick00a_s

20170929sakuratrick00b_s


内容については先日の感想記事とダブる箇所もありますがご容赦を。

≫ "「桜Trick」8巻特典コンプ。" の続きを読む...
「桜Trick」8巻。
2017年 09月 29日 (金) 16:37 | 編集
では、9月27日に発売されたKRコミックスの中からタチ先生「桜Trick」8巻の感想記事、行ってみるとしましょうか。

この桜Trick、きららミラクで連載されていた作品で、この8巻がラスト、完結巻となります。個人的にきららミラクで一番、いや全きらら作品の中で最も大好きで推していた作品だったので、終わってしまったのは本当に寂しい限り。

でも…最高の最終回で終わってくれたのだから、何も思い残すことはありません。ああ…この作品を好きで応援し続けてきて良かったと、そう思うのみです!!


20170929sakuratrick00a_s


最終8巻の表紙は春香×優の主役カップル。この作品のコミックス、毎回この2人を表紙に描きつつも、それプラス他に誰か…と言う組み合わせだったんですよね。

例えば1巻ならばコトしず、楓ゆずも一緒に描かれていますし2巻ならば美月会長。この前の7巻ならば新キャラの玲るな…と言った具合に。

だけどこの8巻では本当にこの2人「だけ」が描かれているんですよね。大きく百合を前面に打ち出した作品で、主役カップルのみの表紙が最終巻まで無かったのは意外な気もしますし、最後の最後でこの形にしたことにある種のコダワリも感じます。

それにしても2人とも満面の笑顔なのが良いですね。最終巻、そして卒業や廃校式と言ったイベントのあるこの8巻だけれど、寂しそうな様子が一切無いのが良いです。


裏表紙はこちら。

20170929sakuratrick00b_s

こちらには楓×ゆず、コトネ×しずくの4人が描かれています。彼女たちも皆、満面の笑顔。そして注目すべきはゆずちゃん…なんと楓ちゃんの手を握ってます!! ああ…!!

まあ、コトネちゃんとしずくちゃんが腕組みしてるのは別にもう、彼女らに関しては今更と言うかそれぐらい当たり前でしょと言う感じしかありませんが…でもゆずちゃん。そうかそうかゆずちゃん…(無言で頷く)


ちなみに他のメインキャラはカバー折り返しの方に描かれていますね。スミスミちゃんが表側の折り返し部分に、そして裏側の折り返し部分には玲×るなの2人が。美月さんと理奈ちゃんは描かれていませんが…(涙)

≫ "「桜Trick」8巻。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...